築浅物件は売却理由によって価格交渉幅に違いが!



家の売買が成立するということは、

買いたい人がいると同時に、

売りたい人がいということになります。

 

同じ家をみて、買いたい、魅力的だと感じる人が買主であり、

家をお金に買えてしまいたいと考えているのが売主です。

 

家を売るということは売却する動機があるはずで、

売却理由が存在しています。

 

特に人気があるのは築年数が浅い中古物件ですけれども、

築浅物件を手放す側の売却理由は

ワケアリなものが多いのが実情です。

 

築浅物件が売りに出てくるメカニズム、

所有者の売却の動機、理由を事前に知っておくことで、

 

購入時の価格交渉幅にも差が出てきます。

 

どんな理由があってまだ新しい物件を売却することになっているのかを

確認していきましょう。

 

築年数が浅い物件が築浅物件?

築浅物件の定義は特にはないはずです。

 

築3年であれば、間違いなく築浅でしょうし、

人によっては築10年未満であれば、築浅と感じたり

表現したりする人がいるはずです。

 

新築と表現できるのは築後1年未満の物件でかつ未使用の物件であると

定義されています。

 

反面、中古物件になったもので築浅と表示できる範囲などは決められていません。

 

 

新築を購入して入居後、10年未満の物件を売却することになったようなケースについて、

どんな場合があるのかを確認していきましょう。

 

築浅物件の売却理由ごとに、人生ドラマがある

築浅物件の売却理由はそれぞれで、

前所有者のワケアリな人生ドラマが反映されていることが多いです。

 

業者が再販する築浅物件

築浅物件で多いのが、業者が買取して再販しているような場合です。

 

不動産業者は一般のエンドユーザーから直接買い取りした物件を

クリーニングのみか、一部リフォームをしたりすることで、

 

前所有者の生活感を全く無くした上で再販します。

 

業者が売却する理由はビジネスとして再販ビジネスをしているからというだけです。

 

しかし、業者が買い取ることになった経緯には、

業者に売却をした前所有者の売却理由が存在します。

 

競売で業者が落札した場合

業者が競売で落札した築浅物件の場合は、売却理由ははっきりと見えてきません。

 

どうして、前所有者は家を手放すことになったのかを質問しても、

「競売になった」ということだけしかわからないのが現実です。

 

競売になる理由には、住宅ローンなど金融機関からの借り入れが返済できなくなったために、

競売にかけられるというのが一番多いです。

 

税務署など税金の未払いが原因で競売になる場合もありますけれども、

金銭的な問題で差押登記がなされて、

 

競売になるという流れは同じです。

 

参考記事⇒マイホームを新築して失敗して後悔したくないから中古志向?実際にあった失敗例とは?

 

 

競売でなくエンドユーザーから直接買取った築浅物件の場合は?

業者が築浅物件を競売ではなく直接エンドユーザーから買取って

再販するケースもあります。

 

基本的に仲介で売却するほうが高く売れるはずなのですけれども、

業者に買取ってもらったほうがいいと判断して

買取を選んだ結果です。

 

仲介でじっくりとできるだけ高く売却するのではなく

早く家を手放すことを優先するタイプです。

 

家を安くてもいいから売却してもいいと考えがちなのは、

 

  • 相続した物件(自分が買ったものではない)
  • 離婚で売りたくなった
  • 買い替えをするために安くてもいいから早く売りたい
  • 住宅ローン破綻

などのケースが多いです。

 

相続した物件というのは、いろいろありますけれども、

例えば、父親が築5年程度の物件に一人暮らしで住んでいたのが、

 

なくなってしまい子供が住む予定がないので、

売却するような場合です。

 

相続人は苦労して家を購入したわけではないので、

安く売却してしまう時に心の痛みがありません。

 

離婚してしまう場合も、お互いに配偶者と一緒に幸せに暮らすことが前提の

マイホームは見るのも嫌な気持ちになっている場合もあります。

 

お金を優先するというよりは、早く手放すことを

優先する傾向があります。

(※ローンが破綻している場合も離婚に結びつきやすい)

 

買い替えのために業者に買取ってもらう理由は、

住宅ローンを2重に組めないために、

住宅ローンが完済できればいいと考えたり、

 

住み替え先のローンに返しきれなかったローンを上乗せしてしまうという判断で、

業者に安く売却してしまうという場合です。

 

住宅ローン破綻については、競売になる手前の段階で、

業者に買取られるケースで競売物件に

限りなく近い場合です。

 

不動産業者は相場よりも安く買取しなければ

再販できないために、

 

売却理由は安くてもいいから早く売りたいという

動機を保つ売却理由が根底にあります。

 

気になる方は、前所有者がどういった経緯で売却することになったのか

確認することをおすすめします。

 

業者に買取してもらうのではなく、仲介で一般の人が築浅物件を売却する理由とは?

基本的には、業者に買取してもらうケースと売却理由は重なってきます。

 

業者に買取してもらいたいのは山々だけれども、

住宅ローンの完済をするには、

業者買取価格では完済できないとか、

 

できるだけ、高く売りたいという場合には、

買取ではなく、仲介で売却することになります。

 

仲介で売却できるということは、ある程度余裕があることの

あらわれですから、必ずしも、

ワケアリとは限りません。

 

転勤、親の介護など、想定外のことが起きて

売却することも多いかもしれません。

 

参考記事⇒T字路の突き当りの家の風水が原因で海老蔵と麻央が引っ越し?

 

転勤が売却理由の場合

大企業に勤務する場合は、転勤が前提となって働いているはずです。

 

 

転勤になってもいいように駅近のマンションを新築で購入して、

賃貸もできるように考えて購入したはずなのに、

 

いざ、購入後1年後に転勤を命じられると、

冷静に住宅ローンの支払いを家賃で支払っていけばいいとは

判断できないものです。

 

結果的に、築1年のマンションを売却するような

ケースが出てきます。

 

大手企業に勤務するような方は、売却も、

大手の住友不動産販売株式会社 に依頼することが多いです。

 

中古の状態のよい築浅を探している方は、

大手の不動産会社へ問い合わせるのが

物件探しの近道かもしれません。

 

投資家による転売

人気エリアの駅近のマンションの場合は、投資対象として、

賃貸をして家賃を得ることを目的としたり、

相続対策でマンションを購入し賃貸するケースも多いです。

 

投資家に人気のあるマンションの場合には、

新築を購入後、すぐに転売する投資家がいます。

 

値上がりしている場合は、売却益を採れるマンションが

大都市圏にはあるからです。

 

売却理由によって価格交渉幅が変わる

 

以上、築浅物件といっても売却理由によって取引価格が大きく変わってくることが

想像できます。

 

価格交渉できるケースはどんな場合なのかも

理解できるはずです。

 

不動産業者や投資家の場合は、再販する立場で、

利益を狙いって売却するスタンスなので、

夢のような安値での購入は難しい相手です。

 

仲介物件の中で、価格を優先ではない売主の場合で、

物件に瑕疵があるわけではない場合なら、

 

思い切った価格交渉ができるかもしれません。

 

物件購入時は価格も重要だという方は、

参考にしてみてください。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ