コウノドリ モデル産婦人科医=荻田和秀著「妊娠出産本」は必読!りんくう総合医療センターも評判が高い!



コウノドリ産婦人科医モデルになった

荻田和秀医師は3000件以上の出産に立ち会った

体験を通して、

 

著書「嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 」を

出版しています。

 

産婦人科医として妊婦である女性が命を育む

尊さを伝えるだけではなく、

 

時には出産がきっかけで母親かあかちゃんの

どちらか一方の命が失われる危険性を背負って

 

出産をする妻を夫は大切にせいというのが

本の出版の主旨です。

 

また、荻田和秀医師を病院として支えている

勤務先のりんくう総合医療センターも評判が高い、称賛されるべき医療機関です。

 

 

コウノドリは産婦人科医=荻田和秀医師をモデルにした実話!妊婦が亡くなるシーンも

コウノドリのワンシーンには、出産をして難産の末、

子供は無事に生まれてきましたが、

 

妊婦である母親がなくなってしまうケースがありました。

 

子供は生まれてきましたが、

夫がシングルファーザーとして生きていくことになりました。

 

妊娠をしてあかちゃんを授かったとしても、

必ずしも妊婦である妻も、生まれてくる子供も、

 

両方に命が保証されるとは限らない事例です。

 

逆に、赤ちゃんの命が助からずに、

妊婦の命は助かったという場合もあるでしょう。

 

大変厳しい出産に立ち会ってきたのが、

荻田和秀産婦人科医です。

 

 

荻田和秀産婦人科医の著書「嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 」は命がけの妻の声を代弁する

赤ちゃんを出産して、亡くなってしまう妊婦さんも

現実に目の当たりにしてきた著者は

 

妊婦として悩み苦しみ、命がけで

出産をする妻の気持ちを代弁するような気持ちで書いた本が

「嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 」です。

 

夫だけではなく妊婦さんも読む価値はあるでしょう。

 

産婦人科医 荻田和秀医師の経歴

荻田和秀医師の実家は大阪で、

父親も産婦人科医をしてきた家庭に生まれ育ちました。

 

香川医科大学(現在の香川大学医学部)を卒業後、

大阪大学病院産科チーフを務めた経験も持ちます。

 

現在は大阪泉佐野市にある、りんくう総合医療センター産婦人科部長として

ハイリスク出産にも前向きに向き合っています。

 

荻田和秀産婦人科医はコウノドリのモデルとして立派!医師を支えるりんくう総合医療センターも評判が高い!

産婦人科医として新しい命を生み出す現場に居ながらも、

時として母親または子供がなくなってしまう危険性を

かかえています。

 

病院側が医療ミスなどの指摘があれば訴訟されるリスクは

ハイリスク出産の場合には高まります。

 

それでも荻田和秀医師は難しい緊急性の高い出産でも

前向きに対処しています。

 

そして荻田医師を支えているのは

同じく、訴訟リスクを抱える病院です。

 

その意味では「りんくう総合医療センター」の

病院経営の在り方も称賛されるべきで高い評判につながるはずです。

 

訴訟リスクはなるべく避けてハイリスク出産を他の病院へ

回すような病院経営者もありうるからです。

 

  • 病院名:りんくう総合医療センター
  • 所在地:〒598-8577大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23
  • 代表電話:072-469-3111

 

コウノドリ原作者で漫画家の鈴ノ木ユウさんの妻の出産がきっかけで

荻田先生にであったこととで漫画やドラマが口コミになって、

 

モデルになった産婦人科医や

病院は地域の人たちから高い評価を受けていくでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析