白髪を改善する食べ物とは?若返りの食材は野菜に多い



白髪は年を取るにつれて老化現象だから仕方がないので、

気になるなら染めるしかないと誰しもが

思っているのではないでしょうか?

 

老化は止めることはできませんが、アンチエイジング効果が高い

野菜中心の食べ物を食べることで若返り効果が得られて、

 

白髪が改善できるなら、

白髪染めの手間やコストも節約できます。

 

また、体を若返らえらせることで、

健康増進にも役立ちます。

 

老け込んでしまうサインである白髪を改善するために

どんな食材があるのでしょうか?

 

白髪になりやすい人は虚弱体質に多い!

 

まずは、白髪になりやすい人となりにくい人がいます。

具体的に白髪になりやすい人の特徴とは次のようなものです。

 

  • 白髪になりやすいのは、男性よりも女性です。
  • 暑がりではなく、冷え性で寒がり、
  • 下痢をしやすい
  • 便秘をしていても軟便
  • 疲れやすくて体力がない
  • おとなしくて、気力が充実していない

 

などの特徴があります。

 

以上のような点を踏まえて、白髪や白髪の原因が治るような

食べ物を野菜中心にピックアップしていきます。

 

白髪の原因になる腎機能低下!滋養強壮効果がある野菜中心の食べ物で白髪を改善する!

 

疲れやすかったりするのは、

腎機能などが低下している場合があるので、

滋養強壮をはかることも大切になります。

 

ヤマイモ(山芋)は虚弱体質を補ってくれる働きがあるので、

中医学の古典である神農本草経にも

 

「虚弱体質を補い、早死にを予防する。耳、目をよくして長寿を得られる」

とあります。

 

漢方薬で山薬(サンヤク)という生薬がありますが、

山薬はヤマイモのことです。

 

まさに老化現象を予防する働きがあることで、間接的に

白髪予防にも効果が出てくるでしょう。

 

ヤマイモのようなヌルヌル成分ムチンを含む滋養強壮食品は?

 

ヤマイモに含まれるヌルヌル成分ムチンは滋養強壮に効果があるのですが、

ムチンを含む食材としては、

 

  • 納豆
  • オクラ
  • ドジョウ
  • ウナギ
  • 里芋

 

などがあります。

 

クルミ

 

クルミにも滋養強壮作用があります。

クルミに含まれる栄養素には、動脈硬化を予防する植物性脂肪

ビタミンEが豊富に含まれています。

 

「クルミは肌を潤して、髪の毛を黒くする」と

漢方の古典書でも紹介されていいます。

 

滋養強壮にはゴボウも!

きんぴらごぼう

きんぴらごぼう

 

ゴボウは日本では食材として食べられていますが、

漢方では薬草として活用もされています。

 

便秘を解消するなどの効果があるだけではなく、

滋養強壮にもなります。

 

薬草ではイカリソウの滋養強壮作用があるので、

⇒白髪予防だけではなく治る漢方生薬イカリソウとは?

についてもご覧ください。

 

にんにく、アホエンオイル

「年収100万円の豊かな節約生活術」の著者

山崎寿人氏は著書の中で、アホエンオイルを毎日とるように

心がけていて、効能についても次のようにコメントしています。

 

風邪をめったにひかず、かつ、51歳にしてほとんど

白髪がなく、肌つやの良さをよく人から褒められる

出典:年収100万円の豊かな節約生活術

 

あくまでも個人的な主観として効果を

推測しているだけなのですけれども、

 

髪の毛は肌の状態と関連がありますし、

にんにくには滋養強壮効果があるので、

本当かもしれません。

 

 

白髪に効果があるビタミンB5を含む野菜や食べ物は?

 

体内のすべての代謝に関与すると言われる

ビタミンB5は白髪予防に効果があるとされています。

 

ビタミンB5を含む食べ物としては、

  • 玄米
  • ジャガイモ
  • 海藻類
  • 豆類
  • ピーナッツ
  • 緑黄色野菜

などがあります。

 

白髪予防になる銅ミネラルを含む食べ物は?

 

銅(Cu)というミネラルは白髪を予防する効果があるとされています。

銅ミネラルを含む食べ物としては次のようなものがあります。

 

  • 玄米
  • ゴマ
  • キウイフルーツ
  • イカ
  • 牡蠣

ゴマには滋養強壮作用があることは知られていますし、

若返り、老化予防のビタミンEも含まれています。

 

イカと牡蠣以外は野菜です。

 

野菜には驚くべきアンチエイジング効果があることが

わかりますね。

 

以上、白髪に効果がある食べ物をピックアップしました。

日ごろ味噌汁を食べる機会も少ないのですが、

味噌にも肌を潤して、髪を黒くする効果があるとされるので

塩分には注意をしながら食べるようにしましょう。

 

色々な食材がある中で、毎日ジャガイモを

食べることはないかもしれませんけれども、

 

主食を玄米100%か玄米を白米と一緒にブレンドして

食べることは、

 

毎日継続して食べることにつながるので

おすすめです。

 

毎日、続けることが大切です。

 

白髪予防の本で紹介された食べ物は酢卵

絶版になった本ですが、

髪の悩みがみるみる解決する100のコツ

という本には、100通りの髪の毛のケア方法がかかれてあります。

 

中古がAmazonで購入できます。

 

白髪については原因になるメラノサイト不足を解消し、

太く黒い髪をもたらすとされる

 

鹿児島県奄美群島の伝統食品である

「酢卵」が紹介されています。

自分で作る場合は、

フタの付いたビンに500mlの醸造酢を入れて、

よく洗った卵3-4個を1週間ほど漬け込みます。

 

殻の薄皮だけが残るので、薄皮を取り除いて、

よく混ぜて出来上がりです。

 

卵の品質や衛生上の問題もあるので、自作は注意深く行うべきで、

既製品を購入するほうが安心かもしれません。

 

白髪を改善するには生野菜や果物から酵素を補う

「酵素」の謎――なぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか(祥伝社新書314)

の著者である鶴見隆史先生は鶴見クリニックの医院長でもあり、

酵素研究科でもあります。

 

鶴見先生によると、病気の原因や長寿命か短命になるかは酵素不足が

原因であるといいます。

 

そして、人が生命を維持するために、限られた酵素を有効に利用するために、

真っ先に酵素が行き届かなくなる場所が

髪の毛であるといいます。

 

髪の毛を黒く染めるメラニン色素を固着させる

チロシナーゼという酵素が、

 

髪の毛に不足してしまうことで髪の毛が白くなるというのが

白髪ができるメカニズムです。

 

つまり、食べ物で白髪を予防するには、豊富な酵素を取り入れることが

必要になります。

 

そして、酵素は生野菜や果物、納豆などの発酵食品に

豊富に含まれています。

 

酵素は熱に弱い特徴があります。

 

食べ物は加熱しないと食べられないものが多いいのですけれども、

食事全体の中で一部分でも、

 

生で食べられるような

果物、発酵食品のキムチや納豆、漬物など

食べるようにすれば

酵素を取り入れることができます。

 

ただし、漬物は塩分が多いので食べすぎないようには

注意が必要です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ