埼玉の新日本ガスのプロパンの評判はどう?高いときはクレジット払いで



埼玉県北本市に本社がある新日本瓦斯

北本市で都市ガスを供給している会社で、

ニチガスの系列会社です。

 

都市ガスを供給する会社として知られているので、

安いという評判ではあるのですが、

新日本瓦斯が供給しているプロパンガスも

そこそこ安いのではないかという

期待感もあります。

 

実際はどうなのでしょうか?

 

賃貸暮らしで引越し先のアパートで、

新日本瓦斯を利用することになったとき、

 

世評より高いと感じたので、どの程度の金額だったのかを

シェアしてきたいと思います。

 

 

新日本瓦斯が良心的な価格でやすいという評判がある理由は?

新日本瓦斯の料金設定はガス会社の中では、

比較的良心的であるという世評がある理由は、

 

東証1部上場企業のニチガスの系列会社で、

規模が大きいために、

基本的にニチガスと同等の料金設定が

可能になっています。

 

ニチガスや新日本瓦斯は、多くの中小規模の

ポロパンガス会社へガスを供給しているということもあって、

価格競争力が高い企業ですので、

比較的良心的なガス料金の提案ができるという

体力がある企業です。

 

新日本瓦斯は都市ガスの提供も北本では実施しているので、

東京ガスほどは安くはないものの、

比較的お安い料金設定であるという

地域の評価もある企業です。

 

新日本瓦斯はプロパンガスの提供にも積極的

新日本瓦斯は都市ガスだけではなく、

プロパンガスも埼玉県全域を中心として、

北関東まで幅広く営業活動をしています。

 

ニチガス系列でなければ、同業他社の割高な

ガス料金との比較で、

ガス会社の乗り換え提案にも積極的です。

 

新日本瓦斯は同業他社よりも安い単価でガスを供給できるので、

ガス会社を乗り換える一般家庭にとっても、

非常に助かります。

 

 

新日本瓦斯の基本料金は良心的?

プロパンガス会社のひと月あたりの基本料金は、

1800円の設定の会社が当たり前のようにあります。

 

もっと高い場合であれば、基本料金が2000円の

ガス会社もあります。

 

参考記事⇒農協の高いプロパンガス料金を使い続ける組合員の悲報口コミ!

 

その点、新日本瓦斯の基本料金は一般的には

1500円の設定になっているので、

 

東京ガスのような1000円未満とはいかないものの、

プロパンガス会社の中での比較では良心的な設定と言えます。

 

新日本瓦ガスは単身の賃貸アパート住人からは1万円の預り金

ガスの供給を受けるときには立ち会いが必要ですが、

ガス供給の契約をするときに、

単身者の賃借人からは1万円の預り金を徴収しています。

 

新日本瓦斯はニチガス系列の比較的安心感のある会社ですが、

倒産したら、預り金は戻ってこないし、

退去するときに返金されるのですが

金利は一切つかないというガス会社に都合のいい

仕組みになっています。

 

新日本瓦斯は、持ち家の世帯からは

預り金を徴収したりしていません。

 

 

 

賃貸物件のガスは安くなかった?基本料金は安い!

賃貸アパートを借りたときに新日本瓦斯がガス会社であったのですが、

ガス料金は安いというわけではありませんでした。

 

戸建てに住む人達が割高なガス会社から

新日本瓦斯へ切り替えたときのような

低単価での提供ではなく、

 

むしろ、中小零細のガス会社と変わらないのではないかと思うような

単価でした。

 

ただし、救いなのは、基本料金は1500円(税別)である点です。

 

新日本瓦斯を利用するアパートから、別の物件に引っ越して、

中小のガス屋になったら、基本料金は1800円(税別)に

跳ね上がりました。

 

新日本ガスの基本料金は良心的だったのだと

改めて実感しました。

 

新日本瓦斯が賃貸物件の利用者に請求した1㎥あたりの単価はいくら?

ガスの価格というのは、原油価格とイコールではなののですが、

原油価格にやや遅れながら連動しているというのが常識です。

原油価格チャート

原油価格は2017年7月から2018年10月にかけて上昇をして、

2018年11月から12月年末まで大幅下落しています。

 

 

そういった背景のもとで新日本瓦斯の

1㎥あたりのガス料金の推移は次のようになりました。

(賃貸アパート)

 

  • 2017年11月 430.92円
  • 2017年12月 477.36円
  • 2018年1月 481.68円
  • 2018年2月 481.68円
  • 2018年3月 462.24円
  • 2018年4月 448.20円
  • 2018年5月 504.17円(500円の大台突破)
  • 2018年6月 502.58円
  • 2018年7月 515.28円
  • 2018年8月 521.41円
  • 2018年9月 523.45円
  • 2018年10月 529.80円
  • 2018年11月 540.23円(ここがピーク)
  • 2018年12月 532.07円(原油が大暴落しても値下がりは小幅)
  • 2019年1月 513.47円
  • 2019年2月 496.23円
  • 2019年3月 489.66円

 

以上のような請求を新日本瓦斯から受けています。

 

単価が500円台に乗せるのは安くない印象が強いです。

 

相場が上昇していることの反映であるので仕方がないと

譲歩しても、

 

原油価格が下落したときに、

値下げが値上げよりも幅が小さいというのが

原油価格のチャートとの比較で

わかります。

 

2017年11月と2019年2月では原油価格は

ほぼ同じか、2019年2月の方が値段が低いのに、

 

新日本瓦斯の単価は、2019年2月の方が

お値段が高いことからよくわかります。

 

このあたりは、ガス会社を選べない賃貸アパートの

住人にとっては何も為す術がないという

状況です。

 

新日本瓦斯を利用する賃貸アパートの住人はクレジット払いで対抗を

安いはずだった新日本瓦斯は賃貸アパートの住人には、

アパートのオーナーへの様々な配慮があるせいなのか、

割安な料金での提供はしてくれていなかったとういのが

実情です。

 

一般的には銀行口座で引き落としをされるガス料金ですが、

新日本瓦斯はクレジットカード払いに

対応しているので、

口座引落を利用している人は、

 

イオンカードセレクト などを利用して

カード払いにすることで、

 

ポイントをカード会社から還元されるので、

割高なガス料金へのささやかな

対抗策になります。

 

賃貸アパートのオーナーはガス会社を選べる立場に

賃貸アパートの住人がガス会社の料金が高いと悲鳴を上げている半面、

オーナーにとってはその分、

ガス会社の切り替えには大きなメリットがあります。

 

ガス会社を切り替えることを条件に交換時期にある古い給湯器を

新品のものに交換してもらって無償貸与を受けることができたりなどです。

 

もしも、賃貸アパートの住人にとっても、

ガス料金が安くなるなどのメリットもあるようなら、

 

オーナーとしても賃貸人に喜んでもらえるので、

ガス会社の切り替えをするメリットがあります。

 

アパートの賃借人としては、高いガス料金に苦しむことが多いので、

オーナーが何らかのメリットを享受しながら

ガス料金が安くなるなら、

入居者としても助かります。

 

昔々は、大家と店子は家族同然と言ったものです。

 

入居者が気持ちよく生活できるように、

 

 

ガス会社の比較サイト

プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】 で、

 

ガス会社を比較検討してみては

いかがでしょうか?

 

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ