小林麻央も悩む脚のむくみと末期がんの薬を使わない解消法とは?



小林麻央さんはブログで、脚のむくみがひどいことを

報告しています。

 

脚や足がむくんでパンパンに腫れる症状は、

乳がんだからというわけではありません。

 

また、ステージ4の末期がんだからという

理由でむくむわけではない気がします。

 

小林麻央さんは現状では高熱や痛みを緩和するために、

どうしても薬を利用せざるをえません。

 

薬物は肝臓に負担がかかりますから、

体調が悪い状態ではどうしても、

 

むくみが生じてしまうのも無理は無いのです。

 

薬の利用は必要最低限に抑えながら、

免疫力を上げるような食べ物や

健康食品などを活用しながら、

ステージ4の乳がんを消滅する方法はないのでしょうか?

 

小林麻央 脚や足がむくみは薬の副作用か?

小林麻央さんは乳がんのために痛みが酷いので、

強い痛み止めを利用する必要があります。

ボルタレン

強い痛みどめは、ロキソニンやボルタレンの比では

ありません。(その分、副作用も)

 

私は関節痛をとるために、痛み止めを服用して

脚がパンパンに腫れてむくんだことが

何度かあります。

 

参考記事⇒ロキソニンの副作用は腎臓への負担でむくみと耳鳴りにも注意!

 

薬は化学物質で、小腸、肝臓や腎臓に負担

鶴見隆史先生は、がんの患者さんに抗がん剤を利用しないとうのが

治療方針です。

 

その理由は、がんを克服するためには

小腸(小腸にある柔突起から栄養素が取り入られる)

からの栄養を十分に吸収して

 

体の免疫力を高めていく必要性があるからです。

 

抗がん剤を利用しない理由のまた、柔突起の細胞が

破壊されてしまうリスクを避けるためです。

 

また、抗がん剤ではなく、一般の薬は

肝臓で解毒されなければならないために、

肝臓に負担をかけてしまいます。

 

鶴見隆史先生は酵素の数を減らさないことが

寿命を延ばすことになると指摘しています。

 

つまり、薬は内臓に負担をかけてしまうために、

体内の代謝酵素が消費されてしまい

 

病気に対する抵抗力が小さくなって

寿命を短くするといいます。

 

鶴見隆史先生のがん治療法は?

抗がん剤を利用しない鶴見先生の治療法は

鶴見式のファスティング(断食)と、

 

酵素が豊富に含まれる生野菜果物

酵素サプリの活用です

 

参考記事⇒大島康徳 酒タバコをやめても駄目?大腸がんを寛解するには?

 

がん細胞を消滅させるには、小腸の働きが重要で、

生野菜や果物から取り入れる酵素を十分に補給することが

キモのようなのです。

 

脚のむくみを解消する食べ物はスイカ?薬は不要?

痛み止めはある程度は必要なのでしょうけれども、

量が多すぎると副作用で脚のむくみが

強くなりすぎるのかもしれません。

 

鶴見隆史先生の著書「がんが消える補完代替医療」

では、「薬は不要」と主張していますから、

 

もしも、薬を大量に使わないのなら、

むくみという副作用にも悩まされないかもしれません。

 

薬は最低限にしながら、小林麻央さんの出身地である

新潟県の特産品でもあるスイカは

利尿作用とむくみを取る効果があります。

 

スイカの赤い実をすりおろして、

煮詰めた水飴状の液体は

むくみを取り去る効果があるとされます。

 

末期がんを免疫力アップで治すにはプチ断食も?

多くの名医がいますけれども、

鶴見隆史先生や石原結實先生は

プチ断食をすることを推奨しています。

 

(断食はやり方があるのでそれぞれの先生の

本を参考にしてください)

 

断食をしている時間は消化する必要がなくなるので、

消化酵素の消費を抑えられます。

 

さらに、胃、小腸、大腸、といった消化器を休憩させられますし、

肝臓、腎臓、膵臓などの体内の化学プラントが

休息できるメリットがあります。(代謝酵素を消費しない)

 

消化酵素や代謝酵素を消費しないことの他にも、

腸内環境が正常化し、血液もきれいになることで、

免疫力がアップするきっかけになります。

 

内臓を休息させた上で、消化するためにエネルギーを多く必要としない

果物などを豊富に取り入れること、

 

免疫力をアップすると言われる食物繊維を豊富に含む

野菜をとりれることが大切です。

 

ただし、小林麻央さんのように衰弱している方の場合には、

ジュースや液体として取り入れる方法が

あるでしょう。

 

末期がんで余命宣告されていた人でも、

野菜や果物から酵素を取り入れることや

 

酵素サプリメントなどを取り入れることなどで

がんが消滅した人もいるので希望をもって

治療をして欲しいと希望します。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ