酒粕と味噌にシミ、ソバカス生成を予防する美白効果!



1年を通じて紫外線対策をする必要はあるのですけれども、

とりわけ、暑い夏は太陽の光も鋭角的で、

お肌がダメージを受けやすい時期です。

 

紫外線によって日焼けをするだけではなく、メラニンが黒く変わると

シミソバカス、さらにはほくろにまで変化してしまいます。

 

シミやそばかすの生成を予防する食べ物には

発酵食品があります。

 

特に、発酵食品の中では酒粕に含まれる成分が

シミやそばかすの生成を予防してくれます。

 

 

酒粕にシミ、ソバカス予防!東京農業大学の前橋健二教授が世界一受けたい授業で紹介

酒粕がシミやそばかすの生成を阻止する働きがあると説明したのは、

日本テレビ「世界一受けたい授業」に出演した、

 

東京農業大学の前橋健二教授です。

 

前橋教授は発酵の研究者で、酒粕、味噌、甘酒などの

発酵食品に詳しい先生です。

 

酒粕がシミ、ソバカスを予防する理由は遊離リノール酸の美白効果!

酒粕がシミやそばかすを予防する美白効果がある理由は、

酒粕に含まれている遊離リノール酸が含まれているためです

 

遊離リノール酸はシミやそばかすを生成に関わる酵素である

チロシナーゼの働きを阻止する働きがあることがわかっています。

 

参考文献1:マ ウス メ ラ ノー マ細 胞 にお け る脂 肪 酸 のメ ラニ ン生成 調 節 作 用

参考文献2:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/94/4/94_4_274/_pdf

 

チロシナーゼはメラニンを黒色に変える働きを持つ酵素ですから、

チロシナーゼの働きをブロックすれば美白効果がえらえるわけけです。

 

遊離リノール酸は化粧品の成分として美白化粧品や

乳液、クリームなどにも利用されています。

 

酒粕を利用した最強美白レシピは?

美白効果が科学的にも認めらた遊離リノール酸は

酒粕のほかには、同じ発酵食品である味噌にも含まれています

 

酒粕をつかってさまざまなレシピが考えられるのですけれども、

毎日味噌汁を食べるようにして、

 

味噌汁に酒粕を入れると簡単で、美味しいですし、

ダブルの美白効果が得られるでしょう

 

また、酒粕を利用して甘酒を作ることもできます。

アルコール分が若干残ります。

(ただしアルコール飲料にはならない微量です)

 

一般的には酒粕で作る甘酒ではなく、米麹から作る

完全ノンアルコールの甘酒が人気があるのですけれども、

 

美白効果を狙うという方は、敢えて、

酒粕で作った甘酒がお薦めです。

大関ブランドの安心感のある高品質な酒粕を利用して作られた

甘酒で美肌効果を狙いたいですね。

 

発酵を活用した甘酒で夏バテを予防し

体の中から肌にも元気を与えていきましょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ