ぎっくり腰と腰痛予防=「効き尻への偏りを治す座り方」とは?



ぎっくり腰予防する方法はいろいろな方法があります。

 

「その原因Xにあり」に出演されたメディカルトレーナーの

伊藤和麿先生によると、

 

 

左右どちらかのお尻に体重がかかりやすい「効き尻」が

あることで

 

腰へ負担が蓄積しやすくなってしまうことで

 

ぎっくり腰や腰痛になってしまうといいます。

 

 

お尻の左右にバランス良く体重がかかっていないことが

ぎっくり腰の原因とも

言い換えることができるかもしれません。

 

番組で紹介されたスタック・シッティングの他に

効き尻への偏りをなくしていくことも1つの対策です。

 

また、腰痛やぎっくり腰予防になる対策としては、

骨盤の歪みをつくらない座り方と利用する椅子が大切です。

 

 

効き尻とは?

 

メディカルトレーナーの伊藤和磨先生によると

利き腕や利き足があるように、

 

お尻にも効き尻があるといいます。

 

効き尻があるのは仕方ないとしても、

左右どちらかに偏った姿勢を取り続けることが

腰回りの不調の原因になってしまうというわけです。

 

メカニズムとしては左右どちらかに偏った姿勢で座り続けることで

骨盤に歪みが生じます。

 

骨盤の歪みが生じた状態で頭で体のバランスを取ろうとするために

背骨が曲がることになります。

 

そして、背骨が湾曲した状態が継続してしまうと、

 

腰の靭帯や筋肉に疲労物質がたまって腰痛がでてきたり、

ある日突然、ぎっくり腰を発症してしまいます。

 

ぎっくり腰になりやすい効き尻に偏った悪い姿勢の例は?

足組み座り

実際に、骨盤に負担がかかる悪い姿勢の例としては、

 

足組座り・・・「骨盤が後ろに倒れて」なおかつ「ねじれ」るため、椎間板にかかるストレスが増してぎっくり腰に。

すべり座り・・・関節に隙間が空き腰椎が横にズレやすく腰が無防備に。

脚を流すモデル座り・・・骨盤が傾き腰にストレスをかける。

 

の3つが極端な例として指摘されています。

 

効き尻による腰への負担を軽減する姿勢が「スタック・シッティング」

 

腰に負担がかからない座り方として

「スタック シッティング」が紹介されています。

 

スタックシッティングとは

次のような座り方で最も腰に負担が少ない座り方です。

 

  1. お尻を突き出し椅子の先端に座る
  2. 足を前後に開く(右足を前なら、左足は後ろへ)
  3. 前足の小指を床につけるように足首を曲げる
  4. 後ろ足は膝を深く曲げて、つま先を立てる
  5. 股を少し開いて姿勢を安定させる

 

椅子に腰掛けている状態で腰に違和感があったり、

腰痛を感じる人は試してみてはいかがでしょうか?

 

伊藤和磨先生の本

 

メディカルトレーナーの伊藤先生自身もぎっくり腰の経験者として

その体験を元にした著書も書いています。

 

痛みと歪みを治す健康ストレッチ

という本では、様々なストレッチ方法が

説明されていますので、

腰痛を自宅で治療したいという方には

お薦めです。

腰痛予防になる悪い姿勢を是正するには椅子も大切!

 

伊藤先生が指摘した、左右のお尻のどちらかに偏っている座り方を

是正することが腰痛を治すために必要な場合が

実際に多いはずなのです。

 

座り方はスタック・シッティングという方法があることがわかりましたが、

そもそも、椅子がしっかりしていないと

 

腰痛が出てしまいます。

 

椅子が水平であるはずなのに、左右どちらかに

傾きがあるなら

 

椅子を交換するほうがいいです。

 

一般的には椅子は水平に保たれているはずですが、

椅子の座る部分が硬いために、

 

座布団などのクッションを敷いて座っている場合は

座布団やクッションに凸凹があると

 

結果的に左右どちらかのお尻に負担がかかってしまうということにも

なりかねないので注意が必要なのです。

 

要するに、椅子の座り心地が悪いことで、

左右どちらかのお尻に体重がかかることが

 

骨盤の歪みを生じて腰痛を発生することが

あるので注意しましょう。

 

 

ボディメイクシート スタイルという腰痛対策グッズは

 

すでに利用している椅子に置いて、

利用します。

 

腰痛対策と、正しい姿勢を維持するのに

役立つので、長時間のデスクワークをする人に

お薦めです。

 

 

 

椅子そのものの座り心地を改善するには、

オカムラ オフィスチェア CG-M 肘なし メッシュタイプ ホワイトフレーム グレー CG11WR-FZK2

岡村製作所の椅子など、

信頼できるメーカーの椅子を利用することを

おすすめします。

 

岡村製作所の椅子は銀行などデスクワークが多いオフィスで

多く採用されています。

 

業務効率に椅子の座り心地がよいことは

クッションなども不要で、

 

腰に負担がかからず、腰痛やぎっくり腰の予防にも

つながります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ