無職の引きこもりが個人投資家と申告 賃貸契約できた口コミ



無職引きこもりをしている人たちのことが

よく社会問題だと言われることがあります。

 

無職になって引きこもってしまったのは人それぞれに

いろいろなきっかけや原因があってのことです。

 

世間の常識は仕事を持っていて、

毎月の給料をもらい、

 

収入がある人が評価されます。

 

引っ越しをするときに賃貸物件を探すときも

会社はどこなのか、月給や年収はどのくらいなのかという尺度で

入居審査が行われます。

 

では、無職で引きこもっている人は絶対に

引っ越しができないのでしょうか?

 

引きこもっている人の中には、

会社通勤をしたりしていない、

 

株式トレードを行う

個人投資家が存在します。

 

 

株式投資を行う株式トレーダーという自営業を名乗れば、

賃貸アパートの入居審査を通過する場合があります。

 

引きこもったままで、通勤はしたくないけど、

部屋を借りたいという方は個人投資家という職業に

注目です。

 

無職でも賃貸アパートを借りられるのか?

そもそも、賃貸アパートを無職の人には貸すことはないというのが

前提としてあります。

 

大家さんは確実に家賃が入ってくる人を

入居者として迎えたいですし、

不動産屋も仲介する上での責任があるからです。

 

ただ、一般の人から見ると無職にしか見えない人も、

家賃を支払うだけの収入が細々とでも入ってくるなら

入居審査は通過する可能性があるのは間違いないです。

 

無職だけれど個人投資家=自営業として入居者審査が通った口コミ

かつて、無職だった時に、仕事も探してないような状況で、

引っ越しを試みました。

 

 

一人暮らしであれば、年収100万円くらいあれば、安アパートを賃貸して、

生活できるのではないでしょうか?

 

そして、年間で100万円程度なら、

株式のトレードで収益があげられるような金額になるはずです。

 

ということで、

全国賃貸情報 アパマンショップ に連絡をして、

見学したいワンルームを内覧して、

格安アパートの入居申込をすることにしました。

 

職業欄には、個人投資家(株式トレード)と記載をして、

年収欄には100万円と記入しておきました。

 

昨年度の株式トレードの実績を見せてくれと言われると、

実は株式のお勉強をはじめた程度の時期で、

40万円程度した利益が上げられていません。

 

ただ、今後は、本腰を入れれば、年間で100万円くらいは

稼げるだろうという目算です。

 

無職でも保証会社の入居審査は通過!

アパマンショップで、年収見込100万円の個人投資家でも

入居審査は通過しました。

 

保証会社の審査を通過する必要があるということで、

無理かと思っていました。

 

引きこもりの少額株式投資家で、年収は100万円の見込みしかなく、

しかも昨年の実績をみせろと言われると、100万円もない状況です。

 

実は、保証会社の審査を受ける前に、

不動産会社の営業さんに、

 

保証会社の審査を通過するのは厳しいだろうから、

親を連帯保証人にお願いできるので、

 

保証会社の審査無しで入居審査をして欲しい」と

嘆願していました。

 

ただし、営業マンも、社内規定があるらしく、

保証会社の審査をまずは受けてほしいということで、

 

保証会社2社分の入居申込を記入したところ、

翌日、入居審査OKの連絡が入ったというわけです。

 

ちょっといい加減な保証会社の審査だったのか、

 

「昨年度のトレードの収入はいくらだったのか?」などの、

ヒアリングもありません。

 

「投資資金はいくら運用しているのか?」なども

全く質問がなく、

 

書類選考(年収見込み100万円と記入)

で入居審査を通過したような感じです。

 

もちろん、引きこもりとは、書いてませんけどね。

 

アパマンショップ、最高!

 

無職の引きこもりに

勇気を与えてくれました。

 

引っ越しをするときは、

アパマンショップでお部屋探し

をおすすめしますよ。

 

審査を通すには格安物件を探すこと

審査を通過するためには収入に見合った物件を探すことは

必要です。

 

専業トレーダーで数千万単位の利益を揚げているなら

賃貸でなくても、マンションくらいキャッシュで購入できるでしょう。

 

まだ、これからという段階の個人投資家なら、

部屋探しは家賃重視で

 

自営業でも100%支払いができる

格安物件を探すべきでしょう。

 

投資家で現金がある人は賃貸物件に入居できる場合も

余談ですけれども、

アパマンに行く前に、個人でやっている不動産会社にも

 

「家賃ぐらいは支払いができるから

連帯保証人をつけて入居させてほしい旨」

を伝えてみました。

 

色々と、細かいことを聞かれましたけれども、

現預金が通帳で100万円以上確認できれば、

大家さんにお願いしてみますと言ってくれました。

 

個人投資家で運用資金が数千万単位以上なら、

余裕なはずです。

 

私のような弱小個人投資家でも、

100万円程度の残高ならなんとかなりそうな条件です。

 

町の不動産屋産は意外と優しい!

 

同様な提案が、他社では、300万円以上の預金があればなど、

無職なりに、預金があれば

 

保証会社の審査無しで身内の連帯保証人で

入居ができる場合があることがわかります。

 

 

株式トレードなら住む場所は問わない!引っ越しはどこでもOK

株式のトレーダーといえば聞こえはいい感じですけれども、

億を稼ぐような敏腕トレーダーなんて、

一握りです。

 

実際は、個人投資家はそんなに稼げるわけではないのも

現実であると推測されます。

 

とはいいながらも、会社員のように毎年きっちりと500万円を年収として

得られるのは魅力がないものの、

 

引きこもっていても、

旅行をしながらでも、

 

どこにいてもトレードはできます。

 

その意味で、環境のいい場所を選んで生活できるのが

個人投資家という職業の利点です。

 

株式トレードという自営業を成り立たせるには学ぶこと!アパマンショップを裏切らないためにも!

任天堂の株価チャート

ただし、入居審査を通過するためには、

「専業トレーダー」とハッタリをかますだけではなく、

 

自分なりのトレードの方法が確立されていることは大前提です。

 

株式投資は時として大損をするリスクがあります。

 

大損をせずに、継続的な利益を積み上げられるビジネスに

できるようなら、

 

賃貸物件の入居審査のときに投資家として申告しても

どうどうと説明もできるはずです。

 

銘柄選択は個別株についての情報が鍵になります。

 

投資情報を収集するには?

 

個別株投資には、「QUICKリサーチネット」がとても使えるのですけれども、

一般的には月額の利用料金が必要です。

 

松井証券  に口座開設をすれば、無料で

「QUICKリサーチネット」を利用することができます。

 

また、トレードのスキルを向上させるには、

 

エンジュクなどの投資教育会社を活用して、

スイングトレードやデイトレなど、

 

トレードで成功している人の取引手法を学び、

継続的に利益を積み上げていくことが望まれます。

 

個人投資家という職業は誰でもなれる自営業でもあるのですけれども、

実際に、投資で生計を立てていくとういのは

 

生半可なことではないことは

理解しておきましょう。

 

だからこそ、株式トレーダーという「世間的には

無職の人」に対して

 

よく、アパマンショップは

入居審査通過したと思います。

 

おまけに、礼金敷金もなく、

フリーレントまでついていました。

 

 

引っ越しを計画している人は、

敷金0礼金0のお部屋探し アパマンショップ

をチェックしてみてください。

 

アパマンは管理物件が豊富ですし、

お店によっては売買物件の取扱もあるので、

お金に余裕のある立地な個人投資家は、

 

不動産投資で収益物件の購入相談相手としても

いいパートナーになるかもしれません。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ