熊本地震後、マンション購入の注意点は壁の亀裂!旧耐震基準物件一覧



熊本地震をうけて被害を受けたマンションも住民の同意を得て

管理費修繕積立金を利用したり、一時金を徴収して

 

マンションの壁の亀裂やタイルの落下などの費用に充てる必要があります。

 

これから中古マンションを取得する人は

分譲マンションの被災状況を確認することは大切な要素です。

 

東日本大震災では首都圏でも震度5クラスの地震に見舞われて

マンションにも大なり小なりの被害が発生しました。

 

特に注意すべきマンションは築年数が古い

旧耐震基準(1981年以前)で建築されたマンションです。

 

具体的に熊本県で旧耐震基準で建築されていると

推測されるマンションの一覧を紹介します。

 

 

築年数が古い旧耐震基準のマンションの購入に注意すべき理由は東日本大震災でも被災状況が厳しかったから!

 

マンションを中古で購入する人が気になることは

被災地では大地震があった時の被災状況です。

 

マンションという高額な商品を購入するにあたって、

東日本大震災や熊本地震で大丈夫だったのだろうかという

心配が脳裏をかすめます。

 

東日本大震災を受けて、築年数が浅いマンションですらタイルが落ちる

位のことはありました。

 

マンションは外壁がタイル張りになっているものがありますので、

タイルが落ちるくらいはお飾りですからご愛嬌で心配はないかもしれません。

 

タイルを張りなおす程度の修復費用も大きくはかかりませんから

修繕積立金の枯渇問題にもなりません。

 

一方で築年数が古いマンションは東日本大震災での

被害が大きかったように感じています。

 

旧耐震基準ではなく新耐震基準なのだけれども、

室内のコンクリートででいている壁に亀裂が入っている

1990年頃に完成した某マンションを見たことがあります。

 

マンションを明らかに支えているだろうと思われる

主要構造部の1つである鉄筋コンクリート部分に

 

亀裂が入ったということは強度が落ちることにも

繋がっていきます。

 

(※室内を区切っているだけの木製の壁の被害は問題ありません)

 

東日本大震災をうけて、全般的な傾向としては

 

旧耐震基準で造られた築年数が古いマンションでは

特に壁などの部分での亀裂が酷かった状況がありました。

 

マンションに入るエントランス部分にも亀裂が入り、

エントランスを通り、共用部分の廊下の壁にも

 

深くて長い亀裂が斜めに入っているのを見ると

ちょっと怖くて住めそうもないと感じたものです。

 

東日本大震災の時に旧耐震基準で設計されているマンションで

亀裂が酷かったマンションも

 

今では修復が完了していて綺麗になっていて

当時の恐怖感はもう誰もわからなくなっています。

 

また、旧耐震基準の時期に

建築されたマンションでも、

 

耐震診断をした結果では新耐震基準並みの

強度があると診断はされている

 

被害が小さく心配の小さいマンションもあります。

 

ですからあくまでも一つの目安として活用をしてください。

 

熊本地震の被災地で旧耐震基準のマンションの注意点とは?

分譲マンションは熊本市内を中心に建築されています。

ほとんどのマンションは新耐震基準で建築されています。

 

熊本地震でのマンションの被災状況は明確には

なっていません。

 

東日本大震災を教訓にするなら1981年6月に建築基準法で

耐震基準が変更されましたので、

 

1981年以前に完成したマンションについては

注意をする必要があるかと思われます。

 

熊本市東区~中央区については新断層の存在も

あるのではないかと現在推測されています。

 

それだけに耐震性についてはこれからは注意をして

中古マンションを選んでいく必要があります。

 

1981年という時期を目安にして旧耐震基準で建築されている

可能性が高いマンションを列挙していきます。

 

古いマンションを購入するときは耐震診断結果がどうなっているのか

については説明を受けた方がいいでしょう。

 

耐震診断結果はなく耐震性がどうなのかはわからないという

説明もあり得るので耐震性に対して不明確であるという点に

妥協するかしないかは各自の判断になります。

 

耐震診断結果がない旧耐震基準のマンションの場合に

購入するか見送るかを自分だったらどう判断するかを

あらかじめ方針として持っておくべきです。

 

また、余談ですが住宅ローンを利用してマンションを購入しようという方は

旧耐震基準のマンションの評価が低いので

 

ローンの対象にならない場合もあるので、

比較的新しいマンションを選ぶことをお勧めします。

 

熊本市東区、北区の旧耐震基準のマンションは?

熊本市東区と北区では旧耐震基準で建築されている

分譲マンションはありません。

 

賃貸マンションはあり得るかもしれませんが、

マイホーム購入には該当しないので省略します。

 

熊本市北区出身で北区在住のタレントのマンションについては

⇒熊本地震でスザンヌ妹のマンション赤紙貼られたが新耐震基準だった?

をご参照ください。

 

熊本市西区の旧耐震基準で建築されているマンション一覧

熊本市西区には分譲マンションが、43物件あるのですが、

明らかに1981年以前に完成しているのは1つだけです。

 

 

 

  • 名称:第2京町台ハイツ
  • 住所:熊本県熊本市西区出町1−5
  • 交通:熊本市健軍線「辛島町」駅バス8分徒歩1分
  • 新築年月:1974年07月
  • 構造:鉄筋コンクリート造9階建て

 

第2京町台ハイツは1階部分の駐車場がつぶれてしまい、

駐車場に置いてあった

車やバイクも押しつぶされていました。

 

 

 

1階部分が店舗の部分は潰れていませんから、

旧耐震基準というだけではなく、

 

ピロティ構造である点が災いしているケースでもあります。

 

⇒熊本地震で1階駐車場部分が崩落マンションの事例!ピロティ構造の弱点についてはこちら!

 

また、マンション建築には1年単位で時間を要するので、

1982年に完成している西区のマンション3物件についても

旧耐震基準である可能性があるので、以下に

列挙します。

 

  • 名称:コープ野村上熊本A棟
  • 住所:熊本県熊本市西区上熊本1−9−40
  • 交通:鹿児島本線「上熊本」駅徒歩4分
  • 新築年月:1982年02月

 

  • 名称:グリーンコーポ熊本A棟
  • 住所:熊本県熊本市西区春日1−14−23
  • 交通:鹿児島本線「熊本」駅徒歩3分
  • 新築年月:1982年07月

 

  • 名称:グリーンコーポ熊本B棟
  • 住所:熊本県熊本市西区春日1−14−24
  • 交通:鹿児島本線「熊本」駅徒歩3分
  • 新築年月:1982年07月

 

熊本市南区の旧耐震基準で建築されているマンション一覧

熊本市南区では分譲マンションが23物件あります。

そのうち旧耐震基準で施工されている可能性があるのは

1物件だけです。

 

  • 名称:近見みのりマンション
  • 住所:熊本県熊本市南区日吉1−1−11
  • 交通:鹿児島本線「川尻」駅バス6分徒歩1分
  • 新築年月:1981年10月

熊本市中央区の旧耐震基準で建築されているマンション一覧

熊本市中央区には分譲マンションが309物件あります。

1981年以前に完成しているマンション一覧を列挙します。

 

  • 名称:グリーンハイツ
  • 住所:熊本県熊本市中央区京町2−12−27
  • 鹿児島本線「上熊本」駅バス2分徒歩2分
  • 新築年月:1973年12月

 

  • 名称:マンション水前寺アイリス
  • 住所:熊本県熊本市中央区上水前寺1−7−12
  • 交通:豊肥本線「新水前寺」駅バス6分徒歩2分
  • 新築年月:1974年07月

 

  • 名称:ガーデンコーポ水前寺
  • 住所:熊本県熊本市中央区水前寺1−22−15
  • 交通:熊本市健軍線「国府」駅徒歩2分
  • 新築年月:1974年11月

 

  • 名称:シャトー白山
  • 住所:熊本県熊本市中央区菅原町13−1
  • 交通:豊肥本線「南熊本」駅バス3分徒歩4分
  • 新築年月:1974年12月

 

  • 名称:フラワーマンション九品寺
  • 住所:熊本県熊本市中央区九品寺2−2−21
  • 熊本市健軍線「交通局前」駅徒歩3分
  • 新築年月:1975年01月

 

 

  • 名称:グリーンコーポ三牧
  • 住所:熊本県熊本市中央区練兵町27
  • 交通:熊本市上熊本線「西辛島町」駅徒歩1分
  • 新築年月:1979年07月

 

  • 名称:コーポ水前寺
  • 住所:熊本県熊本市中央区水前寺5−1−4
  • 豊肥本線「水前寺」駅徒歩8分
  • 新築年月:1979年12月

 

  • 名称:ハイムサンシャインA棟
  • 住所:熊本県熊本市中央区練兵町28
  • 交通:熊本市上熊本線「西辛島町」駅徒歩1分
  • 新築年月:1980年10月

 

  • 名称:ハイムサンシャインB棟
  • 住所:熊本県熊本市中央区練兵町28
  • 交通:熊本市上熊本線「西辛島町」駅徒歩1分
  • 新築年月:1980年10月

 

  • 名称:パールハイム
  • 住所:熊本県熊本市中央区細工町4−9−1
  • 熊本市健軍線「祇園橋」駅徒歩2分
  • 新築年月:1980年08月
  • 名称:ジーエスハイム筑紫
  • 住所:熊本県熊本市中央区南坪井町7−7
  • 交通:熊本電気鉄道「藤崎宮前」駅徒歩1分
  • 新築年月:1981年10月

 

  • 名称:ユニオンハイツ
  • 住所:熊本県熊本市中央区大江本町1−36
  • 交通:熊本市健軍線「交通局前」駅徒歩4分
  • 新築年月:1978年11月

 

  • 名称:リバーサイドロイヤルビル
  • 住所:熊本県熊本市中央区九品寺1−8−23
  • 交通:熊本市健軍線「水道町」駅徒歩6分
  • 新築年月:1976年10月

 

  • 名称:ロゼ九品寺
  • 住所:熊本県熊本市中央区九品寺1−4−3
  • 交通:熊本市健軍線「九品寺交差点」駅徒歩3分
  • 新築年月:1980年02月

 

  • 名称:上通スカイハイツエクセル
  • 住所:熊本県熊本市中央区水道町2−15
  • 交通:熊本市健軍線「水道町」駅徒歩3分
  • 新築年月:1975年07月

 

  • 名称:上通センタービル
  • 住所:熊本県熊本市中央区上林町1−28
  • 交通:熊本市健軍線「通町筋」駅徒歩7分
  • 新築年月:1978年06月

 

  • 名称:京町サンライズハイツ
  • 住所:熊本県熊本市中央区京町2−12−45
  • 交通:鹿児島本線「上熊本」駅バス2分徒歩1分
  • 新築年月:1974年09月

 

  • 名称:桜町ハイム
  • 住所:熊本県熊本市中央区桜町1−25
  • 熊本市健軍線「花畑町」駅徒歩5分
  • 新築年月:1980年11月

 

  • 名称:浄行寺マンション
  • 住所:熊本県熊本市中央区坪井4−13−32
  • 熊本電気鉄道「黒髪町」駅徒歩10分
  • 新築年月:1979年03月

 

  • 名称:神水みのりマンション
  • 住所:熊本県熊本市中央区神水1−8−9
  • 交通:豊肥本線「新水前寺」駅バス5分徒歩3分
  • 新築年月:1980年10月

 

  • 名称:草葉マンション
  • 住所:熊本県熊本市中央区草葉町4−5
  • 交通:熊本市健軍線「水道町」駅徒歩7分
  • 新築年月:1978年12月

 

  • 名称:藤和花畑コープ
  • 住所:熊本県熊本市中央区桜町5−10
  • 交通:熊本市上熊本線「洗馬橋」駅徒歩3分
  • 新築年月:1980年11月

 

以上が1981年以前の分譲マンションです。

 

1982年に竣工したマンションが1つありますので、

参考までに。

  • 名称:シャンボール練兵町
  • 住所:熊本県熊本市中央区練兵町85−7
  • 交通:熊本市健軍線「慶徳校前」駅徒歩1分
  • 新築年月:1982年07月

 

熊本地震後、中古マンション購入の注意点は主要構造部にあたる壁の亀裂の有無

共用部分については亀裂などは修復されるかと思います。

 

修復したからいいのかという疑問もありますが。

 

マンションの室内の壁の亀裂については共用部分と判断されるなら、

修繕積立金などを活用して修復されるかと推測されます。

 

所有者によっては室内の壁の亀裂があるにもかかわらず

管理組合にも報告せずにそのままにしている場合もありえます。

 

⇒35年ローンのリスクが熊本地震での住宅倒壊!大成建設の一戸建てが対策にも

 

売却にあたってクロスを張り替えてしまえば隠れてしまう程度の

亀裂の場合もありえます。

 

クロスが張り替えられている場合にはなぜ

クロスを張り替えたのかを確認する必要があるかもしれません。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析