ナイアード ヘナ100%白髪染めはどう?メリットやデメリットの口コミ



日々忙しいと、白髪染め

簡単にスピーディーに染まるものを選びがちです。

 

しかし、実際には、一般のヘアカラーは

髪を簡単に短時間でラクに染められてくれる半面で、

髪や頭皮へのダメージを与えています。

 

白髪染めをしたために、

余計に白髪が増えていしまうような

結果にもなりかねません。

 

その点、ヘナは化学染料が入っていませんので、

髪や頭皮へ優しいというメリットが知られています。

 

 

ナイアード ヘナ100%」を購入して白髪染めをしてみたメリット

デメリット口コミを紹介していきます。

 

 

ナイアードヘナ100%を髪へのダメージや健康被害の心配から購入することに

 

ヘナは染めるのに手間や時間がかかるのですけれども、

そのデメリットがあっても

体への健康面も考えてヘナにトライしてみようと思い立ちました。

 

参考記事⇒ヘナ白髪染めの販売店はどこ?メーカーと通販購入方法を紹介

でもコメントしたように、

 

化学的に合成されたヘアカラーについては、

抜け毛、薄毛、健康被害、などのリスクがありえることが

わかってきたからです。

 

実際に、大手のヘアカラーメーカーに対して、

訴訟を提起した人達もいるので、

裁判結果はともかく、

髪や頭皮へのある程度のダメージは十分に考えられるのです。

 

その点で、ヘナはインドで採れるヘンナという植物を使って

髪を染める方法です。

 

白髪だけを染めるという特徴があって、

黒髪はそのままです。

 

そして、白髪染めの要素の他には、

髪を丈夫にしてくれるトリートメント効果も

あることが知られています。

 

ということで、ヘナはダメージを与えるどころか、

髪をいたわってくれるので、

思い切って、「ナイアードのヘナ100%」

を購入することにしました。

 

ナイアードヘナの使い方、溶き方

ナイアードヘナ100% 100グラム

ナイアードのヘナ100%は100グラムのものであれば、

一袋に100グラムのヘナが入っています。

 

自分の髪の分量にあわせて、適量を

大まかにボールに投入します。

 

 

ナイアード ヘナ 染め方

動画でも詳しく説明されているように、

ショートヘアの場合は、30から50グラムでよいので、

袋に入っている分量のだいたい3割から半分をお湯でとくことになります。

 

ヘナを使うことのデメリットを超えるメリットがある!

ヘナを使うことのデメリットは手間がかかることです。

 

およそ45℃のお湯(お風呂のお湯より熱い)を準備して、

ヘナを適量ボールに入れて、お湯でマヨネーズ状に

スプーンなどでこねる必要があります。

 

さらに、どろどろになったヘナを手袋をして、

髪の毛にまんべんなく、

付着させて、1時間ほど待たなくてはなりません。

 

普通のヘアカラーなら5分から10分程度、

時間をおいた後に、

髪をシャンプーで洗い流して完了です。

 

しかし、手間がかからずに時間も節約ができる

ヘアカラーはその分、髪や頭皮に対して、

強い刺激を与えることになります。

 

ヘナのメリットはヘアカラーにありがちな

髪への負担がないことです。

 

むしろ、髪にコシを与えて丈夫にしてくれます。

 

つまり、ヘナにはデメリットがあるものの、

メリットのほうが大きいと判断したので、

ヘナにトライすることになったわけです。

 

ナイアードヘナの染め方の動画を参考にして「ヘナ100%」で染める流れ

1 髪を軽く洗って濡らす

2 ヘナ25グラム程度をボールに入れる

(短髪なので25グラム程度でも十分すぎました)

 

3 お風呂のお湯より集めのお湯で混ぜてマヨネーズ状にする

(かき混ぜるのは大きめのスプーンで)

4 こねて完成したヘナを同封されたビニール手袋をして髪に塗る

5 サランラップを巻いて1時間放置する

 

以上の流れでヘナ100%にトライしてみました。

 

まず、粉のニオイがいい香りです。

 

草のニオイがしていい気分です。

 

どろどろになったヘナを頭に塗ると頭が寒い感じなのですけれど、

ヘナを塗った部分全体をラップをまくと暖かくなりました。

 

ヘアカラーを使ったときのように、

髪に対して負担をかけていたときのような

抵抗感はありません。

 

髪をヘアカラーで染めていた時は、

髪や頭皮に対する刺激が気になっていました。

 

しかし、ヘナは思う存分に頭皮に塗っても気になりません。

 

頭皮にヘナがついても、頭皮に対するダメージがない点でも

非常に安心感が高いです。

 

ちなみに、ボールについたヘナは普通に食器を洗うように

簡単に落ちます。

 

ナイアード「ヘナ100%」で白髪染めをした色合いについての口コミ!オレンジ色はデメリットになる場合も?

いよいよ1時間が経過して、シャンプーでヘナを洗い流してみると、

噂通り、白髪部分がオレンジ色に染まっています。

 

想像していたよりも、オレンジ色が強い感じではありますけれども、

ちょっとサプライズ感があっていいかなって感じです。

 

鏡で見ると金髪の外人になったみたいで、

ワクワク感があるということもできますね。

 

オレンジ色に染まってしまうのがデメリットであると

感じる人は、

 

仕事上の関係で、黒髪でいるほうが

無難な営業の仕事などの場合も

もちろんあるはずです。

 

その場合は、残念ですが、ナイアードヘナ100%ではなく、

「ナイアードヘナ+木藍」で黒っぽく染めるという

選択肢になるでしょうね。

 

ヘナのメリットを実感!ヘアカラーでそめたときのような頭皮のかゆみがない

ヘアカラーを使っていたときには、染めた後にシャンプーをしても、

頭皮にかゆみを感じていました。

 

その時は気のせいだと思っていた

のですけれども、

 

ヘナ100%を使った後では、いつもは感じていた

頭皮のかゆみが全くありません

 

やはり、ヘアカラーは頭皮に刺激を与えていたのです。

 

ヘナ100%最高!

 

髪の毛の色をオレンジではなく、黒っぽく染めたい方は、

「ナイアードヘナ+木藍」があります。

 

ただ、安全性やトリートメント効果を考えると、

やはりピュアなヘナ100%はオレンジ色に染まったとしても、

なお魅力的な気がしています。

 

ナイアードヘナ100%の色の持ち具合はどう?

ナイアードヘナ100%で髪の毛を染めて、

そろそろ、また、染めようかなと感じられるのは、

3週間程度経過した頃かもしれません。

 

染めた部分が全部色落ちすることはないものの、

部分的に白髪が目立ってくるタイミングです。

 

3週間を短いと捉えるかどうかは人それぞれです。

 

ただし言えることは、ケミカル成分がたっぷりと配合された

一般的な毛染め剤の場合は、髪を染める頻度が高いほど、

髪にダメージを与えてしまいます。

 

その反面、ヘナは髪へのトリートメント効果があるので、

積極的に染めても手間がかかるだけで、

髪は喜びます。

 

これって、すごく大きな違いだと思いませんか?

 

ただし、3週間程度では大部分はヘナの色が落ちていないので、

4週間経過後に染め直すという頻度でもOKな気がします。

 

ナイアードヘナ100%はネットで注文後翌日到着!

そもそも、ヘナを探して、ドラッグストアなどへ

行ってみましたけれども、

 

すぐに見つからないですね。

 

マツキヨやウエルシアなど、

最寄りの店舗では設置されていませんでした。

 

ということで、Naiad(ナイアード) ヘナ 100% 100g

通販を利用して、発注すると、

翌日、到着しました。

ナイアードヘナ100%

とても、シンプルで飾らないパッケージも

好きですね。

 

Amazonでの沢山のレビューがあるので、

口コミも是非参考にしてみてください。

 

白髪がオレンジ色になるのが嫌でなければ、

超オススメです。

 

髪が短い男性なら100グラムで4回程度は

使えるのではないでしょうか?

 

コスパ重視なら、Naiad(ナイアード) お徳用 ヘナ100% 100g×4

の方が、100グラム単価が安く上がります。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ