松方弘樹 脳リンパ腫は余命3か月から完治したカーター米元大統領の例があった!



松方弘樹さんがかかった悪性脳腫瘍(=脳リンパ腫)については、

カーター米元大統領が余命3か月から完治した例がありました。

 

松方弘樹さんについても病院側は過去に同じ症例で

完治した例があるといいますが

 

完治できる治療法があるのかみていきます。

 

 

カーター元米大統領が悪性脳腫瘍で余命3か月から完治した治療法とは?

松方弘樹さんと同じ悪性脳腫瘍で余命3か月の重篤な病状から

完治したカーター米元大統領の治療法を確認してみます。

 

カーター氏が完治で来た治療法とは

  1. 定位放射線療法
  2. 抗PD-1抗体による免疫療法

の2つであるとといわれています。

 

松方弘樹はカーター米元大統領と同じ治療法を受けられるか?

 

定位放射線療法とは次の様な定義がされています。

定位放射線治療(stereotactic radiotherapy: SRT)は、

電離放射線を用いて悪性疾患および一部の良性疾患を治療する放射線治療のうち特殊な治療法をいい、

俗に「ピンポイント照射」などと称される。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9A%E4%BD%8D%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E6%B2%BB%E7%99%82

 

要するに幹部だけに集中的に放射線を当てて治療する手法です。

定位放射線療法は日本でも行われていますので、

松方弘樹さんにとっても朗報です。

 

また2つめの「抗PD-1抗体による免疫療法」については

癌細胞を攻撃する免疫細胞の動きを

癌細胞が止めてしまう働きを阻害する治療方法です。

 

正常な免疫機能を働かせて癌細胞を攻撃させることで

正常に免疫機能を働かせる治療法といえるでしょう。

 

抗PD-1抗体を使う治療法についても

日本でも治療を受けることが可能です。

 

但し、費用が高額である点がネックとされています。

 

あくまでもお金持ちだけが治療を受けられる手法ですが、

松方弘樹さんならその点はクリアできるかもしれません。

 

カーター氏は「キートルーダ」と呼ばれる

免疫チェックポイント阻害剤によって

 

正常に免疫細胞が機能するようになり

癌細胞が消滅し完治しました。

 

 

資金力なら米元大統領にも負けないかもしれない

松方弘樹さんですが、

 

受けられる医療レベルは日本とアメリカでは

違いがあるといえるでしょう。

 

⇒松方弘樹の脳腫瘍の原因はタバコだけではなかった!予防法とは?

 

余命3か月を克服した米元大統領のように

松方弘樹さんが復活するカギは

 

最先端の新たな治療法を受けられるかどうかにも

かかっているのでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析