イカリソウ茶に白髪予防の効能?



白髪は老化現象の結果として避けられないものと

考えられていますが、

 

白髪を予防したり、白髪を改善して黒髪を増やすようなことは

できないのでしょうか?

 

年をとって白髪が多くなると誰もが思います。

 

食べ物や生活習慣などももちろん重要なのですが、

よりシャープに効果を上げるためにサプリメントや

即効性のある漢方薬などがあるといいのですが、

いまのところ、白髪を治すような薬は見つかっていません。

 

ただし、希望があるとすれば、イカリソウお茶にして飲むと

白髪予防の効能が期待できるかもしれません。

 

実際に知り合いの薬剤師から聞いた話を紹介していきましょう。

 

 

白髪を黒髪に治すには血液を作る腎臓の活動を活性化させる必要がある!

髪の毛は東洋医学では血液によってつくられると感がられています。

その考え方が「血よ」という考え方です。

 

東洋医学では髪の毛は血の余りものという意味で解釈がされているので、

髪の毛を作る基になる血液を綺麗にすることが

白髪の予防にもつながります。

 

血液は骨髄で作られると言われていますけれども、

活発な造血作用が行われるには

体全身の若々しさと健康が必要です。

 

しいて、老化と密接な関係があるとすれば、

腎臓の機能が低下です。

 

漢方では「腎が虚する」

という言い方をしますが、

 

腎臓は生命の源です。

 

参考記事⇒不妊治療の漢方薬=当帰芍薬散の効果が男性にもあった事例の口コミ

加齢とともに弱った腎機能を活性化させるということは、

簡単に言えば、滋養強壮効果を求めるということになります。

 

滋養強壮の効果が高いと言われているイカリソウという生薬をお茶代わりに飲んで

白髪が黒髪になった例を見ていきます。

 

自然生薬イカリソウをお茶代わりに飲んで白髪を黒髪に治る例があった!

アマゾンでも買える自然の生薬にイカリソウがあります。

 

あまり知られていませんけれども、

イカリソウはメギ科の多年草で山地に自生する植物です。

 

茎や葉や茎が滋養強壮の生薬として漢方の専門家には知られています。

 

 

 

白髪になる一因が体全体の機能の低下や

血液を作り出す腎機能の低下であれば、

 

食事やサプリメントで栄養をとるだけでは

十分ではありません。

 

 

イカリソウ茶で白髪が黒髪に?

薬剤師は定期的に講習会に参加して薬に関する知識を高めて

日々学んでいる人たちが多いです。

 

漢方薬の講習会へ参加した薬剤師から聞いいた話ですが、

講習会の講師を務める男性は当初、白髪頭だったそうです。

 

同じ講習会で数カ月後に再会したときには、

髪が真っ黒になっていたそうで、

 

「イカリソウを毎日抽出してお茶代わりに飲んだ結果だ」

という説明を講師から聞いたそうです。

 

漢方薬の講習会で講師は、イカリソウの効能を伝えるために、

イカリソウ茶を服用してその効果を受講者へ教えたかったのでしょう。

 

 

 

ただし、本当に白髪が消えたこととイカリソウ茶を飲んだこととの

因果関係はわかりません。

 

もしも本当に、イカリソウのお陰で白髪が少なくなったりするなら、

イカリソウ恐るべしです。

 

白髪に効果がある食べ物については

⇒白髪が食べ物で改善!滋養強壮と若返りの食材とは?

をご参照ください。

 

イカリソウ茶の入れ方

イカリソウ茶葉(茎と葉を干して刻んだモノ)

を直接使う場合は

10グラムの茶葉に対して、500ミリリットルの

 

水で煮詰めていきまして、

量が半分ぐらいになったら出来上がりです。

 

ティーバッグになっている場合は

包装用紙にある説明書き通りに

利用してみてください。

 

イカリソウは育毛効果のある養命酒にも含まれている!

養命酒には育毛効果があることも知られています。

 

養命酒には自然の生薬が多く溶け込んでいますが、

その1つがイカリソウです。

 

【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

をみてもらうとわかりますけれども、

 

養命酒60ml中に入っている成分で3番目に多く含まれているのが

インヨウカクという成分です。

 

インヨウカクとは、イカリソウの生薬名です。

 

養命酒をそろそろ飲んでみようと思っている方は

イカリソウを煎じて飲む代わりに、

養命酒を試してみるということも考えられます。

 

 

自分でイカリソウ酒をつくるには?

イカリソウの茎や葉を採って、水洗いした上で、

陰干しをします。

 

干したイカリソウ(約50グラム)を細かく刻んで、

グラニュー糖(約100グラム)

ホワイトリカー(1.8リットル)

を梅酒をつけるような口広のびんに入れて

4ヶ月ほど漬け込みます。

 

1回あたり、20ml程度の少量を服用する

薬酒の出来上がりです。

 

自分で作るのは面倒だという方は、

漢方薬局で「仙霊脾酒」という名称で

イカリソウの薬酒が販売されている場合もあります。

 

イカリソウはユンケルにも

 

また、風邪を引いた時などの滋養強壮にユンケルなどを服用する人も

いますが、イカリソウはユンケルにも溶け込んでいます。

 

毎日ユンケルを服用するのは値段が高すぎますから、

イカリソウのティーパックを見つけらたら

コスパが高いです。

 

ユンケルなどの栄養剤は甘ったるいですし、

多く飲むには糖尿病が気になります。

 

参考記事⇒17型コラーゲンの分解が原因の白髪や脱毛といった老化現象に学ぶ予防法

 

その意味でも長期的に継続的にお茶代わりに飲めるのは

自然の生薬であるイカリソウのメリットでもあります。

 

イカリソウが溶け込むユンケルをイチローは試合前に飲んでいる

 

イチローはルーティーンを大切にするメジャーリーガーです。

ユンケルには自然の生薬が多数溶け込んでいるのですが、

イカリソウもその1つです。

 

ユンケルのCMにも出演しているイチローは試合前に、

ユンケルを飲むのがルーティーンになっているといいます。

 

 

イチローが若々しく見えるのはすべて、

ユンケルやユンケルに利用されている

 

イカリソウのパワーだとは思えませんが、

 

数パーセントの役割は果たしているのかもしれません。

 

イカリソウ茶を購入するには?

自分で苗を購入して植えて利用するのは手間がかかるという

方は、漢方薬局であればイカリソウ茶が置いてある場合があります。

 

一般的なドラッグストアではイカリソウ茶はおいてないことが多いです。

その時は、アマゾンでイカリソウ茶が購入できます。

 

 

白髪を増やさないようにするには?

白髪は体に良い食べ物や飲物で改善しようとする前に、

髪は一般的な白髪染めを使うと、

 

大きなダメージを与えてしまっています。

 

ヘアカラーで髪の毛を染めることで、

白髪どころか脱毛にまで発展することも

知られています。

 

参考記事⇒シュワルツコフ 白髪染めを辞めた口コミ!有効成分の危険性をヘナで回避!

 

髪や頭皮にダメージを与えるのではなく、

髪や頭皮をいたわって、トリートメント効果を発揮するのが

ヘナです。

 

Naiad(ナイアード) ヘナ 100% 100gのように、

ヘナ100%のものは、

白髪部分をオレンジ色に染めてくれます。

 

オレンジ色を抑えて、黒に近い落ち着いた色がいい方は、

ナイアード ヘナ+木藍 100g

が使えます。

 

髪にツヤやコシを与えて、髪を丈夫にしてくれるので、

少なくとも

 

ヘアカラーの化学成分によって髪にダメージを与えた結果

白髪や脱毛が促進されるようなことはないはずです。

 

白髪を完璧におさえることは難しくても、

白髪を促進しないようにすることはできます。

 

簡単で短時間で染まる手軽さというのがヘアカラーの落とし穴です。

 

染めるのに手間と時間がかかる点で

ヘナは面倒ですけれども

体に優しい白髪染めと言えます。

 

白髪染めをヘナに変えた上で、

イカリソウなどを試してみてはいかがでしょうか?

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ