「熊本地震」タグの記事一覧

熊本地震で大和ハウスの軽量鉄骨住宅が倒壊を公表!評判に影響なしか?

熊本地震では震度7の揺れが2度も短期間に発生したことで、 被害が甚大になりました。   木造住宅では、2000年以降に建築された新しい耐震基準の 物件が倒壊するものも出ました。   また、1981年6・・・

セキスイハイムの家は熊本地震の影響で被害は小さかったことが判明!

熊本地震では、2度の震度7クラスの地震が発生した影響で、 新耐震基準(1981年6月以降の基準)の住宅でも、   倒壊してしまった住宅があります。   さらに、耐震基準が2000年以降に強化されている・・・

熊本地震で2000年基準の新耐震木造住宅 なぜ倒壊?広いリビングの耐震性は?

熊本地震では、2度の震度7の揺れを観測して、 1回目の震度7では持ちこたえていた住宅も、   2回目の震度7で倒壊してしまった家があります。   倒壊率と築年数との関連は高いことが分かっていてます。 ・・・

平日に検討物件の内覧をするメリットは?

家探しをスタートすると最終的にめぼしい物件については 実際に内覧をして 実際に買ってもいいのかどうか判断をすることになります。   情報収集については平日でもネットでチェックできるものの、 内覧(内見)について・・・

首都直下型地震に備えてマンション購入は免震構造を!熊本地震では耐震性が証明!

首都直下型地震はいつ起きてもおかしくはない 周期に入っています。   熊本地震を受けて、マンションや病院施設などで 免震構造で建築されているマンションについて、   国が被害の状況を調査した結果を 発・・・

耐震診断なしの旧耐震基準 賃貸アパートは大家に民法717条適用の損害賠償リスク!

このところ熊本地震の災害があって、南海トラフ巨大地震や 首都直下地震への危機感が高まっています。   大地震が発生したときに耐震診断を受けずに、 旧耐震基準の築年数の古い自宅が倒壊するのは自己責任ですから、 仕・・・

熊本地震後、マンション購入の注意点は壁の亀裂!旧耐震基準物件一覧

熊本地震をうけて被害を受けたマンションも住民の同意を得て 管理費修繕積立金を利用したり、一時金を徴収して   マンションの壁の亀裂やタイルの落下などの費用に充てる必要があります。   これから中古マン・・・

熊本地震後 耐震リフォームの方法は?ブルーシートの中古住宅 注意点は雨漏りとシロアリ!

熊本地震をうけて益城町や西原村などは倒壊率が高かったのですが、 熊本市内やその他の市町村では比較的震災の被害も   小さい地域もあるかと思います。   自宅のクロスの継ぎ目に亀裂が入ったり 瓦屋根が落・・・

マイホーム 土地で後悔しないための参考書は必読?熊本地震を教訓にして

  マイホーム造りの土地探しでは日当たり、道路付け 大きさ、形、利便性が重視されると思います。   その一方で熊本地震を受けて地盤の信頼性についての 意識が高まっています。    ・・・

益城町 倒壊率高い地域の特徴は傾斜地で古い造成地!熊本地震を教訓にマイホーム探しを!

震度7を記録した熊本地震でも益城町は布田川断層帯が走っていたために 地震の揺れが大きくなってしまいました。   家屋の全半壊など倒壊状況も熊本市よりも倒壊率が高い状況です。 益城町では旧耐震基準の古い家が倒壊し・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ