集中プロパンのガス料金が高い時 業者を変更する方法とは?



中古で一戸建てを購入することになると不動産会社で

売買契約を結ぶ前に、

 

物件のライフラインなどについて、

重要事項説明書という

書面で詳しく説明されます。

 

ガスを利用する時には都市ガスが利用できるのか

それともプロパンガスなのか

 

プロパンガスの場合は集中プロパンなのか

個別プロパンなのか

 

を明確に説明されることになります。

 

時々、住宅団地全体が集中プロパンになっている場合があって、

ガスを提供している会社名も明確にされています。

 

一般的には集中プロパンをどうしても使わなければならないとう

ルールはないので、

 

変更しようとすればできないことはありません。

 

引越し後にガス会社を呼んでみたら料金が非常に高かった

ということがないように、

 

引越し前に基本料金と従量部分の料金がいくらなのかは

確認しておく方が良いです。

 

もしも、ガス料金が非常に高い場合には

ガス会社を切り替えることができるので、

変更する方法を具体的に紹介していきます

 

 

集中プロパンで業者が指定されていると売買契約時に説明

まずは、売買契約時に重要事項説明書で集中プロパンであって、

ガス会社はどこなのかが明確になっています。

 

不動産会社が売主の場合でも、集中プロパンの場合には、

ガス会社を15年は最低でも利用して欲しいと言った

しばりがあることは少ないはずです。

 

不動産会社は集中プロパンのガス会社を変更できないと思い込みか?

 

なぜなら、集中プロパンの地域では、集中プロパンを提供している

ガス会社を利用するのが当たり前であるという

認識が不動産会社にもあるからです。

 

絶対に集中プロパンを利用しているガス会社を利用してくださいとか、

利用しないと違約金がかかるなどの説明はありませんけれども、

 

ガス会社は変えられないだろうと

不動産会社も錯覚していることが多いです。

 

都市ガスの場合であれば料金がプロパンガスより随分と安いので、

ガス会社を変更するような発想は浮かばないのは理解できます。

 

しかし、集中プロパンも個別プロパンもプロパンガスであることには

変わりはなく、

 

一般的には個別プロパンを提供しているガス会社が集中プロパンを

提供していることが多いので、

 

ガス料金は安くはないというのが

普通です。

 

集中プロパンのガス料金が高いことに引越しするとわかる!料金は引越し前に確認を

引っ越しして、ガスの開栓を依頼してみると

実際に、ガスの「基本料金」と「1立方メートルあたりの料金」が提示されて

契約を結ぶことになります。

 

ガス料金については、基本料金とか1立方メートルあたりの料金については

細かく、気にしない人が多いですが、

 

1月分のガス料金の請求をうけて数千円も

ガス料金が高いと流石に気が付くことになります。

 

ガスの開栓を依頼してからでは遅いので、

できれば、ガスの使用を開始する前に、

料金を把握しておきましょう。

 

本来は、プロパンガス業者の名前だけでも高いか安いかは

わかるのですけれども、

 

一般の人には不動産会社で説明された程度では

料金がどれくらいかまでは推測できないからです。

 

また、不動産会社もガス会社のガスの料金体系までは

調べてくれません。

 

また、ガス料金が高いか安いかの告知義務もありません。

 

集中プロパンを個別プロパンに変更する方法を説明

集中プロパンを提供している業者の料金が割高であると

事前に判断できた場合でも、

 

引越し後に気がついた場合でも

集中プロパンガスを解約することはできます。

 

もちろん、集中プロパンを辞めると業者に連絡をするときには、

【ガス屋の窓口】 などを活用して、

 

安くガスを提供してくれる業者を見つけておく必要はあります。

 

そのことを前提で、集中プロパンのガス会社を解約する方法を説明してきます。

 

集中プロパンの解約は自由!業者にメーターを撤去するように依頼

集中プロパンを辞めることになるケースとは

ガスの利用を辞めて、オール電化にするような

ケースです。

 

このような場合は、ガス会社は何も文句はなく、

ガスの供給を停止してくれます。

 

何がいいたいのかと言えば、

集中プロパンを解約するのは自由であるということを

理解しておきましょう。

 

つまり、集中プロパンから個別プロパンに変更するのも

その土地と建物を所有している人の自由です!

 

メーターを撤去依頼

集中プロパンを辞める理由は料金が高いからなのですが、

特に理由を言う必要はありません。

 

プロパンガスメーター

一言、「メーターを撤去してください

と伝えましょう。

 

集中プロパン用のメーターが撤去されることによって、

他のガス会社に変更できるようになります。

 

集中プロパン業者からの抵抗は強い事が多い

とはいいながら、集中プロパンを提供する業者は

自社のガスを利用するのが当たり前であると考えています。

 

他社との切り替えをするような気配があると

猛然と抵抗してきます。

 

具体的には、集中プロパンの道路から宅内に入っている

引込管を切断する工事費として、

数万円の費用を請求するというようなものです。

 

配管の切断の工事費が必要と言われるが気にしない方が良い

道路からのガス管の引き込みを切断する工事は

あえてしなければ料金はかかりません。

 

今後、集中プロパンを再開することも考えられます。

 

将来、家を売却したら、購入した人が工事費無しで

集中プロパンを利用できるように配慮するなら、

 

わざわざ、配管を切断するような工事は

しないほうがいいのです。

 

あくまでも、集中プロパンを提供する業者が

ガス会社を変えられたくないとの一心で、

言っているだけだと解釈しておきましょう。

 

配管の切断工事はしないで、費用の負担もしないと

覚えておきましょう。

 

メーター撤去完了後、個別プロパン会社にボンベを設置工事を依頼

メーターがめでたく撤去完了できたときは

個別プロパンガス会社にボンベやメーターなど

必要な工事をしてもらうように依頼します。

 

以上が集中プロパンを辞める時の流れになります。

 

ガス屋の解約から変更は簡単にできる!安い業者も紹介

 

面倒だと感じた方も

ご安心ください。

 

ガスを切り替える専門家=【ガス屋の窓口】

に依頼することで、

 

以上の解約に関する作業をまるごと依頼できます!

 

もちろん、料金が確実に安くなる業者を手配してくれるので、

自分で安いガス会社を探す必要はありません。

 

私も、実際に体験済みなので

ご安心ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ