カチタス 利用するデメリットやメリットは?購入と売却で説明



家を売りたいと思っている人は、

できるだけ高く売りたいと思っているものですし、

 

家を買いたいという人は

できるだけ安く買いたいというのが

本音です。

 

でも、田舎にあって簡単には売れないような築古の家だったりすると、

高く売りたいというより、

すぐにでも処分したいという気持ちにもなりかねません。

 

カチタスという中古住宅買取会社は、

主要都市での買取をするというスタイルではなく、

 

日本全国の中古住宅を買取している点が

ユニークなところです。

 

家を買い取ってもらうときにも、

家を探すときにも

カチタスを利用する機会が出てくるはずです。

 

家の売却や購入をするにあたって、

カチタスを利用するデメリットメリットには

どんなものがあるのでしょうか?

 

 

カチタスの中古住宅を購入するメリットやデメリットは?

カチタスでは、中古住宅を買取してリフォームをして

再販するスタイルをとっています。

 

ネットで物件検索をしていたら、カチタスのリフォーム中や

リフォーム済みの物件だったということはでてきます。

 

仲介物件との比較でリフォームしてあるメリットは?

カチタスの物件のメリットはリフォーム済みであることで、

売買代金全額についてローンが組める可能性があるので、

住宅ローンの他に、リフォーム代金を自己資金として用意する必要がありません。

 

中古物件でリフォームをしていなければ、

安く買えるというメリットがあったり、

自分の思い通りのリフォームができるというメリットはある反面で、

 

リフォーム代金については

住宅ローンに組み込むのが難しかったりもします。

 

また、リフォーム済みであることで、

すぐに引っ越しができるというメリットはあります。

 

リフォーム済みであることのデメリットは?

カチタスがリフォームをした内容と同じ内容で

リフォームを自分で

業者に発注すると、業者ではありませんから、

リフォーム代が高くなったりします。

 

しかし、カチタス物件の価格は、当然ですが、業者が利益をだせるような

金額になっている点で、

必ずしもトータルの金額が安いとは言えません。

 

仮に自分でリフォーム業者を探して発注したときに、

カチタスほど安くは発注できなくても、

一般の仲介物件なら、業者売主物件のように

まとまった利益は価格にのっていません。

 

結果的に、自分でリフォームをしたほうが

支払総額が安くなるという場合も

考えられることは覚えておきましょう。

 

安くて良心的なリフォーム業者を比較検討できるサイト

【リフォームのコトならリノコ】

などもありますしね。

 

カチタスの物件は保証がある点がメリットって本当?

日本人は何かと保証とか、安心感を求めがちです。

 

不動産業界では不動産業者が売主であるときには、

引き渡しから2年以内に限り、

主要構造部の木部の腐食(シロアリ)や屋根の雨漏りなどについては

保証をすることになっています。

 

仮に、物件価格が高めであると感じても、

保証がついているのだからという

気持ちになるかもしれません。

 

しかし、リフォームをしてあって不具合も

修理をして、

 

外壁塗装や屋根塗装をしてあれば、

2年程度はボロが出にくいとも言えるのではないでしょうか?

 

中古住宅の屋根塗装や外壁塗装については、

ほぼ、10年単位で手を入れていくべきものです。

 

つまり、購入をして10年程度は雨漏りもしないし、

外壁や屋根に亀裂もでないのが理想です。

 

家を買って2年程度は大きな不具合など、

ないのが当たり前のいい家です。

 

カチタスが中古住宅を買取してリフォームする前から

もともとの施工が良い住宅なのかを

しっかりと見極めるべきなのです。

 

逆に言えば、きれいにリフォームされていることや、

引き渡しから2年間の保証があるということで、

なんとなく安心してしまうというのは

リフォーム済み物件を買うデメリットでもあります。

 

大切なのは引き渡しから2年以内ではなく、

どちらかといえば、2年経過してから

自分で手を入れる必要が出てくる10年後までの間ではないでしょうか?

 

カチタスはシロアリの被害がない物件を買取してる点がメリット?

テレビ東京のガイアの夜明けでは、カチタスが築38年の物件を買取する様子が

紹介されていました。

 

カチタスの営業マンとシロアリ業者が訪問査定をしに行った際に

床下にシロアリ業者が入って、

目視で蟻害がないのを確認している様子が

紹介されています。

 

仲介物件で格安の家を買ったと思ったら、シロアリに

床下が食われてボロボロだったというケースも

実際に見たことがあります。

 

その意味では、床下を床下収納からのぞくだけではなく、

業者が潜って、確認して問題なしとされた中古物件なら

安心感はあります。

 

さらに、リフォーム時にシロアリの消毒も

施しているので、

薬物アレルギーがある人でなければ、

カチタス物件を買うメリットといってもいいでしょう。

 

ただし、仲介物件で一般の人が売りに出している物件でも

しっかりと白蟻の被害がないことを確認した上で、

 

 

自分でイエコマ などのシロアリ業者へ床下のシロアリ消毒を

発注すればそれお安く防蟻工事を依頼できます。

 

田舎の家では、土台にほぼ、手に入らない高級な「栗の木」を使ったり、

シロアリを寄せ付けにくいと言われる「青森ヒバ」を利用して建築された

高品質な住宅が時々あります。

 

家探しではシロアリ消毒をしているかどうかも大切ですけれども、

土台に使われている材質がどんなものなのかも

家の売主に確認してみてください。

 

土台に使っている木材がいいものでも物件価格が

高くなっていない事が多いので、

お買い得な物件となります。

 

カチタスに買取してもらうメリット、デメリット

カチタスに買取してもらうメリットは

家を売り出す手間が省ける点です。

 

家を売りに出しているのを近所の人に知られたくないと

思う人も多いです。

 

納得できる金額なら業者に買取してもらうことには

メリットもありそうです。

 

仲介で売却することと比較してどうなのでしょうか?

 

カチタスの買取のメリットは山奥、ど田舎、調整区域の物件に

カチタスは全国に支店が設置されているのですが、

人口が減り方が急など田舎であったり、

山奥にある家であっても買取をしている点で、

 

田舎の家を売りたい」という方には

大きなメリットとなります。

 

山奥やど田舎にはそもそも不動産屋が近くにありませんし、

仲介業者も積極的ではないという事情もあります。

 

ネットでの物件検索が主流になっている時代ですから、

本来はど田舎や山奥をあえて買いたいと思う人も

実はいることがわかっていても

少数派なので商売にならないというわけです。

 

強烈など田舎の物件の場合には仲介業者への相談と合わせて

カチタスへの買取も検討してもよいといえるかもしれません。

 

また、市街化調整区域にある物件も、

利便性が高い市街化区域の物件との比較で

不人気エリアと言えます。

 

仲介業者へ売却を依頼してもすぐに売れるとは限らないという

実情もありますし、

買取業者の中で調整区域という農村地帯にある物件の買取には

前向きな業者が少ないです。

 

その点では、カチタスの買取は激安になる可能性が高いという

デメリットはある反面、

 

調整区域内の物件でもローンが組める銀行もあるので、

カチタス買取に応じているという実態があります。

 

事故物件の買い取りもあり?

事故物件の場合は状況によりけりですけれども、

しっかりとリフォームをしないと売れないようなケースもありえます。

 

参考記事⇒事故物件を相続 買取業者に売れる?カチタスはどう?

 

都内の高立地だと少しくらい難点があったとしても、

ニーズが高いので値段がそれほど落ちない地域もある反面、

田舎はお値段がガタ落ちになる傾向です。

 

地域によっては仲介業者の売却査定のほうがお得である場合もあるでしょうけれども

カチタスの買取価格も参考にしてみてもよいケースと言えます。

 

築古の田舎の物件の売却にもメリットありか?

築古物件で解体して更地にして売ったほうが高く売れるという考えが通用するのは、

ある程度人口も多い、

取引が多い場所です。

 

ど田舎の農村地帯で古屋を解体しても

ニーズが出るわけではないのです。

 

参考記事⇒実家を解体してもど田舎の土地は売れない!築古の中古住宅を買う人はいる?

 

仮に、1981年以前の旧耐震基準の物件であったとしても、

売買できないわけではありません。

 

地震には弱いだけで、旧耐震基準であることを告知した上で、

納得の上で古い物件を購入する人はいます。

 

築100年の古民家は無理としても、

古い物件で田舎にある家なら

解体する前にカチタスへ買取査定を打診してみるというのは

一つの考え方になるでしょう。

 

シロアリの被害を嫌うカチタスは東日本の古屋にメリットか?

シロアリ被害がないかをカチタスがチェックする様子がテレビで紹介されたように、

もしも、土台がシロアリにやられていたら、

買取業者として買取を断念する理由になります。

 

もしも、土台までシロアリに食われていると、

大地震があれば、家が傾くリスクが高まります。

 

もちろん、土台までシロアリに食われていても、

土台部分の木材をすべて交換する方法もあります。

 

例えば、曳家(ひきや)を行っている業者に依頼して、

家を土台ごとジャッキで持ち上げてしまうことができます。

 

持ち上げている間に、土台の木材をすべて交換してすることが

できるのですが、費用はかなり高額になります。

 

というわけで、カチタスがシロアリの被害がある家を買取しない理由も

よく理解できます。

 

参考図書⇒曳家が語る家の傾きを直す「沈下修正」ホントの話

 

 

シロアリはゴキブリの仲間で、温暖な地域で活発で、

寒い地域では生きていけません。

 

その意味では、蟻害が多そうな地域は

西日本の温暖な地域です。

 

比較的気候が冷涼な、蟻害が少なそうな地域は、

北海道や北東北ということになります。

 

カチタス基準の1つにシロアリの害がないことがあるとすれば、

東日本の寒い、山奥の地域では

蟻害のリスクが低いでしょうから

田舎というデメリットがある反面、

買取対象にはなりやすいとえるかもしれません。

 

カチタスと直接売買契約をするメリット、デメリット

カチタスに直接問い合わせて査定を依頼して、売買契約が成立すれば、

仲介手数料はかかりません。

 

ただし、相手は、百戦錬磨の買取の名人です。

 

家を安く買うノウハウについては日本一構築されている言っても

良いのでしょう。

 

買取してもらうにしても少しは高く売りたいという気持ちや

家に対する愛着もあります。

 

その意味では、仲介業者を味方につけて、

仲介業者が査定した売却価格も参考にしつつ、

仲介業者にカチタスとの取引を仲介してもらうという方法も

ありです。

 

ちょっと買取提示額が安すぎというときに、

ほんの少しでも取引価格を高めに誘導する

交渉をしてもらうことが可能になります。

 

カチタスが査定した金額は家の価値や実力ではありません。

 

僅かな手数料を支払うよりもメリットが出る場合がある点には

注意をしておきたいです。

 

同じ郊外物件でも、ある程度人口がある地域周辺であれば、

タウンライフ不動産売買(一括査定サイト)を活用して、

仲介業者が査定する家の価格を知る価値はありそうです。

 

もちろん、仲介で売却できるなら、買取されるときの価格よりも

高く売れるのは言うまでもありません。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ