木地山こけし 高く売却するには?骨董商が買取し販売してる?



秋田県湯沢市の皆瀬地区には、桁倉沼などがある

木地山高原があります。

 

この地域の木地山に由来した伝統工芸に

木地山こけしがあります。

 

自宅の床の間に木地山こけしを自宅で飾っていたけれども、

置物が多すぎるので思い切って

断舎離することにしました。

 

こけしは木材でできているので、

燃えるゴミにはなりそうではありますが、

 

処分しようとするときに、

ゴミとして捨ててしまうには

こけしに申し訳ないような気もします。

 

そこで、リサイクルショップである

オフハウス買取をしてもらうことにしました。

 

売却してしまったので後の祭りいですが、

その後知り合ったリサイクル業者から、

もったいないことをしたと指摘されました。

 

 

木地山こけしとは?

木地山こけし

木地山こけしは秋田県湯沢市の皆瀬地区や川連地区を

発祥とするこけしです。

木地山こけし

 

画像を見て分かる通り、頭部と胴体部分が

一体になっていて、頭だけを抜くことはできません。

 

 

木地山こけしはこけしの体全体を一つの木材から

作り上げることがわかります。

 

更に、木地山こけしの色使いですが、赤、黒、緑の

3色のみで仕上げるのが特徴になっています。

 

素朴な表情も特徴でもあります。

 

 

木地山こけし発祥の地ってどんなところ

こけしといえば、温泉地でのお土産という

存在でもありますけれども、

 

皆瀬地区には泥湯温泉や、小安峡温泉などの

温泉地帯もある地域です。

木地山高原 桁倉沼園入り口

 

皆瀬地区には、木地山高原がありますけれども、

発祥した地域が皆瀬地区であることから

「木地山こけし」と

命名されていると推測されます。

 

鳴子温泉には鳴子系のこけしがあるように、

温泉地がある地域にこけしという

伝統工芸がうまれるのは不思議です。

 

木地山こけしの知名度は?

伝統工芸は広く認知されているブランド力があるものなら、

どんなリサイクルショップで買取してもらっても

比較的高めの値段が付く傾向があります。

 

食器類であれば、

角館の樺細工を利用した湯呑の下におく茶托などは、

 

陶器であれば、佐賀県有田町の伊万里焼などは

高いブランド力があるので、

中古品でもリサイクルショップの買取対象になりますし、

ものによっては高額買取も期待できます。

 

では、木地山こけしというと、

「角館の樺細工」や「有田焼」「伊万里焼」などのような

ブランド力がある伝統工芸ではありません。

 

知る人ぞ知る、こけし収集家やこけしファンだけが

知っているという程度の知名度しかありません。

 

 

 

木地山こけし オフハウスで買取価格は木地山こけしのブランド力のなさを示す?

 

実際に、オフハウスへ木地山こけしを持ち込んで

買取依頼をしてもらったところ、

「置物」として買取してもらうことに成功しました。

 

買取価格は、1つ50円程度ではあったものの、

断舎離したかったので、当時は良かったと

胸を撫で下ろしていました。

 

買取価格は高くないことから分かる通り、

頭と胴体が一体になった特色のある

木地山系のこけしでも、

普通のこけしと同じであることがわかります。

 

ちなみに、買取してもらったこけしの底の面には、

作者の名前も入っていました。

 

木地山こけしを高く買取する可能性があるのは地元の古美術業者

もしも、木地山系のこけしを売却しようとするときは、

希望価格で売ろうとするなら、

ヤフオクやメルカリを利用する方法があります。

 

職人が手作りしたこけしについては、

同じものが2つと存在しないので、

相場が形成されているとはいいがたいです。

 

ですので、いくら高くても買いたいという人が出る可能性を

オークションなら追求できます。

 

オフハウスのような一般的なリサイクルショップでは、

大抵のこけしは「置物」でしかありません。

 

できるだけ高く買ってくれる買取業者を探すときは、

伝統工芸にも強い

  • 古美術
  • 骨董品
  • 古道具

といったジャンルのものを買取する業者を見つけることが

ポイントです。

 

骨董品を取り扱うリサイクルショップには、

世界に一つだけの逸品を探しに来る

 

収集家や投資家が一般的なリサイクルショップより多く

来店してくるので、

高値がつくことがあるのです。

 

 

特に、こけしは東北地方で生産されるものなので、

東北地域にある古美術や骨董品を

買取るような業者が有望です。

 

私が知り合った骨董品買取業者に

木地山こけしをオフハウスで断捨離したことを話すと、

 

「なんで、そんなことするの?」

と呆れられました。

 

木地山こけしは、骨董商のお店では、

なかなかの高額な商品として販売されていました。

 

骨董商を見つけるのが難しい人は、

自身の相場観で、Amazonやヤフオク、メルカリ

などを利用して販売する方法もあります。

 

Amazonでも木地山こけし

そこそこのお値段で販売されていることが

わかります。

 

こけし以外にも、骨董品を多く抱えている方で

自分で売るのは手間が掛かるし、

面倒だという方は、

 

満足価格!骨董品の買取【バイセル】

を活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ