宅建は独学で学習は難しい!一発合格を可能にする勉強方法とは?



宅建合格発表は毎年

11月下旬頃に行われます。

 

宅建の受験資格についても

年齢、学歴などの制限がないので、

頑張れば合格できるイメージがあります。

 

事実、合格率も15%近辺に例年

なっていますので、

 

難関資格ではありません。

 

しかし、独学で例年10月の第3日曜日に開催される

宅建試験に合格するには運はあっても、 まぐれはありません。

 

独学の難しさをクリアすることが

独学での勉強方法ということもできます。

 

宅建合格するのに独学がなぜ難しいのかを

掘り下げてみました。

 

 

 

 

宅建合格を独学で目指すとき、セルフコントロールと学習のスケジュール管理が難しい!

 

宅建合格の為に大手予備校などに

通学できるなら、

 

資格取得を目指す講師陣が

合格の為のカリキュラムを用意しています。

 

物事を効率よく学び習熟度を上げるかぎは

カリキュラムにあるといえるくらいです。

 

ところが独学の場合は、通学で宅建合格に必要な

知識やテクニックを学ぶのではなく、

 

自分自身で学習計画をたてて勉強をする

セルフコントロールになります。

 

自分自身で、一定の期間については、

合格するためのモチベーションも維持していく

必要があります。

 

寒い日も、暑い日も、仕事で体が疲れた日でも、

宅建合格に向けて努力を継続する

セルフコントロールが必要です。

 

日々、当たり前のようにテキストを開いて

独学で学び続けるのは

難しいことを意識しておきましょう。

 

宅建の受験日まで無計画にまだら模様に学習を進めても

合格はできません。

 

独学で合格すると決めたら、購入したテキストや問題集を活用して

合格できるためのプランを自分で策定したうえで、

 

計画的な学習をすすめることが必要です。

 

 

宅建合格する為に独学が難しいのは仕事をしながらの会社員で時間的制限があるから!

 

宅建で学生や主婦が合格する例が多くあります。

 

その理由は会社勤めをしていないために、

 比較的時間的な余裕があります。

 

時間的な余裕があればスクールにも通うことができるので、

なおさら、働きながらの会社員

よりも合格する確率は高まります。

 

ところが、宅建合格を目指すほとんどの人は

仕事をしている人の方が多いはずで、

 

1日の大半を仕事で時間を費やします。

 

仕事を適当にするわけにもいかないでしょうから、

独学を成功させるための一歩は、

 

宅建合格の為の学習時間を

作り出すことです。

 

休みの日を利用して宅建の勉強だけを続けるのも

辛いことですが、

 

ある程度休みの時間は学習に費やす必要もあります。

 

また、ライバルには仕事をしていない人もいることを

意識しましょう。

 

会社員であるために独学するうえで、

 

時間をつくるのが難しいことを理解して、

隙間時間などを活用する工夫も必要になってきます。

 

宅建の学習上の理解するのが難しいので独学が大変!具体的な勉強方法とは?

 

宅建の試験科目は

 

  1. 民法
  2. 宅建業法
  3. 法令上の制限
  4. その他の分野

 

という大きく分類して4つです。

4分野について、宅建合格を独学で目指すときの

取り組み方などについてみていきます。

 

宅建合格を独学で進めるとき、宅建業法にはどうとりくむか?

 

宅建の出題分野である「民法 宅建業法 法令上の制限 その他の分野」

の中で、比較的テキストを読んで

理解しやすいのが、

 

宅建業法です。

 

理解しやすく得点しやすい分野であるために、

効率よく宅地建物取引士試験に

 

合格するには、宅建業法の分野の出題は

パーフェクトでを目指す必要があります。

 

宅建業法についてはだいたい正解できる

というレベルではなく、

 

ほぼ完ぺきに得点できるレベルが要求されます。

 

つまり、宅建業法についてほぼ完璧に

正解できるための学習量や

 

学習の仕方、学び方、学ぶ順番、

利用するテキストなど、

 

一定の量や質が大切になってきます。

 

 

そして、宅建業法についてはほぼ、

パーフェクトだと言えるだけの

 

学力が身につくまでの大変な学習量、

理解しようとする努力や、

 

理解を深めるための問題練習など、

途中で挫折しそうになるでしょう。

 

そういった困難を乗り越えるだけの

精神力やモチベーションを維持しながら、

 

なんだ、ポイントはここだったんだという境地に至るまでに

は、テキストに書かれてある内容の徹底的な理解が必要です。

 

宅建業法について

勉強方法としては、市販のテキストを

完璧に理解できればOKです。

 

ただし、宅建業法はパーフェクトに正解することが求められるので、

宅建を独学で合格レベルまで到達するには

正確な理解と記憶が必要です。

 

 

宅建受験に向けて民法の学習に手間がかかる!

 

大学の一般教養で民法を学んだことがある人も

おおいかもしれませんが、

 

メリハリがない授業でしょうから、

役に立たないでしょう。

 

法学部で法律について学習した経験がある方なら、

宅建の勉強は3日で大丈夫だったと

 

いう方もいれば、法学部出身者とは

思えないような理解力しかない人もいます。

 

いずれにしても、民法独特の条文の理解をベースにして、

不動産取引に必要な民法の考え方が

 

試験では問われますので、

奥が深い民法の出題について、

一通りの理解をするといことが大変難しいです。

 

独学ならなおさらです。

 

ちなみに民法には1044の条文があります。

 

一般的には六法辞書など宅建の学習には

不要といわれていますけれども、

 

勉強法として、民法の条文にどういうものがあるのかを

 確認する方がより理解力は高まります。

 

急がば回れの精神で学習を進める必要が

ある分野です。

 

現実の宅建試験で合格点をクリアできる人でも、

民法については必ずしも十分な正答率がとなれていないことが

現実としてあります。

 

宅建業法の学習の部分でほぼパーフェクトにする必要があるというのは

宅建業法が民法と比較して点数が稼ぎやすく、

 

出題数も多いために、

合格する人はほぼ宅建業の正答率が高いという傾向があるからです。

 

⇒宅建士合格は権利関係の理解が重要!独学で正解率を高める参考書と勉強方法とは?

 

法令上の制限を学ぶとき6つの分野を理解を独習する必要がある!不動産取引では必須の知識!

 

法令上の制限とは、

宅建の試験では

 

  1. 都市計画法
  2. 建築基準法
  3. 国土利用計画法
  4. 農地法
  5. 土地区画整理法
  6. 宅地造成等規制法

 

の6分野から出題されます。

 

どの分野も不動産取引を行う上で

必要な知識になります。

 

不動産会社に入社して即戦力として

活躍できるかどうかは、

 

この分野の知識が十分かどうかにかかってきます。

 

また、不動産会社で独立を考えようとする人も

法令上の制限については

 

熟知していないと問題を解決して

収益を上げることはできません。

 

つまり、宅建業法と同様に、

高い正答率が求められる分野ですが、

 

法律ですから、理解して知識を整理するには

時間がかかる分野です。

 

 

この分野を条文にさかのぼって

理解したいという方の勉強法としては、

 

「不動産六法」という本がありますから、新品でなくても、

古本屋さんで購入すると重宝するかもしれません。

 

 

ただし、宅建合格にどうしても必要なものでは

ありません。

 

基本は市販されている宅建の参考書や

テキスト、問題集、過去問を利用しての学習でOKです。

 

宅建出題分野のその他の分野は独学ではポイントが絞り切れないか?

 

宅建合格には、宅建業法と法令上の制限でほぼ、

パーフェクトに回答ができて、

 

民法もぼちぼち、正当できていれば、

「その他の分野」での高い正答率は不要です。

 

出題数が少ないのと、

税制についての分野もふくまれますので、

 

範囲が広すぎて学習するうえで取り組みいづらい

分野です。

 

「その他の分野」は宅建合格に何が必要か、

何が問われる可能性があるのかを

 

独学で効率よく身に着けるということが

難しい分野になります。

 

救いは、「その他の分野」の出来・不出来が

合格か不合格かに大きな影響を与えない

ということです。

 

なぜ宅建合格が難しいかのまとめ!独学を困難にするものを解消すれば合格へ

 

  • セルフコントロールと学習のスケジュール管理が難しいから!
  • 仕事をしながらで時間的な制限がある
  • 宅建の学習上の理解するのが難しいので独学が大変!

 

ということがわかりました。

 

この難題を克服していくことが

宅建の独学での学習であるといえます。

 

そして、辛い学習の日々で挫折仕様になる気持ちを

どうにかこらえて、

 

独学で解決する必要があります。

 

誰にも相談できないところが

独習の最も辛いところでしょう。

 

その為にはわかりやすく、かつ宅建士試験問題の出題のポイントを

理解できるテキストが必要です。

 

お薦めテキストとしては、

⇒宅建士合格を独学で目指せるお薦めテキスト5選を解説!

をご参照ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析