家を高く売る方法を熟知した良い営業マンはリフォームに強い!



を売却しようと思いついたら、

まずは、いくらぐらいで売れるのか、

 

すぐに売れるのかが気になるところです。

 

実際に、どのくらいで売却できるのかを知るためには、

知っている不道産会社1社だけの話を聞くよりも、

 

何社かの不動産会社へ相談して

いろいろな考え方や査定額を

参考にしていくことになると思います。

 

そして、実際に売却することを決めたときには、

できるだけ早く高く売ることが目的になります。

 

早く高く売るためにはいい会社を選ぶというよりも、

良い営業マンを探すという視点が大切です。

 

特に、簡単に売れそうにない物件ほど、

創意工夫が必要になってきます。

 

売却にあたって、リフォームをするかどうかは別として、

リフォームに精通した営業マンであることが

望ましいです。

 

その理由を説明していきます。

 

 

家の売却査定を数社に依頼!査定額が高い営業マンは実際に高く売れるのか?

家を売却するときには、一括査定サイトを利用して、

一度に数社から売却査定を受け取るという

方法は便利です。

 

基本的にはどのサイトも、できるだけ高く売るために

査定額が高い不動産会社を見つけようという点を

PRしているようですが、

 

査定額が高いからと言って必ずしも

高く売れるとは限らないとういのが

査定を担当する不動産会社側の本音なのです。

 

では、一括査定サイトは利用価値がないかといえばそうではありません。

 

多くの営業マンからメールや電話、

場合によっては訪問査定で直接話しをきいてみることで、

多くの参考資料を受け取ることができますし、

どうしたら高く売れるのかなどについても

助言を受けることができます。

 

最終的にもしも専任媒介でどこか1社へ売却を依頼するときには、

売却の実績が豊富な営業マンを選ぶことはもちろんですけれども、

 

高く売るという視点では、売りづらい中古物件でも、

いかに印象良く内覧する人に受け入れてもらうかについて

多くのノウハウや助言ができる営業マンを

選ぶことが肝心です。

 

マンションをできるだけ早く高く売る良い営業マンにはリフォームの提案力がある

中古の家を高く売れる営業マンの特徴として、

リフォームの提案ができるという要素があります。

 

実際に中古住宅をリフォームをした経験が豊富な営業マンであれば、

どのように住宅をリフォームすれば家探しをする人が

買いたいと思うのかについて

ノウハウを持っています。

 

リフォームをして住宅を蘇らせる企画発注力があれば、

ボロボロの家でも、

住んでみたい家に変身させることができます。

 

築古の中古物件ではリフォームの提案力が決めて

もしも、売却をしようとする物件が空き家になっていて、

すぐに内覧ができるような物件だとして、

 

リフォーム費用を若干かけたほうが、

売りやすくなって結果的に手取りが一番高くなるという

ケースも考えられます。

 

しかし、実際には売れるかどうかわからないのに

業者のようにリフォームをしてしまえる一般の売主は少ないでしょう。

 

それでも、やはり営業マンはリフォームに詳しい人のほうが

高く売れます。

 

なぜなら、内覧する人が気になる部分について

リフォームを提案して、その場でおおよそのリフォーム費用まで

助言ができるからです。

 

内覧をしてくれても、古くて、修繕も必要な住宅であったときなどは、

顧客のネガティブな印象を拭い去る

リフォームの提案力が決め手になってくるわけです。

 

築浅の空き家でもハウスクリーニングなどの提案も

築浅のマンションなら状態も比較的良好で、こだわりが少ない人なら、

ほぼリフォーム無しで入居できる状態であることが多いです。

 

それでも、簡単に売れるかといえば、相場の中でも上限の高値で

売ろうとすれば、それなりの創意工夫が必要になってきます。

 

すでに引っ越し済みのマンションではものがおいてないわけですから、

居住中の物件との比較では広く見えて有利です。

 

それでも、掃除がしっかりと行き届いてないと

内覧のときの印象がダウンしてしまうことが多いです。

 

特に水回りなどは要注意であったりします。

 

逆に、クロスにちょっとした傷や汚れがあったとしても、

部屋全体がきれいに清掃されていれば、

張り替えれば住むものなので気にならないものです。

 

つまり、空き家になっている築浅物件こそ、できるだけ

高値で売るには、生活感をできるだけ亡くして、

プロのハウスクリーニングを

施すちょっとした投資が高値で売却できる1つの

方法でもあります。

 

細かいことに気を配って、内覧をする購入検討者の

気持ちになってどうするべきかを助言できる営業マンを

選ぶべきなのです。

 

居住中の物件については購入者が気になるポイントを指摘できる営業マンであること

居住中の家については、空き家よりもやや売りづらくなります。

 

やはり生活感がにじみ出てくるので

中古住宅は気になる人が多くなります。

 

日本人が新築好きであるというのは、

人の生活感が嫌だという側面もあるはずです。

 

悪臭に注意をする

玄関に入って嫌な匂いがするときには、

第一印象から購入については後ろ向きになってしまいます。

 

特に、室内犬を飼っているお宅は

注意が必要です。

 

参考記事⇒家が売れない原因は室内犬のウンチと悪臭に!消臭対策は?

 

では、臭うときにはどうするかという点について、

対策を助言してくれる営業マンの存在が必要なのです。

 

家族では、悪臭に慣れてしまっていて気が付かないものです。

 

生活感をできるだけ無くす

生活感をできるだけなくすことで、

「本当に住んでるんですか?」と

言ってもらえたら

「買います」と言ってもらうことに近づきます。

 

生活感が出そうな場所としては、

キッチン周りやリビングです。

 

食器や炊飯器などが常に見えるようにおいてあることも多いですが、

内覧のときには、

 

きちんと食器棚に収納されていて、

何も外に出ていないような雰囲気作りが大切です。

 

ごちゃごちゃガラクタがおいてあったり、

住む人の趣味が色濃く出ているというのも

生活感を感じさせる要素になってしまいます。

 

家の中の整理整頓について、

生活感を消して住宅展示場のような印象に近づけるために

助言が必要です。

 

一方で、ソファーやテーブルなど小奇麗に整ってさえいれば、

ホームステージングといって、

住むイメージができてプラスに作用させられる側面もあります。

 

仏壇や遺影

仏壇や遺影を飾ってある部屋があるときには、

日本人なら気になるものです。

 

参考記事⇒半年も家が売れない原因は仏壇にあり?

仏壇などについても、どのようにしたらいいのかを

助言できる営業マンの存在が必要です。

 

仏壇がなくても、仏間があるだけでも気味が悪いと思う人もいます。

 

仏間は収納にリフォームをするなどの工夫をして

不動産会社は売却をすることもあります。

 

リフォームについての精しい営業マンであれば

仏壇まわりについても

家探しをする人の目線で、助言できるというわけです。

 

 

中古住宅の仲介実績が豊富であればあるほど、

購入者にリフォームの提案をする機会も多くなります。

 

全国に広がる直営仲介ネットワーク!安心の実績「住友不動産販売」で無料査定!

など大手不動産会社を活用して、

できるだけ高く、早く売れる力量がある

 

良い営業マンを探しあてて、

売却を進めていきたいものです。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ