一建設 新築建売の評判ってどうよ?大工もコスパは認める?



結婚や出産で賃貸アパートやマンションが手狭になると、

家が欲しくなります。

 

新築住宅を建築する人もいれば、お買い得物件を探す意味で、

中古一戸建てで高額なローンを避ける人もいます。

 

初めから、家を買うなら新築の建売を明確に買いたいと思っている人は

実は少ないのですが、

 

住宅購入の相談で不動産屋に行ったり、問い合わせをしたりすると、

中古住宅を探しているはずなのに、

 

一建設の新築建売物件を紹介されたり、

案内された人もおおいのではないでしょうか?

 

不動産会社はなぜか、一建設やアーネストワンなどの建売を

薦めるのですけれども、

 

評判をネットで調べたりして

悪い先入観を持つ人もいるのではないでしょうか。

 

実際には一建設の建売ってどうなのでしょうか?

 

一建設なぜ評判が悪いといわれているのか?先入観かもしれない

一建設は昭和40年代から営業している会社です。

 

今では、東証一部上場の飯田グループホールディングスという上場企業の中では

中核的な存在にまでなっています。

 

昭和42年に創業して、2009年12月にはジャスダックにまで上場を果たした

成長企業です。

 

ジャスダックの上場基準を満たすということは

なかなか悪くない会社といえるわけですが、

 

ジャスダックへ上場するまでの過程では手抜き工事があったなど、

実際に問題になったことがあるのも事実です。

 

しかし、現在では東証一部上場企業として法令順守義務がある

代表的な企業にまで成長している点は評価するべきでしょう。

 

たしかに、過去のネットの口コミを見たりすると、

評判がよくないという風に判断してしまうのも否定はしません。

 

一建設は過去の失敗を反省していま、

評価される企業になりつつあるのではないでしょうか?

 

一建設の物件がよくなっているのは設備や建材の進化も!基礎の工法も変化!

一建設に限らず、ハウスメーカーのの今の物件を見ると、

25年前に施工された物件と比較して、

キッチンや浴室、トイレなどの設備の部分の進化が目覚ましいです。

 

また、外壁材や基礎の施工方法についても変化してきています。

一建設の物件はかつては布基礎だったものが、今では、べた基礎になっていますし、

かつてあった基礎部分の通気口もありません。(土台の下によくみるとある)

 

昔の通気口は年数が経過すると通気口部分から基礎に

亀裂がでてくることが多いので、

基礎の強度を良好に保つ意味でも

 

今の基礎パッキン工法は床下の風通しもいいですし、

シロアリなどの侵入確率も減らせるメリットがあります。

 

以上は一例ではありますが、一建設の過去の評判は今の住宅の性能を

評価したものではないことは理解できるでしょうか?

一建設の建売を注文住宅志向の人が見たときの感想は?

そうは言うものの、一建設の物件は画一的で面白くないのも

事実です。

 

一建設の物件は年齢的に若手で賃貸住宅に住んでいる人が、

家賃並みかそれ以下で購入できる住宅を提供ているのが

特徴です。

 

大手ハウスメーカーのように住宅展示場で最大限

夢を膨らませるような住宅の提供の仕方ではありません。

 

住宅展示場に足を運んだ人や、注文住宅を大手ハウスメーカーで

建築したいと思って土地を探している人が、

 

一建設、アーネストワンなどの建売をみると、

どれも間取りが同じ、設備も同じ、床の色やクロスまで統一されているので、

 

面白みがないのです。

 

値段が安いといえばそれまでなのですが、

価格をローコストの下げるための努力として、

 

建売を建築するときにいちいち、設計せずに、

これまでの間取りプランを道路の方向などにあわせて

建築して、フローリングなどの建材も大量仕入れをして

コストを安く抑えているので、一建設の物件は

どれも同じで魅力がないと映ってしまいます。

 

画一的なものでもコストパフォーマンスに魅力を感じたり、

子供の学校区の物件だったりすれば、

 

一建設の物件でも評価する人は実は多いのです。

 

なぜ、建売業者、一建設は評判がいまいちと感じてしまうのでしょうか?

一建設は大手ハウスメーカーより劣るのか?評判は大手注文住宅会社が上だが?

家を新築したり、住宅を選ぶときは、

世間体を気にしながら選ぶ傾向がありますよね。

 

確かに、家がぼろいということで、小学校の時に、

いじめられたという声も聞いたことがあります。

 

今の価値観というのは、できるだけいい職業について、

できるだけ安定した高い収入を得ることがいいことだと

誰もが思い込んでいます。

 

住む家だって狭小住宅ではなくて、豪華な家で、

設備も充実している方が世間体もいいですし、

幸福感も高い気がします。

 

ミニマリストでフランス人作家のドミニックローホーは

著書シンプルを極める で次のようにコメントしています。

 

現在の消費社会が、あの手この手で買わせようとしているモノが

なくとも生活できるように、私たちは学習しなおす必要があり、

そうするべきです。

すべての「過剰」は人生の大切な瞬間、本質から

私たちを脇道へとおざけようとします。

出典:「シンプルを極める」

 

ミニマリストになれというのではないのですが、

大手ハウスメーカーの豪華な家で、

 

過大な住宅ローンを組み、

その後月々の支払いに追われる生活より、

 

一建設の物件は見学した時の豪華さがないかもしれませんが、

立地条件が悪くないということを前提にすれば、

 

むしろ、身軽で快活な生活を送れるというメリットがあるともいえるでしょう。

 

豪華で高額な家がいい家だという思い込みが

もしも、一建設の評判がイマイチだと感じているなら

冷静に判断をする必要もあるかもしれないのです。

 

腕のいい大工がみた一建設の建売ってどうよ?

不動産会社の人たちは一見プロに見えるかもしれませんが、

一建設、アーネストワン、アイディホーム、東栄住宅などの仲介をして、

手数料稼ぎをすることが収益になっています。

 

一建設の物件を不動産屋が薦めてきたとしても、

本当にいいかどうかは利害関係があるので、

 

建築に携わる大工の目の方が正確かもしれません。

 

そもそも、一建設の建売は当たり前ですが、

木造ですから、大工が建築しています。

 

一建設の現場を請け負う大工にしてみれば、

仕事が途切れずに来ることはありがたいですし、

 

偶然に暇な時期も遊ばずに済みます。

 

大工が一建設の物件だから手抜きをするということは

まずないでしょう。

 

しかし、あるベテラン大工が自身で建築する平均的な

新築の物件との比較では一建設の物件は

 

悪くはないけど、大工が入る日数が少ないという風に言っています。

 

大工が入る日数が少なければコストが安いことにもつながりますね。

 

コストが安いのはいいことですが、

大工の入る日数が少ない分だけ、

 

大工の目から見ると稼げないから不満だし、

一抹の不安もあるということになります。

 

建売は土地を仕入れてから建築して完成し、

売却するまでの期間を短くするということが課題です。

 

携わった大工の力量にも影響されることも想像されますね。

 

一建設の新築建売の評判 まとめ

一建設の物件の間取りは床の間がない、

和室はせいぜい六畳しかないなど、

画一的な間取りではあります。

 

ただし、一概に一建設は評判が悪いとネットの評価だけで

判断を下すべきではないかもしれません。

 

コストに見合った住宅を提供してくれているという点では

コスパは悪くないはずです。

 

積水ハウス、ミサワホーム、ヘーベルハウスなどの大手の物件は

手厚いアフターケアと安心感も大きいですがお値段もそれなりにします。

 

結局は一建設の物件を選ぶかどうかは、

人それぞれ価値観、重視するところが違うので一概には言えませんね。

 

 

ただし、不動産屋が薦めたからいいとは言えないということは

覚えておきましょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析