首都直下型地震に備えてマンション購入は免震構造を!熊本地震では耐震性が証明!



首都直下型地震はいつ起きてもおかしくはない

周期に入っています。

 

熊本地震を受けて、マンションや病院施設などで

免震構造で建築されているマンションについて、

 

国が被害の状況を調査した結果を発表しています。

結論から言えば、免震構造のビルは地震に強かったことが

証明されています。

 

これから東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏でマンションを購入するときの

1つの目安は免震構造になっているか、免振装置が装備されているかも

マンション選びの1つのポイントになるでしょう。

 

 

首都直下型地震を想定して、マンション購入で築古マンションはダメなのか?

マンションを購入するときに、古いマンションは100%ダメとは言い切れません。

 

人それぞれに考え方がありますので、安ければ、

予算の関係上、耐震性については

 

価格で妥協するということも妥当な考えです。

 

ただし、この考え方が妥当だと思われるのは想定されている首都直下型地震の

ような巨大地震がなければという前提があります。

 

熊本地震では築年数が古いピロティー形式の

分譲マンションが倒壊しています。

 

大地震で倒壊して住めなくなってしまっては

安かろう悪かろうという買い物になって、

 

結果的に割高な買い物になってしまいます。

 

また、日々、大地震におびえて、不安な日々を過ごすというのも

精神的なストレスが大きくなります。

 

熊本地震後、マンション購入の注意点は壁の亀裂!旧耐震基準物件一覧

では実際に被災したマンションも一部紹介しています。

 

熊本地震での免震構造のマンションの揺れの状況や被害状況は?

免振装置についての問い合わせがこのところ、

オイレス工業などの免振装置を手掛ける企業へ増えているといいます。

 

熊本地震での被害が甚大でしたし、震度7を2回も記録した地震は

前代未聞の出来事でした。

 

今でも余震活動が続いています。

 

免振構造の建物について国が熊本地震での被害状況を

調査した結果が2016/6/1に出ています。

 

平成28年熊本地震による(免振建物に関する調査)

という報告です。

 

報告内容を見ると、熊本市中央区にあったC集合住宅は

2007年新築、地上13階建て、RC構造のマンションの事例でしたが、

 

震度6を記録した場所にも該当しています。

 

このマンションの熊本地震をうけた、被災状況は次の通りです。

 

  • 構造躯体に亀裂が入っていないことが目視で確認できている
  • 5階の住人の住戸では2度の大きな(前震、本震)揺れで家具の転倒はなかった

という状況が報告されています。

 

東日本大震災では首都圏でも震度5程度の大きな揺れで、

マンション5階部分に住んでいた方はテレビが倒れて

 

損害を被ったなどの話を聞いたことがありますから、

熊本地震の震源に近い場所にあるマンションで、

 

室内のものが倒れないというだけでも、

免震構造の効果は立証されているといえるでしょう。

 

首都直下型地震を想定して、マンションの資産価値を落とさないためにも免震構造であることもポイントに

国が調査結果を公表した熊本市中央区のマンションですが、

仮に、今後、売却するようなこともあるでしょう。

 

その時に、マンションが免振構造になっているという点は

買い手にとっては非常にアピールできる点です。

 

また、あの時の熊本地震の被害状況はどうでしたか?

という質問は業者からも見学をしに来る、

購入検討者からも質問が出るでしょう。

 

その時の回答が、

「部屋の中がめちゃくちゃになって

マンションには亀裂が入りました」

という地震を体験したマンション住人の回答と、

 

「マンションに亀裂もなく、家具も倒れることはありませんでした」

と回答するのでは、

 

買い手にとってどちらが安心感が高いでしょうか?

 

地震の揺れに弱いマンションはそのことに付け込まれて、

価格交渉もさえる要素にもなるでしょうし、

 

地震の揺れが大幅に軽減された安心感の高いマンションは

強気で値引き交渉も跳ね返せるのではないでしょうか?

 

つまり、マンションが免震構造を備えているかどうかで、

資産価値、売却するときの価格にまで影響を与えてしまいかねない

ことがわかります。

 

仮に、今後マンションを首都圏で購入をして、

首都直下型地震に遭遇したとすると、

 

住んでいるマンションが免震構造か否かで

その後のマンションの資産価値にも

 

影響を与えかねないということも

熊本地震から学ぶ教訓です。

 

今後、マンション購入の相談時は、

免震構造ですかという質問も増えていく気がします。

 

マンションという建物を評価する基準の1つとして、

より注目を浴びるでしょう。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析