1Kで外国人の二人暮らしでもレオパレス21なら可能?



外国人が賃貸アパートやマンションに入居するときは

日本人と同等のマナーがないなどの理由で、

 

入居条件が厳しくなる傾向があるようです。

 

外国人専門に入居させるお大家さんは入居費用を

高めに設定して利益をあげているケースもあるほどです。

 

外国人もいろいろですけれども、たしかに、

夜でも声がでかい、ゴミ出しのルールを守れてないなど、

入居者や近所からのクレームがでる場合もあるはずです。

 

参考記事⇒レオパレス21の評判はネットの噂が先行しすぎ?実際にはどうよ?

 

そんな中で、レオパレス21へ入居する場合は

外国人だと入居しづらいのでしょうか?

 

また、外国人に限らず、1Kタイプの賃貸物件に

二人暮らしをするケースが増えています。

 

一般的には1Kやワンルームは「お一人様向け」と

いうのが基本で契約書にも明示されていることが多いです。

 

鉄筋コンクリート造のマンションなら二人で住んでも

バレないでしょうけれどもレオパレスはどうなのでしょうか?

 

外国人の入居審査もレオパレス21なら厳しくない?

 

海外では家具付きの物件が当たり前の国もあるので、

レオパレスの物件は外国人には親しみやすいです。

 

そして、外国人がいざ、レオパレス21の物件の入居にあたって、

外国人だから賃料が高くなったり、

審査が厳しいということはないようです。

 

むしろ、他社が外国人に対して消極的なことを逆手にとって、

外国人留学生などで入居希望者については、

前向きに入居審査をしているようです。

 

つまり、外国人でも日本人と全く変わらないというのが結論です。

 

その代わり、家賃がしっかりと支払いできる収入の裏付けは

しっかりしていなとならない点は日本人と同じです。

 

保証人を探したりなどの必要性も基本的にありません。

 

レオパレス21物件を検索する

 

 

 

外国人観光客もマンスリーレオパレスの利用が可能かも

外国人観光客で日本語が堪能で入居するにあたって、

レオパレス21のスタッフとコミュニケーションがとれるなら、

 

マンスリーレオパレスを利用して、

1ヶ月単位で入居することも可能でしょう。

 

家賃の他に、電気水道代金などの光熱費も含まれた金額を

契約日数だけ前もって入金するだけの手続きで、

家具付きです。

 

旅館や民宿代わりに利用もできないことはありません。

 

ホテルや旅館で1ヶ月とか40日ほどの長期の宿泊をすると、

かなりの金額になるでしょうけれども、

 

マンスリーレオパレスは最短30日から1日単位で最大100日まで

リーゾナブルに宿泊できます。

 

賃貸アパート代に光熱費も含まれた契約なので

保証人は不要ですし、難しい審査はなく、

 

ネットもオプション料金を少々支払うだけで

利用できます。

 

レオパレス21は1Kタイプの物件でも二人暮らしが可能

 

また、レオパレス21は法人の短期での契約も多いのが特徴です。

 

法人契約で外国人労働者を入居させるというのも

全く問題ないです。

 

しかも、レオパレス21は1Kタイプの単身者向けの部屋でも、

二人までの入居が可能になっています。

 

二人暮らしは夫婦でもいいでしょうし、交際中の男女でも、

希望すれば入居可能です。

 

法人契約で従業員を住ませる寮としても利用できるので、

企業にとっては二人暮らしまでOKとなれば、

コスト低減にもなります。

 

しかも、アパートを法人契約をする企業にとって嬉しいのはレオパレス21は

家具付き物件が多いことです。

 

従業員も、短期的な出張や短期の現場仕事の場合は二人入居でも

寝に帰るだけですから、小奇麗であればいいとなります。

 

通常は、短期契約はせず、2年間の契約が前提になるのが

賃貸物件の特徴ですけれども、

 

レオパレス21は短期の入居であることがわかっていても

入居OKです。

 

レオパレス21物件を公式サイトで検索する

 

レオパレス21の物件の入居条件についてのまとめ

レオパレス21は入居者のニーズに柔軟に対応する不動産会社といっても

いいでしょう。

 

大家さんに家賃保証をする関係上、入居率を高めるためには

いろいろな施策を施しているともいえます。

 

  • 外国人、留学生なども正社員ではなくアルバイトの収入でも入居OK。
  • 1Kタイプでも二人暮らしができる。
  • 短期間の入居契約も可能です。

 

ただし、入居にあたっては、レオパレス21が契約時に説明する内容を

守る必要はあるでしょうから

契約違反にはならないように注意はする必要があります。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ