オフハウスで買取できないものでも他店で売れた実例とは?



断捨離をスタートは最寄りのオフハウスで買取をしてもらうことが

多いかもしれません。

 

オフハウスは少々古くても、また、ノーブランドでも値段をつけてくれるので、

買取対照の間口は広いというのが印象です。

 

しかし、オフハウスでも買取できないものがあるので、

その時は、1円のお値段も付きません。

 

オフハウスでうれなかったとしても、

仕入れの考え方が違う他店では買取して貰える場合もあるので、

諦める必要はありません。

 

具体的に、オフハウスでは買取不可となったものの中で、

他店では買取してもらえたものや自分でネットに出品して売却できたものを

紹介していきます。

 

 

オフハウスでは危険物は買取しない

オフハウスに限ったことではないのですが、

刃物については買取していません。

 

未使用品であった短剣(ナイフ)と斧をオフハウスへ持ち込んで見たのですが、

予想通り、お断りされました。

 

短剣などは凶器にもなりえるので、

法令遵守企業としては当然の対応であると

感じました。

 

しかし、ナイフにしても斧にしても、

捨ててしまうには未使用だし、

もったいないということで

ナイフや斧を買取する業者を探してみました。

 

ナイフや斧はキャンプ用品、アウトドア用品として使われるものなので、

アウトドア用品を買取する会社に打診してみました。

 

そのうち、1社はオフハウス同様にお断りされたのですが、

もう一社は、買取が成立しています。

 

具体的な取引については、

参考記事⇒マウンテンシティの評判ってどう?ナイフと斧を買取してもらった口コミ

をご参照ください。

 

状態が悪い商品は買取できない!ボロボロの掛け軸も

オフハウスでは伝統工芸のこけしなどはその価値を理解して

買取るというより、

置物として買取してくれます。

 

一方で、ボロボロになっている掛け軸やシミのついた掛け軸などは

買取してくれません。

 

オフハウスは古いものでも状態が悪くなければ買取をしてくれるのですが、

状態が悪すぎると買取はしてくれません。

 

掛け軸などは骨董商に見せたら、

マン円単位のお金に変わりました。

 

参考記事⇒リサイクル蔵は買取が高いと横手で評判!十文字IC近く13号線沿いに

 

状態が悪いリーガルシューズ

状態が悪いものでオフハウスでは買取不可になった靴が

他社ではお値段がついた例があります。

 

参考記事⇒リーガルの靴 売ることにした理由は蒸れに?履き心地はよかった口コミ

に掲載した画像を見ていただければ

わかるのですが、

リーガルシューズといえども、

かなり劣化しています。

 

ですので、オフハウスで買取できなかったのは

当然であると思います。

 

買取してくれた業者は送料無料で靴を送らせてもらったので、

よく買取してくれたと感謝しています。

 

劣化が厳しいので、オフハウスでは無理だと判断されても、

一定のブランド力がある皮靴であるなら、

 

ブランド買取に強い会社に打診してみることを

おすすめします。

 

 

中古の出刃包丁や包丁

オフハウスは短剣などの危険物を買取しないのと同様に、

調理器具である出刃包丁や包丁の中古品は危険な刃物の

一部と判断するのでしょうか、

買取してくれません。

 

当然の判断だと思います。

 

出刃包丁や刺身包丁などは、殺傷能力もありそうなので、

お店に展示すること事態、避けたいと思う気持ちも

理解できます。

 

ところが、私は刃こぼれもあって、錆びついている

出刃包丁と刺身包丁、一般の使い古した包丁を

買取してもらうことに成功しています。

 

しかも、ブランド品でもないものなのにです。

 

詳細は

参考記事⇒刃物買取屋の包丁買取の評判ってどう? ノーブランドも売れた口コミ

をご参照ください。

 

中古の刺身包丁や出刃包丁でも刃物の産地にある買取業者では、

中古の包丁に対するニーズを掴んで買取再販ビジネスをしています。

 

ぬいぐるみ

オフハウスに、猿、馬、熊などのぬいぐるみを持ち込んだことがあったのですが、

ぬいぐるみは買取対象外であると

お断りされました。

 

ぬいぐるみは重さで買取をするリサイクルショップで

換金できました。

 

参考記事⇒キングファミリーではオフハウスで売れない物を買取や引取すると評判!

 

象牙の印鑑

象牙の印鑑でも名前が掘られていないものなら

オフハウスでも買取してくれたかもしれませんが、

実印として利用していた名前が彫り込まれてある

使用済みの印鑑は買取しません。

 

当然ですよね。

 

しかし、象牙の印鑑については、最高級品という

位置づけ、希少品であるということもあって

彫り直しをすることで、

再利用されているという実態があります。

 

ということで、象牙の中古印鑑にも

お値段がついて買取してもらえました。

 

具体的な取引については、

参考記事⇒象牙印鑑は中古でも売れる!MARUKAが買取した口コミ

をご参照ください。

 

イニシャル入りの万年筆とボールペン

オフハウスでは個人情報の問題を考えてなのか、

価値やニーズがないと考えているのか、

イニシャルが入っている万年筆やボールペンは

買取不可であると言われました。

 

実際に新品で購入したら万単位の商品なので、

イニシャルが入っている程度で

安く変えるなら買いたいというニーズは

ありそうに思われます。

 

実際に、他社に相談したところ、

イニシャルが入っている万年筆も、

ボールペンとシャープペンシルセットも

買取してもらうことができました。

 

参考記事⇒ノースブックセンター 買取の評判はどう?イニシャル入り万年筆も売れる!

 

製造後7年を超えた炊飯器

古い炊飯器で利用していないものがあったので、

近くのオフハウス(直営店)で

 

炊飯器は購入から何年以内のものを

買い取るのかを

聞いてみました。

 

すると、7年以内のものを買取しているという

明確な答えが返ってきました。

 

すぐさま買取してもらえたら安値(100円程度)で処分してもいいと

思っていたので残念でした。

ナショナル製 IH炊飯器

問い合わせたのは2019年で、買取してもらえたらと思った炊飯器は、

2006年の製造の「ナショナル製IH炊飯器一升炊き シルバー」です。

 

今はパナソニックになっているのに、ナショナルって、

相当古いですよね。

 

しかも、2019-2006=13年も経過しちゃってます。

 

ただ、購入して短期間しか使わずに他の同じ様な炊飯器を買ったので、

何年間も使わずにしまい込んでいたので、

状態は悪くはありません。

 

オフハウス以外の他店で買取してもらう選択ではなく、

ヤフオクで3000円~4500円で今でも同じ製造番号の商品が

取引されているのを確認して、

ジモティーに1000円で出品してみました。

 

結果的に、公開後、5分以内で買い手がついてしまいました。

 

オフハウスが買取してくれなくてよかった!

 

しかも、買いたいという問い合わせが何件もでるほどの

アクセスを集めています。

 

オフハウスで買取不可な古い7年どころか10年以上経過したものでも、

状態によってはすぐに売れることがわかります。

 

炊飯器の中古を買いたいという人は値段を重視しているのですが、

最近の新しめのものをそこそこのお値段で買いたいという人

 

少し古くてもいいので激安価格で買いたいという人が

いることがよく分かる事例です。

 

 

オフハウスには10年超えた炊飯器でも格安なら買いたいという人たちのニーズが

見えていません。

 

まあ、ヤフオクを利用したらもっと広範囲に集客できるので、

もっと高値でうれたのでしょうけれども。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ