みかんの外皮=陳皮はβクリプトチサンキンを含むがん予防サプリ!ジョブチューンで



愛媛県は大腸がんの死亡率が低いことで知られているのですけれども、

愛媛県には愛媛みかんやポンカンといった

 

特産品、県民食があるおかげで

がんになりにくいという指摘もあります。

 

TBSテレビ系「ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」では

『名医たちがぶっちゃけ!病気を予防する最強の食べ物SP!』 と題して、

 

病気を予防する効果が期待できる食材について

専門医が食材を紹介しています。

 

特に、がん予防については免疫力について

多くの本も書いている

 

 腫瘍内科専門医の星野泰三医師が

がん予防効果があるとされる

 

βカロテンの倍以上の活性酸素を抑える作用がある

βクリプトキサンチン

 

豊富に含む食材としてみかん、

みかんの外皮を紹介しています。

 

みかんの外皮を干して粉末状にしたものは

漢方生薬の陳皮(ちんぴ)として活用されているので

 

サプリとしても活用できるものです。

 

βクリプトキサンチンを豊富に含む

がん予防サプリ=陳皮の購入法や作り方についても

紹介していきます。

 

 

がん予防効果が期待できるβクリプトキサンチンが「ジョブチューン 」で紹介

 

『名医たちがぶっちゃけ!病気を予防する最強の食べ物SP!』で

紹介された抗癌作用が期待できる成分はβクリプトキサンチンです。

 

がん予防効果があるものの代表としてよく知られている

ニンジンですけれども、

 

ニンジンにはβカロテンが抱負に含まれることが知られています。

 

βクリプトキサンチンはβカロテン以上に、

活性酸素を抑える効果があるといいます。

 

星野泰三医師が紹介したβクリプトチサンキンのがん予防の効果とは?

 

具体的にβクリプトキサンチンを多く摂取する人は

そうでない人に比べて、

 

肺がんの発症率が6割減、

子宮頸がんの罹患率が6割減

食道がんの発症率が8割減

 

というデータを示しています。

 

愛媛県は大腸がんになりにくい県民として知られる

みかん

柑橘類の中でも温州みかんに

βクリプトキサンチンが最も多く含まれる

ということもあって、

 

大腸がんに最もかかりにくい県として

愛媛県が紹介されています。

 

温州みかんにはオレンジの60倍もの

βクリプトキサンチンが含まれることも

紹介されています。

 

参考記事⇒愛媛県「じゃこ天」が大腸がんを抑制? 県別死亡率ワーストランキングに影響する県民食!

 

 

βクリプトチサンキンのサプリとして利用できる陳皮=「みかんの外皮」は通販で購入可能

 

βクリプトキサンチンはミカンの実のぶぶんだけではなく、

むしろ、外皮の部分に豊富にふくまれています。

 

みかんの外皮を干して粉末状にしたものは

漢方では陳皮(ちんぴ)とよばれる生薬として

幅広く漢方薬に利用されています。

 

星野泰三先生は1日にスプーン1杯程度の陳皮を

サプリのように服用することを薦めています。

 

購入方法としてはスーパーや薬局では見かけることが少なく、

アマゾンなどの通販で手に入れることができます。

 

陳皮の作り方は?

 

冬場にみかんを買ったときには愛媛県民のように

皮ごと食べるとβクリプトキサンチンを取ることができます。

 

皮ごと食べるのがちょっと抵抗がある場合には、

みかんの外皮を干して陳皮を作ることができます。

 

  1. みかんの皮を殺菌するために80度Cくらいのお湯に3分くらいつける
  2. みかんの皮を水洗いしてキッチンペーパーで水気をとる
  3. 風通しの良い場所で数日間カリカリになるまで乾燥させる
  4. 乾燥したみかんの外皮を麺棒などで叩いて砕く

 

以上のような手順ですから比較的簡単に取り組めます。

 

面倒な方は、陳皮 Amazonを チェックしてみてください。

 

βクリプトキサンチンを含む食材は?

 

βクリプトキサンチンを含む食材としてはみかんの他に、

りんご、パパイヤ、ホオズキなどにも含まれています。

 

参考記事⇒海老蔵 青森で食べたリンゴは「ガンを治す血液をつくる」効果?麻央の病状改善にも!

 

星野泰三 腫瘍内科医の本を紹介

星野泰三先生は多くの著書を書いていますけれども、

腫瘍内科医として

 

免疫力を高める方法についての本が多いです。

病気にならない免疫力を高める食事法では

みかんに限らず、多くの食材を紹介しています。

 

がん予防だけではなく、風邪を引きにくい体質になったりなど

病気を予防するための参考書として

活用できるのではないでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ