エポスカードは自営業でも審査は通りやすい?フリーランスと申告し在確電話もなし?



大手だろうと中小だろうと社会保険があるような会社に勤務できている人は

金融機関からの信用があるせいか住宅ローンやクレジットカードの審査が通りやすいのが

実情です。

 

裏を返せば、フリーランス(=個人自営)で仕事をしている立場だと

世間的な評価も低いですし金融機関からの審査も厳しいと考えられています。

 

クレジットカードを持つなら正社員として会社勤務をしているときに取得をするのが

審査も通りやすいのは明らかです。

 

しかし、どのカード会社も自営業者に対して

審査が厳しいわけではありません。

 

比較的審査基準が緩めのカード会社もあります。

 

今回、フリーランスの状態でエポスカードの申込みをしてみたところ

なんと、入力直後、すぐに審査結果がOKとなってしまいました。

 

しかも、スペックの高い稼げてるフリーランスという感じでの申告はしていません。

 

平均的な会社員よりは見劣りする内容での申告にも関わらず

エポスカードの審査が通過しています。

 

具体的にどのような審査が行われたのか

確認していきましょう。

 

 

エポスカードが自営業で低年収でも審査が通りやすい理由を検証

エポスカードはフリーランスでも審査が通ったので審査があまいとまでは言わなくても、

比較的審査基準がゆるいのではないかと感じました。

 

その理由を説明してきたいと思います。

 

勤務先の入力はフリーランスでOKだった

一般的に勤務先は、正社員で勤務している人なら株式会社○○という形で

勤めている会社名を入力するはずです。

 

勤務先がしっかりとあることで、収入が毎月入ってくるかどうか

確認ができるというわけです。

 

しかし、私はエポスカードを申し込みした時点ではバイトでも正社員でもなく

雇用されていない状況で、いわゆる個人事業主でした。

 

しかも、個人自営の屋号も設定していないので、

勤務先欄には「フリーランス」と入力しました。

 

もちろん、読み仮名の入力欄も「フリーランス」です。

 

正社員ではなくてもバイトであっても

勤務先会社名は記入できることと比較すると

フリーランスと入力する必要がある時点で

就職してませんと言ってるようなものですからね。

 

結果的には審査はOKになったので、フリーランスの人は

勤務先名は「フリーランス」と入力すればいいということがわかります。

 

在確の電話は入らなかった

勤務先の電話番号を入力する欄があったので自分の携帯番号を

入力しました。

 

当然ですが、在確の電話は入りませんでした。

 

電話をする意味がないでしょうから。

 

勤務先の電話番号へ在確の電話が入るのはクレジットカード会社の

審査の流れとして当たり前のこととして存在していますが、

エポスカードは在確がなかったです。

 

エポスカードは自営業の味方なのでしょうか?

 

よくぞ、審査を通してくれました。

 

ちなみに、私が過去にバイトをしているときに申し込んだクレディセゾンの

クレジットカード審査のときは勤務先に在確の電話連絡が

入っています。

 

参考記事⇒ウォルマートカードセゾン 勤続3ヶ月で申込みで審査は通る?会社に連絡もあった

 

賃貸物件に居住で入居年数は2年弱

今現在の住まいが持ち家なのか賃貸なのかと

居住年数についての申告も必要です。

 

現段階では賃貸アパートに住んでそろそろ2年になろうとしている段階で

決して長く住んでいるわけでもありませんし

持ち家を所有している人のように信用があるわけでもありません。

 

エポスカードでは居住年数は1~3年という選択肢に

チェックを入れています。

 

年収も正社員より低めに申告している

会社勤務であれば源泉徴収票に500万円と表示されていれば、

その年収を入力することになります。

 

ところが自営業者の場合は年間売上(年商)を入力することになります。

 

実際に売上は200万円あっても、必要経費を除くと

実質手残りの収入は100万円以下ということも十分にありえるのが

フリーランスや自営業です。

 

つまり利益率が低い自営業だと1000万円の年間売上でも

利益率が5%なら利益は50万円にしかなりません。

 

それでも、年商だけみると大きな数字になってしまいます。

 

今回、エポスカードの申し込みにあたっては

200万円と申告しました。

 

エポスカードの審査上は裏付けになる確定申告書などの書類を添付する必要は

ありませんでした。

 

あくまでも、自己申告上の収入を入力するだけで、

裏付けを取られることがなかったです。

 

時給1000円程度でフルタイム働くバイトだと年収200万円程度であると

考えられているので

低い年収であってもエポスカードは審査が通るということを

示しています。

 

フリーランスでもエポスカードの審査が通った理由は?

フリーランスで年収も会社員と比較して半分程度の水準で申告して

在確の電話確認もなかったのにクレジットカードの審査が速攻で

通りました。

 

在確どころか、入力がすべて完了して送信ボタンを押したら

以下のようなメールが入って審査結果がOKだった

案内が入りました。

 

     様

このたびはエポスカードをお申し込みいただき、誠にありがとうございます。

カードの発行を承りました。
只今よりカードの発送準備に入ります。

この時点で、まだ、クレジットカードと紐付ける

銀行の入力も終わっていません。

 

申込完了後にすぐさま、口座引落をする銀行の入力画面が出てきたので、

「審査がもうOKなのかな」と思い、メールチェックしてみたら

先程のメールが到着していたというわけです。

 

しょぼい自営業でも審査が速攻で通った理由もありそうです。

 

クレヒスがあった

エポスカードを申し込む前に、クレジットカードは3枚すでに

利用中なので、CICなどをみて審査をしているはずですが、

どの金融機関かはわからなくてもこれまでの決済履歴(クレヒス)は

参照できているはずです。

 

カードの利用実績が信用に結びついているというわけです。

 

クレジットカード以外でも、デビットカードも3枚ほど利用中です。

 

他社借入が0だった

他社借入の申告は0件0万円と申告しています。

 

これも、信用情報をみれば明らかにわかるので嘘は通用しません。

 

カード会社からは毎月のように支払いをリボ払いをしませんかという

案内が入りますがリボ払いも利用していません。

 

他社借入がないと審査上はリスクが低い案件と

判断いただけたと思います。

 

クレジットカードは佐川急便で到着

申込後1週間後には佐川急便でクレジットカードが

到着しています。

 

申し込み段階では、身分証明書(免許証)の登録番号を

入力しています。

 

クレジットカードを受け取るときには本人だけが受け取れる方式で

免許証の提示と佐川急便側で免許証の確認照合があります。

 

フリーランスだからこそエポスカードを申し込む必要性やメリットがある

フリーランスをしている人は住む場所には縛られない人も多いかもしれません。

 

特に、デザイナーなどウエブ関連の仕事をしている人はネット回線があれば

仕事は受注して納品までできてしまいます。

 

IT関連の仕事ではないフリーランスでも最近はネットやウエブカメラなどを活用して

商談もできるので住む場所は関係なく仕事ができるケースが増えています。

 

つまり自営業者は住む場所にとらわれないので

仕事に合わせて引っ越しをしていく習性もありそうです。

 

引っ越しごとに賃貸物件の審査があるのですが、

最近は賃貸の管理会社(不動産会社)が保証会社としてエポスカードを採用して、

入居審査をするところが増えているのです。

 

今後、引っ越しをするときに賃貸の入居審査をスムーズにする意味でも

エポスカードのクレジットカードを持っていることに

意味があるというわけです。

 

エポスカードは目先は必要ないという人でも、

今後、引っ越しを検討するときに、

 

住みたいと思った物件の入居申し込みの審査が

エポスカードということがあり得るのです。

 

入居申し込みを入れた物件でエポスカードが保証会社として審査をすすめて、

入居審査がOKになると賃貸の契約者にエポスカードが発行されて

家賃がクレジット払いになることを意味しています。

 

最初からエポスカードを所有していれば、賃貸の入居審査は確率高く

OKになることが予想されるので

エポスカードを持っておくことで引っ越しがスムーズに

行うことが可能です。

 

 

まとめ エポスカードはフリーランス(自営業)でも審査は通る

自営だとカードの審査は通らないのでないかと思い、

クレジットカードの申込みは見送ってきました。

 

しかし、一か八かという気持ちで、エポスカードを申し込みをしてみると

審査が通っています。

 

 

フリーランスやバイト、派遣社員などで信頼性が正社員より劣るからと

ためらっている方は

エポスカードにチャレンジしてみてください。

 

 

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ