カチタスの買取が安い時の対策は?立地別に理由を説明



持ち家の売却の価格や売却方法についての相談を受けると

大抵の人はできることなら高く売りたいというふうに考えています。

 

(当たり前のすぎ?)

 

ですので、売却査定額が不動産仲介業者は

持ち家の売り主の支持を得られやすいという現実があります。

 

大切な財産を安く売ってしまう人より高く売ってくれる営業マンが

売主は好きなのは当たり前です。

 

 

都市部であれば不動産会社も多いのでいろいろな不動産会社へ相談もできるのですが、

田舎だと不動産会社も身近にない場合もありえます。

 

その意味では日本全国どのような地域でもカチタス

名前が浸透しているので

買取価格が高いか安いはわからないけれども、

買取の査定をカチタスへ依頼してみようとする人も多いはずです。

 

カチタスの買取価格の提示を受けて「安い」と感じるか

「まあ、仕方がない」と感じるかは

物件売主の売却理由や物件がある場所の人気度にも

影響を受けているのです。

 

実際に中小の買取業者からカチタス、ケイアイスターのような大きめの会社まで

買取依頼や実際の取引をしてきた経験を踏まえて、

 

買取が安いときにどう対処するべきなのかのも合わせて

考えていきましょう。

 

 

カチタスの買取価格が安いと感じるのは戸建てよりもマンションの場合が多い理由

カチタスは戸建ての買取再販がメインの会社で、

マンションの買取再販の数量ではナンバーワンではありません。

 

むしろ、戸建ては買取するケースが多いものの

マンションは買取する数量が少なくなっている理由がありそうです。

 

仲介業者の目線でみるとカチタス物件は高い

仲介業者として不動産の売買仲介を行っていると

顧客へ紹介して気に入ってもらえるのは相場と比較して

割高ではない物件です。

 

路線価などから割り出した土地の価格と

建物の残存価格(築年数で査定)の合計価格で査定をするのが

一般的です。

 

売却査定業務を多数こなしてきた経験を踏まえて

カチタスの物件価格を見てみると

強気の価格(相場より割高)に感じることが多いです。

 

カチタスに限らずリフォームして再販する業者は相場よりも高い値段で

売り出し価格を決定する会社が大きです。

(最初はラッキー狙いで強気価格を設定するのものです)

 

強気な価格設定の理由は想定より高く売れたらという狙いだけではなく、

リフォームをして付加価値がついていることや

不動産業者として利益を確保して、

一定期間だけは条件付きで保証をする必要もあるからです。

 

カチタス物件は一般の人が販売している仲介物件よりも

強気の価格になっているというわけです。

 

カチタスのマンションの買取が少ない理由は相場より安く買取して相場より高く売れないから

マンションは繰り返し売買されていて相場が形成されています。

 

同一マンションで売り物がいくつも出ているケースも多いです。

 

つまり、カチタスがマンションを買取する量が少ないのは

マンションには相場があるために、

戸建てのように割高に売るのが難しい物件だからと言う側面もありそうです。

 

また、カチタスが戸建てと同じだけの利益をマンションでも

得ようとして買取査定額を売主や仲介業者へ提示すると

相場よりも随分と安い金額であると感じられるために

マンション買取が戸建て買取よりも難しいということも言えるのです。

 

裏を返せば、個人の売主や売却を相談された仲介業者が

カチタスの買取額が安いと感じやすいのは戸建てよりもMansionである

というわけです。

 

マンションが建築されているような場所は悪い場所ではないので、

近くには不動産会社もあります。

 

カチタスの買取査定がちょっと・・という場合は

マンション売却、不動産売却のイエイ

などを活用して

仲介業者に相談するか、別の買取業者に相談することになるわけです。

 

立地によってもカチタスの買取が安いと感じる場合も

マンションは戸建てに比べて立地が駅に近く

利便性が高い物件が多いです。

 

よく証券会社のアナリストや株式関係者などがカチタスを紹介するときに使うフレーズは

「郊外物件中心に買取再販を行っている」というものです。

 

物件は利便性が高い都市部の人気物件と

人気度は高くはないし利便性も最高ではない郊外物件の2つに

わけることができます。

 

都市部の人気エリアでカチタスの買取査定は安いと感じる?

カチタスの中心的な買取ターゲットのエリアではない

都市部の人気地域や都市部というほどではなくても、

割と便利な地域で人気の地域というのは

土地の相場がはっきりとしています。

 

しかも土地価格は郊外より割高なのは当然ですし

買いたいというニーズも高い場所といえます。

 

人気エリアではわざわざ買取業者に買取してもらわなくても

仲介業者の仲介ですんなりとうれてしまうようなエリアとも言えるのです。

 

駅にも近い商業地域にもアクセスが容易な地域では

先ほど説明したマンションと同様に一定の相場も形成されていることで

カチタスの提示する買取価格が相場よりも随分と安い提示になることで、

「安いなー」と感じてしまうのは当然のことなのです。

 

人気エリアではいくら位で売れるという感覚も物件の売主もつかみやすい

場所であるからです。

 

相場よりも安く買わなきゃ儲からない不動産業者と

不動産を相場並みには売りたい一般の所有者の間に

感覚のギャップが生じるのは当然です。

 

田舎や郊外物件だとカチタスの提示価格も通りやすい?

街中に対して郊外というと範囲は広いですが、

わかりやすく言えば、山奥や田畑が多い田舎だと

不動産の流通量もそう多くはありません。

 

また、市街化調整区域にある物件の場合だと

路線価もありませんので、

大手不動産会社も査定には迷うほどです。

 

街中なら路線価や公示価格があるので、

土地価格を誰でも把握しやすいですし

土地価格に相場も形成されています。

 

その点では調整区域では相場も「あるようなないような場所」

になってしまいます。

 

不動産会社のプロが迷うのですから一般の人達が

適切な査定価格を把握するというのは至難の業です。

 

田舎物件に対してカチタスの買取査定額の提示があっても、

「ちょっと安い気がするけど、そういうものなのかな」と

納得してしまう人もいるかもしれません。

 

あくまでも都市部との比較では田舎の物件の方が

カチタスが買取実績が豊富なのは買い取りやすいからです。

 

そして、人々は「安い」と感じにくいのが郊外であたり、

田舎であるというわけです。

 

カチタスの買取価格が安くなるのは仕方なし?

商売として不動産の買取再販を行う上では

安く買って高く売るのは当たり前の営業活動です。

 

何も悪いことをしているわけではありません。

 

売却可能価格から「リフォーム代」や「カチタスが獲得したい利益」

を差し引いた額が買取価格になるわけです。

 

どうしても買取価格に納得がいかない場合は

 

仲介手数料(成約時に3%程度)がかかりますが

 

マンション売却、不動産売却のイエイ

を活用して仲介業者へ相談してより高く

スムーズに売却する方法を模索することになります。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ