太らない間食ならナッツ類3選がお薦め!甘いものと切り替えを



オフィスでのデスクワークの合間、

自宅での家事の合間など、

 

間食する機会は非常に多いものです。

 

いただきもので、甘いものであるお菓子やケーキを食べられるのは

ラッキーだと思う反面、

 

ダイエット中の人や

健康維持を考える意味ではマイナスかもしれません。

 

間食は全くしないひともいますので、お菓子はいただいても

他人にあげて、一切食べない人もいます。

 

つまり、間食でお菓子やアイスを食べたりするのは

習慣であることがわかります。

 

間食する習慣を変えるのは簡単ではないですし、

起きている間ずーっと食べ続けるようなスタイルを避ければ、

胃腸への負担も減らせます。

 

間食するときには、ナッツ類が栄養の面でも胃腸の状態を良くするにもよい

ヘルシー食材です。

 

むしろ太らない間食を目指すなら、ナッツ類がお薦めなのです。

 

間食の習慣の例は冷蔵庫のアイス!甘いものは常習性が!

間食をするときには、甘いケーキとお茶やコーヒーの組み合わせなど、

癖になりそうなものが多いです。

 

甘いものというのは一度経験すると脳が欲しがるようになるので、

繰り返し食べたくなってしまいます。

 

ケーキなどは日持ちしませんから、買ってこなければいいのですけれども、

アイスクリームなどは冷蔵庫に常時、

いくつかの買い置きがあるという方が多いかもしれません。

 

アイスクリームは1日に1個は食べるとかが習慣化されると

かなりの糖分を摂取することになってしまいます。

 

しかも、暑い夏だけではなく、冬でもアイスクリームは

冷蔵庫に買い置きがある場合がほとんどです。

 

ダイエットを考える意味でも、生活習慣病を予防していく意味でも、

できることなら、アイスの買い置きをやめて、

 

その他、甘いお菓子などの間食はやめるか程々にすることが大切です。

 

しかし、間食の習慣は、休憩時のお茶のお供のようなものなので、

簡単にはやめられないですし、大食いしていなければ

やめなくてもいいのです。

 

食品添加物が入っていたり、糖分が多いなどの健康面に

悪影響をおよぼすようなものではなく

ナッツ類に入れ替えてみてはいかがでしょうか?

 

太らない間食を目指すなら、ナッツ類がお薦め!

ナッツ類のいいところは人工的に加工されたお菓子やケーキ、

アイスクリームのようなものではない点です。

 

元々が自然の果実としてナッツ類は栄養分が豊富です。

 

ダイエットを目指す人の場合は腸内環境を良くする必要があるのですけれども、

ナッツ類には食物繊維も含まれていますので、

便秘対策にもなってくれます。

 

特にお薦めなのが、アーモンド、くるみ、カシューナッツです。

 

アーモンド、くるみ、カシューナッツには

がん予防効果もあるとされています。

 

参考記事⇒ナッツ類のアーモンド、カシューナッツにがん予防効果?

 

アーモンドを毎日間食しても太らない!

ナッツ類をいろいろたべていますけれども、

アーモンドは経験上、間食でちょっと食べる程度なら

太りません。

ローストしたものも、生アーモンドでもAmazonで

購入できます。

 

アーモンドは23粒食べると1日に必要なビタミンEを摂取することができます。

 

ビタミンEのサプリもやめて、

アーモンドに切り替えるのもOKです。

 

さらに嬉しいのは、抗酸化作用が強いので、

がん、心臓病、脳梗塞などの生活習慣病予防にもつながります。

 

間食することの罪悪感など感じる必要はありません。

予防医学が専門の日比野佐和子医師は

著書「老けないカラダをつるくコツ大全」で

 

アメリカでアーモンドを食べたグループが体重減量に成功した食材として、

アーモンドが紹介されています。

 

 

くるみは低糖質で間食に向いている

くるみは高タンパクで低糖質なので間食して

太りたくないという人には向いています。

 

脂質はおおいですけれども、くるみに含まれる脂質は

オメガ6とオメガ3が4対1の割合で含まれている

ヘルシーな脂分です。

 

くるみに含まれるαリノレン酸は体内で、

DHAやEPAに変換されるので

 

脳の機能を向上させて、

認知症予防や記憶力をアップすることも期待できます。

 

カシューナッツは間食だけでなく料理にも

カシューナッツもアーモンド、くるみと同様に、

たんぱく質、食物繊維が含まれているので、

ダイエット効果が期待できます。

 

野菜や肉と一緒に炒めて料理の食材にも利用できます。

 

カシューナッツには鉄分などのミネラルが豊富なので、

疲労回復や貧血予防にも役立つ食材です。

 

ちょっと疲れたときの間食のおやつには

ちょうどいいかもしれません。

 

注意点は、ナッツ類は劣化も早めですから、

早めに食べるようにしましょう。

 

ナッツ類は空腹感や口さみしい感じを満たすには

お薦めの食材です。

 

あとは、甘いものの誘惑や毎日食べる習慣を

ナッツに切り替えられるかはアナタ次第です。

 

買い置きのお菓子を0にしたら、ナッツを

買ってみてください。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ