田舎で暮らして東京で稼ぐには株式投資をする個人投資家の仕事が!



20171208オープンハウス株価

首都圏で暮らして、東京で稼いでいる人たちの夢は、

田舎で暮らすことかもしれません。

 

身近なところでは、群馬、栃木、茨城県あたりの

北関東あたりできれいな山々を眺めながら、

のんびりと暮らす生活があります。

 

もっと遠くなら北海道や九州、沖縄で暮らすなんて言うのも

ありです。

 

定年後は仕事にとらわれないで住みますので、

移住する人も多くなるのはうなずけます。

 

定年後まで我慢せずとも、田舎でもできる仕事があれば、

田舎暮らしをさっさと進めることができます。

 

田舎でもできる仕事というのが株式投資を行う

個人投資家という職業です

 

株式投資を行うトレーダーなら、田舎で暮らして、

東京に集まるお金を田舎へ還流させることができるのです。

 

 

株式投資を仕事にすれば田舎で暮らすのは夢でなくなる

株式投資を仕事にしている人は、専業のトレーダーと呼ばれていて、

基本的には数千万円、数億円を年間で稼ぐようなイメージです。

 

ただ、カリスマトレーダーのような稼ぎはできなくても、

会社員が稼ぐ平均的な年収の400万円程度でよければ、

到達しやすい数字であるはずです。

 

つまり、田舎に引っ込んでしまって仕事がないとしても、

株式投資を行う個人投資家を職業にしてしまえば、

 

スマホやパソコンがあれば、売買の発注ができるので、

東京やその周辺の千葉、埼玉、神奈川に住む必要がなくなります。

 

もちろん、自分なりのトレード手法を身に着けて、

コンスタントに稼げるような売買手法を身に着けておく必要はあります。

 

東京は稼げる大都市であることは不変!東京で儲けている会社に投資を

田舎にもしも引っ越して、株式投資をするとしたら、

やはり投資先は東京で儲けている会社が有望です。

 

田舎で暮らすことは東京を否定することではありません。

 

東京は経済的に豊かになるには多くのビジネスチャンスがある

素晴らしい都市です。

 

ただ、東京で自働くことは競争が厳しいので、

自分が東京で働くのではなく、

 

東京で稼いでいる上場企業の株式へ投資して、

株主として経済活動のリターンとして配当をもらったり、

株価の値上がり益を田舎にいながら

享受していく手法です。

 

例えば、丸の内の大家さんといえば、

三菱地所(コードナンバー8802)があります。

 

三菱地所にそもそも入社して働きたいと思っても、

公務員以上に入社するのは難しいですし、

 

相当に優秀な人材が活躍しているはずです。

 

東京に家を持とうというスローガンで

高収益をあげているのがオープンハウスという

企業もあります。

 

多くの企業が東京にビジネス拠点を置いて、

東京を舞台にして稼いでいます。

 

ただ、投資家がわざわざ、東京で労働をする必要はありません。

 

専業のトレーダーには抵抗があるというなら、

株式投資をしながら、田舎でのんびり、

 

バイトでもしながら田舎の人との交流を

楽しむというのもありですね。

 

1人だとつまらないのも事実です。

 

上場企業は田舎で儲けて、お金を首都圏に集めている!

田舎に行っても必ずあるお店があります。

 

例えば、イオンです。

 

イオンが出店したために、田舎では町中にあったお店がシャッター通りになってしまうなど、

イオンのお陰で雇用も生まれましたが、

廃業をしてしまった自営業者も出たはずです。

 

安くていいものが買えるイオンは田舎ではなくてはならないお店に

なっているはず。

 

市町村としても弊害はあったけれども、

雇用が生まれてよかったと思っているかもしれません。

 

ただ、田舎にある市町村に十分にお金は落ちてないという現実もあります。

 

イオンが全国の市町村から儲けたお金は、

本社がある千葉県に集中します。

 

千葉県と言えば、東京の隣のベッドタウンでもあるし、

首都圏を構成する一員です。

 

東京周辺に住む人達がますます経済的に豊かなるのは、

全国のど田舎から集めたお金が千葉県に一旦

集金されるからでもあります。

 

イオンの例はあくまでも一例であって、

全国へ支店展開をする企業は同じような構図になっています。

 

個人投資家は株式投資を仕事にして、東京からお金を田舎に取り戻す

株式投資を専業で行うか、兼業でするかは別として、

一旦は東京へ集まったお金を田舎に取り戻すには、

株式投資が有効であることに

気がついたでしょうか?

 

東京に本社を置いて、日本中、世界中からお金を稼ぐ企業へ投資をすることで、

配当や値上がり益を獲得する手法が

株式投資です。

 

 

株式投資をまだやったことがない人はまずは、

マネックス証券や松井証券で資料請求の上、

証券口座を作ってください。

 

銀行と同様に、口座を作るのは無料ですし、

年間の維持管理費もかかりません。

 

そして、負けない投資家になるためには、日々の情報収集が必要です。

 

マネックス証券でも充実した投資情報が得られますけれども、

松井証券 では他社では有料コンテンツである

 

「QUICKリサーチネット」も無料で

閲覧することができますので、

解説しないと損です。

 

また、トレードのスキルを磨いて、

自己流から稼げる投資家になるために

 

「エンジュク」が公開している投資日記ステーションにも

目を配っていきましょう。

 

株式投資で儲けた利益は田舎で消費することで、

田舎にお金が落ちますし、投資で得た所得税なども、

田舎に流れます。

 

地方創生をする方法の1つが、田舎者が全員参加で、

株式で利益をコンスタントにあげることでも

あるわけです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ