エイブルの評判ってどうよ?実際に利用した口コミを紹介!



賃貸物件探しといえば、テレビCMや知名度の高さで、

エイブルのお店に行ってみようと考える人は多いかもしれません。

 

実際にネットで物件を探してみると、エイブルだけではなく、

地元の不動産屋さんなども、物件の掲載が多いです。

 

結局は、引っ越しをするにあたっては、

ネット掲載の物件を不動産会社へ問い合わせをしたり、

 

ネット上には物件はないけれども、エイブルに行って相談だけしてみる

という行動パターンが多くなるはずです。

 

何度か引っ越しをして、エイブルにお世話になっているので、

評判はどうなのかと気になる方のために、

口コミをシェアしていきましょう。

 

エイブルのお店の接客ってどうよ?口コミは?

最初からエイブルに行くと、エイブルがどうなのかというのが

わかりづらいのですけれども、

 

最初にネット掲載している他社に行ってみると

違いがよくわかります。

 

不動産会社は賃貸契約を通じて、多くの項目で

収益が上がる仕組みになっています。

 

仲介手数料だけが収益源ではありません。

 

不動産会社の収益の裏側を知っていれば、

賃貸物件を探す入居者に対して

優しい不動産会社なのかが見えてきます。

 

他社との比較でエイブルの接客のスタンスなどについて、

一利用者としての口コミです。

 

物件のラインナップ

アットホームウェブ、ホームズなどの賃貸物件検索サイトに

掲載されている物件を中心に問い合わせる人が多いはずです。

 

エイブルのCMに出演している土屋太鳳さんではないですけれども、

「緑色のお店」に行ってみたら、

 

ネットにまだ掲載されてない物件を紹介してもらえたという

こともあり得る話です。

 

エイブルは大家さんから直接依頼されている物件を

中心に物件を紹介していきますので、

 

退去が出た物件でこれから募集をかけようとしている物件も

タイムリーに紹介してもらうことは可能です。

 

実際に、部屋探しを賃貸物件検索サイトで見つからなかったのが、

エイブルの店舗では、価格、間取り、立地条件などの条件にあうものを

紹介してもらったことがあります。

 

その意味では物件が見つからなかったときは、

とりあえず相談しに行ってみるというのは

悪くない行動です。

エイブル営業マンの印象

エイブルに行って、探している物件について相談してみて、

物件を紹介してもらうと、

 

担当の方が車に載せてくれて物件を

案内してくれました。

 

不動産会社は売買も賃貸も両方手がける会社も多いはずですけれども、

エイブルはFCを除けば、基本的には、

賃貸専門です。

 

担当者は車の中で見学をする顧客(私)に対して

人間関係を構築しようと、

 

聞いてもいない担当者のプロフィールを教えてくれたりと、

熱心です。

 

担当者の紹介の中で、別の不動産会社に在籍していたけれども、

売買を担当していて、

 

ノルマが厳しかったので、

賃貸の方がまだなんとかこなせるだろうということで、

エイブルに入社しましたと

語る方もいました。

 

別の方は、就職活動がうまく行かずに、

宅建を持っていたのでなんとかエイブルに

拾ってもらったというような会話もありました。

 

物件の購入を薦める営業マンと比較すると、

おとなしめで、控えめ、

ちょっと弱腰の営業マンという印象かもしれません。

 

物件を即決できないからと行って

キレるような印象はないので安心感はあります。

 

物件を案内されたときも、あれがいい、

これがいいと押し売りするようなことはなく、

 

フローリングのここが残念だと伝えると、

「そうですね、そのとおりですね」と

見学者の気持ちに寄り添ってくれて、

 

切り返しトークで反撃するようなことも

ありませんでした。

 

物件の見学後にはお店に電話をして

報告している様子がありました。

 

「帰りの車の中で営業頑張れ」とでも

激を飛ばされているのかはわかりません。

 

エイブルは大きいだけに、営業マンも

つらいんだろうなと感じた次第です。

 

案内後の追客

かつてエイブルのお店を利用して、即決したこともあったのですが、

今回は、他社の物件の方が間取りが良かったために、

 

エイブルの物件は見送りしようと考えていました。

 

顧客としては、特別、今回は、あの部屋は

見送って、他社のX不動産で契約しますとは

言わないものです。

 

まずは、契約しようと思っているX不動産に連絡をしてみると、

契約にあたっては入居審査がありますと伝えられ、

 

こちらからの入居にあたってのお願いを伝えたものの、

一切ダメだと機会的な対応がありました。

 

「X不動産、ドライな対応だな」と

思っていた頃に、

 

エイブルの営業マンから電話がありました。

 

こちらから何も頼んでいないのに、

「私が大家さんにかけあって、なんとか、

礼金1ヶ月のところを礼金0にしてもらいました。

 

入居にあたっては特に審査はありません。

○○さんならもうOKです」

 

とエイブルの担当者が熱く、語りかけてきます。

 

正直言って、部屋の間取りが気に入ってないのと、

部屋に汚れがあるのが気に入らなくて、

 

断ろうと思っていたのですけれども、

X不動産の事務的な対応との比較で、

 

エイブルに決めました。

 

エイブルに決めた後から、X不動産から

審査がOKだと連絡がありましたけれども、

 

エイブルの熱心な営業マンとの比較で、

見送ることになりました。

 

エイブルの入居費用ってどうよ?

実際に、エイブルにしようと思えたのは、

他社との比較で、入居者に対して、

冷たくないからでもあります。

 

礼金や敷金

先ほど、紹介した例の通り、礼金を1月分

カットして頑張ってくれることもありということです。

 

これまでエイブルで契約した物件は敷金1月の設定です。

最近は敷金0をPRする動きも業界的に広がっています。

 

お金が用意できない人が増えているからという現実に

対応する動きですが、

 

敷金は預け入れても大家がしっかりした人なら、

問題ないですし、

 

退去精算のときに、敷金の範囲内で精算される分には、

トラブル予防にもなっていい方法だと感じています。

 

鍵交換費用

賃貸物件で鍵交換をすすめる業者が多いのはなぜでしょうか?

 

実は鍵交換を行うことで、エイブルも

同業他社も利ざやを得られています。

 

鍵交換代は、業者によってまちまちでしょうけれども、

一般的には15000円(税別)~となっていることが多いハズ。

 

具体的には、不動産会社が鍵交換費用を入居者から2万円徴収する場合は、

業者に1.5万円で発注すれば、5千円の利ざやになるわけです。

 

入居者には鍵交換をしたほうが安全安心ですという

言い方をする裏側には鍵交換をすることで

収益をあげる仕組みがあるわけです。

 

ただし、エイブルは店舗や物件にもよるのかもしれませんけれども、

鍵交換は強制しません。

 

同業他社では、鍵交換必須とする会社もあるので、

良心的な対応だと感じました。

 

鍵交換をしても、大家さんや管理会社が

鍵を保管しているので、

 

管理会社社員に魔が差したりすると、

侵入されるリスクは消えません。

 

参考記事⇒福山雅治マンションに合鍵で管理会社に侵入された危険性は賃貸物件なら誰でもある!

 

消毒・消臭費用

エイブルは積極的に消毒・消臭の工事を勧めています。

 

エイブルが管理する物件では、猛毒マスクをした

エイブル社員が入居前の消毒をのを

みたことがあります。

 

体に悪そうな消毒工事ですので、

やらないほうがいいのではと感じたりもするほど。

 

費用は2万円ほどはかかるので、エイブルが自社施工を

行えばそれなりの収益にはなるということなのでしょう。

 

ただし、消毒もやるかやらなかは強要されませんので、

この点も好感が持てる点です。

 

フリーレント

フリーレントはエイブル側から頼んでもないのに

提案してきます。

 

大家さんが聞いたら怒るかもしれません。

 

しかし、契約を早期に締結するための手段です。

 

引っ越しできるのが、来月の中旬にも関わらず、

来月の上旬からの賃貸契約を締結するために、

「フリーレント1月」を提案するというような

使い方です。

 

家賃が1月無料は嬉しいことですが、

契約のスタートが引越し日よりも

前になる点は、あとあと、更新期日が

早まることになるので入居者には不利な点となります。

 

このあたりはエイブルがどうだというのではなく、

担当者や店長の契約実績を追う姿勢が

どうなのかによるということなのでしょう。

 

メリット・デメリットがあるので中立的な評価です。

 

クリーニング代

クリーニング代は退去時にいくらくらいかかるのかは

エイブルの重要事項説明書や契約書には明記されていません。

 

エイブルの店頭での説明では1Kや1Rの場合は

大家さんにもよるけれども、25000円前後ではと言った感じの

おおまかな説明です。

 

こちらでクリーニング業者に発注してもいいのかと質問したところ、

辞めたほうがいいということでした。

 

たしかに、物件を管理運営するのは大家さんであって、

入居者がハウスクリーニング業者を手配するのは

行き過ぎた行為なのかもしれません。

 

というのも、

不動産業者などの下請けで営業している

ハウスクリーニング業者に直接発注すれば、

 

激安価格で発注できる実態があります。

 

1kで15000円とか、申し訳ないような

金額です。

 

ハウスクリーニング費用については物件を管理する管理会社が

エイブルではなく大家が直接の場合などは

 

いくら費用がかかるかがわからないことがあるので、

注意が必要です。

 

予め、入居するときに、クリーニング費用は3万円ですと

予告しておいてもらったほうが

 

退去するときに、「高すぎるんじゃないの?」

というようなトラブルにはなりません。

 

エイブルに問題があるということではなく、

物件の大家さんによって退去時のクリーニング費用を明示するかしないかが

決まるので悩ましい問題ではあります。

 

契約時の条件で保証人や保証会社の利用

基本的にはエイブルが保証会社の利用を必須条件として

求めることはありません。

 

あくまでも、物件を管理する大家さん側の姿勢で

必須なのか保証人でも対応するのかが

きまるという条件です。

 

やはり、同業他社では保証人ではなく、

保証会社が必須であることも多いです。

 

一方で、不動産会社によっては保証会社を利用すると

費用がかかるので申し訳ないと非常に良心的な

対応をしてくれるところがあります。

 

エイブルで連帯保証人で入居したいという相談をすれば、

叶う物件の紹介はありえます。

 

重要事項説明と契約

賃貸契約の締結の前に重要事項説明書の説明が

宅建士の有資格者から説明があります。

 

適切に行われていますけれども、

完璧ではないかもしれません。

 

 

やはり賃貸の契約は売買との比較では、

日照、眺望、電波障害などについては

ざっくりとした説明になります。

 

ちなみに私が入居した部屋は、建物の形状に関係があるのか、

ラジオの受信状況が悪かったです。

 

ラジオの電場が入りにくいということについては、

重要事項説明では説明がありませんでした。

 

まあ、こちらとしても、その程度のことは

仲介する業者の説明不足を問い詰めたりしなかったです。

 

ラジオが入らない場合は、ラジコという

方法もありますけれども、

気になる方は部屋を決める段階でラジオを

持参したほうがいいかもしれません。

 

ネット回線

ネット回線についても、エイブルが指定する業者が

特にあるわけではありません。

 

引っ越しするときに気になるのは、

NTT光やau光などの光回線工事が済んでいて「マンションタイプ」

の料金体系でインターネットが利用できるかどうかが知りたいところです。

 

エイブルと言えども、インターネット業者ではありませんので、

インターネットの利用状況までは説明してくれません。

もしもマンションタイプが利用できる物件であれば、

エキサイト光が業界最安値で利用ができます。

 

しかも、2年しばりなどの条件もないので、

違約金も基本的には考えなくていいので、

入居後に他社への乗り換えをしても問題ない点が良い業者です。

 

ただし、無線でWi-Fiなどを利用して工事なしで

即効で利用したいなどニーズはいろいろです。

「引っ越しラクっとNAVI」を活用することで、

 

不動産会社が紹介する回線業者より安く利用できたなど、

 

いろいろな選択肢が広がります。

 

インターネットの引越しも【引越しラクっとNAVI】

から、引っ越し予定の部屋でどんなプランが利用できそうなのか

相談してみましょう。

 

火災保険

エイブルで火災保険を斡旋してくれます。

 

火災保険についても、募集を代理店として行う

エイブルの収益の1つになっています。

 

自分でネットで調べて最安値の火災保険に加入したいと言っても

難しいのが現状です。

 

私の場合は、高いのか安いのかはともかく、

エイブルが斡旋してくれた火災保険会社に加入しました。

 

入居後に自転車バイク置き場にとめてあったバイクが盗難にあった

ことがありました。

 

火災保険会社に問い合わせると、賠償の対象になるということで、

ある程度は保証してもらえました。

 

大家さんにはちゃんと物件を管理して欲しいという

要望はありましたけれども、

保険に加入していたおかげで

怒りは半分、おさまりました。

 

入居前の点検

入居前に建具の不具合などについて確認を

担当の営業マンがしてくれて報告してくれました。

 

+評価ですね。

 

仲介手数料と更新料や更新手続き

エイブルの細大の売りは、仲介手数料0.5ヶ月分である点です。

 

宅建業法によると、賃貸物件の仲介手数料は

1月分を上限として貸主、借主から徴収できるとあります。

 

一般的な不動産会社は大家さんが大切なので、

  • 大家さんの仲介手数料0
  • 入居者の仲介手数料1ヶ月

 

として運用する会社が多いです。

 

エイルブルは入居者負担を半分にしてくれている点は

高評価です。

 

ただし、入居後、更新時の契約書作成業務をエイブルは請け負う点が

収益の大きな柱にもなっているはずです。

 

契約期間は2年間が一般的です。

 

大家さんや入居者のことを考えてくれている不動産会社は

契約期間3年という会社もあります。

 

つまり、1回更新すれば入居者は

3年+3年の合計6年入居してくれます。

 

エイブルの場合は、普通通りの2年契約です。

 

6年入居すると、2回更新手数料を支払う必要が出てきます。

 

私がエイブル物件を退去したのも、

更新料の家賃1ヶ月分のお金があれば、

 

引越し先の仲介手数料が支払えると感じたことです。

 

今時、更新時の手数料を1月分も徴収する不動産会社は

少なくなっているかもしれません。

 

エイブル物件から引っ越しをした物件の更新時の事務手数料は

1万円程度です。

 

大東建託などは更新料無料を打ち出しています。

 

ただし、エイブルでも更新料無料の物件は多数取り扱っていますので、

契約前に更新料がどの程度かかるのか

よく確認をしてからエイブル物件にするかどうか

考えたほうが良いといえます。

 

私の場合は、結局エイブルに、仲介手数料と更新料の合計で、

8年間で、家賃の3.5ヶ月分を支払いました。

 

入居者側って本当に立場が弱いですよね。

 

退去時の精算

退去時の精算についてはエイブルが管理する物件では、

常識的な範囲での精算でした。

 

敷金の1月分以内での精算となっています。

 

エイブルが賃貸管理はしていても

建物管理はしていない場合には

建物管理をする大家さんなどの意向によって

精算の仕方が変化するのでどんな大家さんなのかを

エイブルに確認しておくことは必要です。

 

また、更新料を支払った実績があっても、

特別、入居者側を応援してくれるわけではありません。

 

入居するときは大家さんに、フリーレント、礼金のカットなど

頑張ってくれますけれども、

 

去るときは、「あばよ」って感じです。

 

ただ、悪い会社ではないので、また引っ越しする機会があれば、

お店には行ってみて比較検討はするつもりです。

 

以上、引っ越しするときに参考になさってください。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ