積和不動産で積水ハウス施工物件の売却ってどうよ?評判や口コミは?



積水ハウス施工の物件のオーナーは、

家を売却することになったときも、

建築主である積水ハウスへ相談する方が多いです。

 

長年住んできて、長期間、修繕や定期点検、

リフォームなどは積水ハウスへおまかせすれば安心という

これまでの習慣があるため、

 

売却するときも積水ハウスへ相談をするという

ことにつながっています。

 

積水ハウスは建築会社でもあり、不動産会社でもありますが、

基本は建築業が中心です。

 

積水ハウス施工の中古戸建の売却仲介については、

子会社の積和不動産が行っています。

 

積和不動産と言えば、積水ハウス施工の賃貸アパートの

賃貸管理を行っている会社としても知られています。

 

一方で、売買の仲介業務にも積極的で積水ハウス施工物件の

売却仲介業務が主力です。

 

安くはない積水ハウスで建築したオーナーの立場としては

「高く、早く、スムーズ」に売却をしたいところですけれども、

積和不動産の評判、評価、口コミが気になるところです。

 

具体定期に積和不動産の売却査定や仲介業務についての

評価・評判・強みなどを同業他社との比較で確認していきましょう。

 

 

積水ハウス施工物件のオーナーの売却は積和不動産が仲介実績は多い!

積和不動産は積水ハウスの子会社として積水ハウスで建築したオーナーへの

住み替えサービスを行う会社と言ってもいいでしょう。

 

積水ハウスの建売りを購入して仕事の関係などで、

1年で売却をしてしまう人もいます。

 

あるいは、30年も住んで家族構成の変化があったり、

親が亡くなって、子供や配偶者が売却をして

引っ越しをする場合もあります。

 

いろいろな方が積水ハウスで建築をした家に住んで、

売却するタイミングが来ると、積和不動産に

いくら位で売却ができるのか相談をするというわけです。

 

積水ハウスにいの一番に相談する方は他社との比較もなく、

積水ハウスの不動産部である積和不動産へ何の疑問もなく、

売却の仲介を依頼するわけです。

 

積水ハウスの建築棟数はハウスメーカーでダントツの1位です。

 

積水ハウス施工物件には施工数が多いだけ、

売却のニーズも多いわけで、

 

積和不動産は棚ぼた的に売却物件が舞い込んでくるという

ポジションにあります。

 

良く言えば、積水ハウス施工の中古物件の仲介実績は

豊富であると言えます。

 

積和不動産は大手や中小の不動産との比較でガツガツしてないと評判?

一般的に中小でも大手でも不動産会社の営業マンといえば、

ガツガツした肉食系のイメージがあります。

 

実際に、取引金額が大きいですから、1棟の売買の仲介手数料も

3%+6万円ですけれども、非常に大きな金額を獲得できます。

 

例えば、積水ハウス施工物件で4000万円で売買の仲介が成立すれば、

126万円(税別)の仲介手数料になります。

 

買主と売主の両方を仲介すれば、126万円✕2=252万円(税別)の

仲介手数料がてにはいります。

 

100万円の仲介手数料を獲得した場合に、

営業マンにどの程度配分されるかは会社にもよるのでしょうけれども、

1万円や2万円ではないことは確かでしょう。

 

不動産屋の営業マンにガツガツするなと言う方が無理な話ですよね。

 

そして、積和不動産といえば、営業マンがガツガツしてないのが

特徴的で、不動産屋の営業というより、

 

普通の会社の営業部ではないサラリーマンと言う雰囲気。

 

不動産業界の問題として、中小零細や大手であるかにかかわらず、

「囲い込み」といって、売主から売却を依頼された物件を

どうしても、自社で買主も見つけて、

 

売主からも買主からも手数料をいただこうとする

拝金主義が批判されたりします。

 

積和不動産は、囲い込みをするような悪評は聞いたことがありません。

 

やはり、積水ハウスで建築してくださったオーナー(売主)を

大切にする精神があるのかもしれません。

 

しかも、積和不動産はミサワホームのようなフランチャイズ形式でも

なく、100%直営店であって、

 

積水ハウスグループの一員であるという自負や責任も

強いのかもしれません。

 

積和不動産で売却って本当のところはどうよ?口コミは?

積和不動産の仲介で売却をする場合に、

囲い込みをしたりしないので、

 

できるだけ早くスムーズに他業者との協力を得ながら、

成約を目指している姿勢は高評価です。

 

ただ、会社が大きすぎるのか、そして、あまり歩合給を

強く押し出していない給料体系なのか、

貪欲さには欠けるということは言えるかもしれません。

 

売却を依頼されたオーナーの期待に応えようと精一杯頑張っているでしょうけれども、

9月や3月の転勤、配置転換などが行われるシーズンになると、

他の担当者に変わってしまうことがあります。

 

積水ハウス施工の自宅を積和不動産の仲介で、契約済みだったのに、

引き渡しには担当者が来てくれなかったという口コミもあります。

 

家を売却して引っ越しをするという人生の節目に最初から、

最後まで徹底的に面倒をみるという雰囲気ではないということです。

 

積和不動産はブラック企業のように社長の気分で営業マンが辞めさせられた、

と言うような会社ではないです。

 

会社が大きいので、中古戸建の仲介を命じられていたかと思えば、

新築の建売りの販売の部署に移動になることもあるわけです。

 

途中で担当者が変わったりすると、引っ越しをするときに、積和不動産の営業マンには

苦労をかけたという感謝の気持ちが半減しそうです。

 

ただし、どの営業マンに引き継がれたとしても、

基本的には宅建士の資格はほぼ全員が所有しているでしょうから、

一定の安心感はあります。

 

いずれにしても、コテコテの営業マンは苦手だ、

変に恩着せがましい人は嫌だという方には

ピッタリの不動産会社が積和不動産とも言えるでしょう。

 

積水ハウス施工物件を高く売るのは積和不動産なのか?口コミや評判をチェック

通常は積水ハウス施工の物件は積和不動産1社だけに

問い合わせることが多い中で、

 

オーナーの中には念のために、地元の不動産会社や

大手の三井不動産、住友不動産、東急リバブルなどへあわせて、

問い合わせる人もいます。

 

家の売却と言えば、知名度の高さは積和不動産より、

財閥系、電鉄系の不動産会社の方が高いことも影響しているでしょう。

 

積和不動産は「この地域で不動産を探している人がいらっしゃいます。」といった

チラシを投函することはありません。

 

しかし、大手の不動産会社であれば、

毎週のように、チラシを投函したり、

 

積極的な営業展開をしていますので、

チラシをみて売却査定を依頼する人もいるはずです。

 

では、積和不動産とその他の不動産会社でどちらが

高く、早く、スムーズに売却をすすめてくれるのでしょうか?

 

積和不動産とその他の不動産会社では査定の仕方が違う?積和不動産の強みは?

積和不動産の強みは、積水ハウスで施工された商品名や

施工されたコストを知り尽くしているので、

 

建物価格の売却査定は比較的信憑性が高いといえます。

 

その他の不動産会社は建売りでも注文住宅でも、

積水ハウス施工であることを考慮した上で、

築年数とおおよその坪単価で計算をすることになります。

 

積和不動産は比較的築浅の積水ハウス施工物件については、

商品の内容をしっかりと購入検討者へアピールすることができる点で

強気で販売できるという点は高評価です。

 

ただし、真剣に積水ハウス施工物件をできるだけ高く好条件で

売却をしようとする不動産会社なら、

 

最寄りの積水ハウスのお店に商品のパンフレットを取り寄せたり、

売主の持つパンフレットを参考にして、

 

積水ハウス施工物件のグレード、品質を購入希望者へ的確に伝えて、

売主の売却希望価格で売却できるように取り組むはずです。

 

また、不動産仲介のブランドの強さでは財閥系の

三井のりハウス(三井不動産)や住友不動産販売には、

優良顧客が集まる可能性が高いです。

 

一方で、積和不動産に問い合わせると積水ハウス施工の物件が購入できるということを

知っている人は少数です。

 

積和不動産は大手不動産であり、積水ハウスグループである点で安心感も高いですけれども、

強い集客力という点を考慮すると、

 

財閥系である住友不動産販売「売却問合」 もあわせて比較検討するのが

いいかもしれません。

 

特に、関西出身の方は、関西の財閥である住友には

馴染みがあるかもしれませんね。

 

後は、会話をしてみて、フィーリングや相性もありますので、

この会社だと思ったところへ依頼するのが良い方法ではないでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ