カチタスが指定するプロパンガス会社が高い時、最安値業者に変更できる?



中古住宅を購入する時にはリフォームがしてあって

きれいな物件であると

 

予算、間取り、地域などの条件にあっていれば、

有望な購入の候補になります。

 

ついつい物件の外観や内装の美しさに目が奪われる傾向にあるのですけれども、

住宅は住んでからの維持費が安いほうがいいに決まっています。

 

光熱費ではガス代は馬鹿にできませんので、

できれば都市ガスがいいでしょうし、

 

プロパンガスの場合でも最安値のガス会社

本来なら選びたいものです。

 

一方で、カチタスのリフォーム済み物件については、

プロパンガス会社が指定されています。

 

引っ越し後に値上げなどがあってボッタクリ価格になるような

場合でも最安値の業者へ変更はできないのでしょうか?

 

 

カチタスの物件を新規に契約時はプロパンガス会社が指定される理由とは?

カチタスの物件を購入する時には、

新築の建売と同様に、

 

ガス会社が指定されていることが

売買契約時に、重要事項説明書で説明されます。

 

新築の建売の場合と同様に、カチタスの場合でも、

リフォーム工事をするときに、

 

キッチン、洗面台、浴室を新品に交換する工事をすると同時に、

ガス給湯器を新設したり、古いものと交換をする工事も

実施されています。

 

しかも、業界の慣習で、プロパンガスの場合には、

プロパンガスを提供する会社が建売業者や

中古物件をリフォームするカチタスに対して、

 

無償で工事を引き受けている関係上、

ガス会社が指定されているというわけです。

 

ガス会社を変更すると違約金が発生する

ガス会社の社名を明記された重要事項説明書には

一般的には15年間は利用をするべき定めがされています。

 

15年未満で解約や変更をする場合については、

20~25万円相当の設備費用について

 

残存価値については違約金として

請求されるということになっています。

 

カチタスが指定するガス会社は安い?

ただし、カチタスが指定するガス会社や建売会社が指定するガス会社は

比較的大きめの会社であることもあって

高すぎると言われるほどの価格設定にはなっていないはずです。

 

ですから、基本的にはガス会社が指定されたとしても、

本来は問題がないはずです。

 

しかし、プロパンガスの料金というのは、

原油相場や為替などにも影響されるために、

常に変動しています。

 

プロパンガス会社は経営上の判断として、

ガス料金を値上げしていくことは

よくあることです。

 

また、その年のガス会社の業績動向によっては、理不尽と思われるような値上げも

場合によっては起こり得ることです。

 

実際に、私も、あるプロパンガス会社から

「基本料金を2倍にします」

という通知を受けてびっくりしたことがあります。

 

ガス代金が電気代などと比較して割高であると感じる人で、

予算的にゆとりがある人はオール電化への

切り替えも考えるのが当然であると思われます。

 

ガスを止めてオール電化に変更する場合は違約金も覚悟か?

プロパンガスの高さにこりて、オール電化へ変更することは

先行投資がかかりますけれども、

光熱費の節約にはつながります。

 

ただし注意点は、カチタスの物件や建売の物件の場合には、

15年間はガス会社を利用するような

定めが売買契約書に記載されている点です。

 

利用してきた年数にもよるかもしれませんけれども、

原則として、違約金がかかると覚悟せざるをえません。

 

しかし、新築を購入して15年未満で売却をしても、

カチタスの物件を購入してすぐに売却をしても、

 

違約金がかかるわけではありません。

 

また、売買契約書に記載されているのは、

売主と買主との間の契約であって、

 

ガス会社と買主の契約ではない点で、

強制的な条文というよりは

「お願い」に近い条文であるともいえます。

 

ガス会社としても多くの顧客を抱えて商売をしている会社ばかりです。

 

一人ひとりのユーザーと紛争をするような考えはなく、

 

  • 事情があって引っ越しして家を売却、
  • ローンが支払えず任売や競売、

 

など、なんらかの事情があって売却されたときに

15年未満だから違約金をという姿勢はありません。

 

オール電化への変更はプロパンガス会社としては

残念な選択になるでしょうけれども、

 

15年未満でも一定の年数を利用した顧客については、

違約金の請求をするというようなことは

少ないかもしれません。

 

ガス会社を安い会社に切り替えるのは違約金はなしも可能

ガス会社の料金が高い時には、別のガス会社へ切り替えをすることも

考えられます。

 

まずは、どの程度安くなるのか

「ガスの窓口」のHPで確認してみましょう。

 

面倒だと思われる解約手続きも代行してもらえます。

 

できればカチタス物件に15年以上住んでガス会社との利用が長いときは、

問題なく、ガス会社の変更はできます。

 

 

もしも、カチタスの物件に住んでまだ

15年未満である場合でも、相談してみてください。

 

参考記事⇒建売 指定のプロパンガスは安くない!変更は15年できない?

 

道が拓ける可能性があります。

 

カチタスの物件を購入した人から物件を買った場合もガス会社は切り替え可能

律儀な性格の方は、不動産会社に家を売る時には、

カチタスから家を買ってまだ、15年も経過していない時、

 

買主に対して、カチタスが指定したガス会社を引き続き利用してもらうように

依頼する人もいるはずです。

 

実際に、売却の相談を受けた不動産会社もガス業界のことは

よく知らない事が多いです。

 

ですから、買主は前所有者がカチタスから物件を購入したために、

ガス会社を自由に選べないと思っている方が多いのです。

 

そんなときにも、【ガス屋の窓口】

実際に相談してみてください。

 

簡単に最安値のガス会社を紹介してもらえます。

 

仮に集中プロパンガスの地域であっても

個別プロパンへの切り替えは可能です。

 

参考記事⇒集中プロパンのガス料金が高い時 業者を変更する方法とは?

あくまでも、戸建住宅であれば、

ガス会社を選ぶのは所有者の自由です。

 

携帯電話会社の料金体系が微妙に違っているように、

また、格安スマホなどが存在するように、

 

ガス会社も自由にガス料金を設定していますので、

基本料金が高くないのか、

 

1㎥あたりの従量料金が高くないのか、

是非、比較検討してみてはいかがでしょうか?

 

多くの人が実際にガス会社の変更をしています。

 

損をしないように、最安値の会社を探しましょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ