急増する乳がん予防には食事や食べ物が大切か?小林麻央 遺伝子検査で陰性!



小林麻央さんがブログkokoroで、

遺伝子検査を受診した結果として、陰性であったことを

公開しました。

 

お母さまも乳がんにかかっていたこともあって、

お母さまや子供のためにも遺伝子検査をして、

 

お母さまや姉の心配や

自分の子供に対する不安を解消するためでもあるようです。

 

麻央さんが遺伝性の乳がんではないことからも

わかる通り、若年性の乳がんだとしても、

遺伝性であるとは限らないということです。

 

アメリカでは8人に1人が乳がん、日本では12人に1人が

乳がんにかかっているといいます。

 

日本では乳がんが急増する背景には遺伝性の

乳がんが増えているのではなく、

 

食べ物食事などの食生活が欧米化、

洋風化していることが主因ではないかと考えられています。

 

日々の食生活を見直して、乳がんを予防することが必要です。

 

 

小林麻央 乳がんの遺伝子検査で陰性!

遺伝子検査については、聖路加国際病院など

大学病院で実施することが可能です。

 

遺伝子検査をする目的は、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(=HBOC)

であることを知ることで、

遺伝性乳がんをあらかじめ予防するために、

対策を打つことにもあります。

 

麻央さんの場合は、遺伝子検査の結果としては陰性であり、

HBOCではないことをブログで公表しました。

 

つまり、小林麻央さんは特別な存在ではなく、

家系的に遺伝的な乳がんになりやすい

 

遺伝子を持っていなくても、

乳がんを発症するリスクがありえるということです。

 

遺伝子検査については、

⇒小林麻央 HBOCが原因?聖路加国際病院ブレストセンターで遺伝子検査が若年性乳がん対策に!
をご参照ください。

 

日本で乳がんが急増する背景は遺伝が原因ではない!洋食などで食べ物が変化している!

乳がん患者が急増している第1の理由としては、

思春期女性の栄養(食べ物)が充足していることで、

 

体格が過去に比較して、向上して女性らしい体になるのが

早まっています。

 

そのために、過去と比較して、女性ホルモンの影響を大きく

受けるようになっています。

 

第2の理由としては、和食中心の食事から、欧米に影響を受けた

洋食が多くなっていることが原因で、

 

高脂肪・高カロリーな食事が肥満を誘発して、

いることも指摘されています。

 

いずれにしても、食生活が充実していることが、

乳がんを発症する確率を高めていると考えられています。

 

アルコールと乳がんの因果関係は?

日本ではアルコールと乳がんの因果関係は明確には

検証されていませんけれども、

 

海外ではアルコールと乳がんの発症リスクには

関連があるという研究もあります。

 

 

小林麻央は身長が高い!成人期の高身長は乳がんとの相関が高い!

乳がんのリスクを高めるものとしては、

アルコールの他には、

 

  • 成人期の高身長
  • 出生時に体重が重い

というデータがあります。

 

小林麻央さんは身長165cm

北斗晶さんの身長は168cm

 

と、平均的な女性の身長は160cmに満たないので、

高身長といえるかもしれません。

 

日本人はアメリカ人との体格を比較して、

小さいために、追いつき、追い越せとばかりに、

 

カルシュームを多く含む牛乳などを

給食で強制的に飲ませてきた背景もありますし、

 

食事そのものが欧米化して高身長になる

傾向はあるともいえるでしょう。

 

乳がん予防の食事とは?

50歳前後の中高年以降の乳がんは

肥満との関連もあるといわれています。

 

つまり、年をとっても肥満を予防することが、

乳がんの予防にもつながります。

 

和食中心の食事が健康的でいいことはわかっていますけれども、

特に今後、ダイエット効果がある

玄米に注目が集まると思われます。

 

玄米については、

⇒夏に簡単に5kg痩せ下腹部をダイエットする食事方法とは?玄米で便秘も解消!
をご参照ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析