アーネストワンの建売を仲介手数料0円にする問い合わせ方法とは?



年間で飯田グループHDでは、年間に4万棟以上の物件を

販売しています。

 

飯田グループの中でも、アーネストワン

販売棟数は非常に多いです。

 

わずか1年間でアーネストワンの家を購入して引っ越しをする人だけでも、

相当な件数になります。

 

購入時には、大抵の場合は、仲介をする不動産会社を通じて、

仲介手数料を支払って物件の引き渡しを受けているのが一般的です。

 

不動産屋へ支払う手数料率は3%+6万円(税別)と

利率は低そうに見えて、

 

家の価格が3000万円程度なら、100万円程度にもなるので、

かなりの金額になるのが普通です。

 

アーネストワンの家を買う時には、販売価格が少し安くならないか

交渉をするはずですけれども、

 

価格交渉を依頼する不動産会社の仲介手数料を値切ったり、

仲介手数料0円にするような交渉はしない人が多いはずです。

(実際には、交渉させてもらえてない)

 

このところ、仲介手数料0円で新築建売を購入する人達が

少数ですけれどもじわじわと増えているのです。

 

アーネストワンのような建売業者の新築を仲介手数料0円で新築を購入するには、

最初の問い合わせの仕方にポイントがあるので

説明をしていきます。

 

 

新築建売物件で仲介業者に手数料をとられてしまう残念な人達の問い合わせの仕方とは?

住宅の購入を検討して、家探しをするときには、

賃貸物件を探すときと同じように、

不動産の検索サイトを利用して

家探しをすることが一般的です。

 

不動産検索サイトには、アットホームウェブ、ホームズ、

スーモといったサイトがよく利用されています。

 

多くの物件がこれらの不動産検索サイトに掲載されていますし、

地域ごと、沿線ごと、価格帯、などの条件にあわせて

物件をスクリーニングできるので

非常に便利で使いやすいのは確かです。

 

そして、不動産検索サイトに掲載されている物件を

男性であれば昼休み中にチェックして掲載している不動産会社へ

電話をしたり、メールで問い合わせたりするというわけです。

 

夫婦で探している時に、男性が積極的にさがすというより、

女性が暇を見つけてメールで問い合わせたりすることも

多いはずです。

 

夫が問い合わせるにしても、妻が問い合わせるにしても、

新築の建売物件に興味を持って、

 

無防備にスーモのような不動産検索サイトから

問い合わせをする姿は、

 

仲介手数料を支払うことを

前提にしています。

 

 

なぜなら、新築建売物件の仲介手数料を無料で仲介する不動産会社の数は、

非常に少数派であるからです。

 

ほとんどの不動産会社は新築物件を販売することで、

売主である建売業者から手数料をもらって、

 

さらに、家を買う顧客からも手数料をもらうことを

主な目的にしています。

 

不動産会社のいやらしい表現で売主、買主双方から手数料をもらうことを

「両手取引」とよんだりしています。

 

売主だけ、買主だけの一方からだけ

手数料をもらう取引を「片手」とよんでいます。

 

不動産会社は拝金主義の人達が多い業界ですから、

「両手」取引ができる新築建売を狙って

積極的に販売しようとしているわけです。

 

そんな強欲な不動産会社が多くひしめいているのが、

不動産件サイトというわけです。

 

不動産会社は魅力的に見える新築物件を豊富に掲載をして、

問い合わせをしてくる顧客からがっぽりと

仲介手数料をいただこうと

罠を仕掛けているようなものです。

 

結果的に、良さそうな物件につられて、

仲介手数料を支払ってしまう姿は、

ネズミ取りに引っかかるネズミのようなものです。

 

アーネストワンの新築建売物件であることがわかっている場合に、

手数料を支払う必要をなくするためには、

2つの方法があります。

 

  1. 売主のアーネストワンに直接問い合わせること
  2. 手数料無料で新築を仲介する不動産会社へ問い合わせること

 

売主と直接契約をすれば仲介手数料0円に!アーネストワンへ直接問い合わせは可能か?

新築建売物件は着工したての段階であれば、

一建設なのか、アーネストワンなのかの区別は付きます。

 

建築現場には建築主の表示がされているからです。

 

また、建築現場で仕事をしている人にどこの物件なのかを

聞けば教えてもらえます。

 

仮に、アーネストワンであることがわかった時には、

直接アーネストワンに連絡をすることはできます。

 

理屈の上では、売主と直接の契約であれば仲介手数料はかかりません。

 

ただし、アーネストワンの場合には、

基本的に仲介業者を通じてしか取引をしない

スタンスをとっているので、

問い合わせても無駄ということになってしまいます。

 

(同じ飯田グループの中では東栄住宅であれば、

積極的に、直接取り引きをしています。)

 

ということで、仕方ないので、

仲介手数料がかからない不動産会社を探すことになります。

 

アーネストワンの物件について仲介手数料を無料にしたいとき問い合わせ先はどこ?

アーネストワンは仲介業者を通じてしか取引しないとなると、

やはり、アットホームウェブに物件を掲載している

不動産会社や、

 

地元の不動産会社に

問い合わせるべきなのでしょうか?

 

 

闇雲になんとなく不動産検索サイトや地元の不動産会社だからというだけで、

問い合わせをすると、

 

まんまと手数料を支払わされている多くの人達と同じ

残念な結果となってしまいまいます。

 

仲介手数料を最大無料にするには、

新築物件の仲介手数料無料を

 

経営方針の一環として営業活動をしている

不動産会社へ問い合わせることが必要なのです。

 

例えば、東京、埼玉、千葉、神奈川限定ではあるものの、

えっ、まだ3%も払うのですか? REDSなら仲介手数料が最大無料【首都圏】

を利用することで、

仲介手数料0円で仲介してもらうことが出来ます。

 

 

REDS(レッズ)は東証一部上場のヒノキヤグループの

系列会社で安心感もあります。

 

もちろん、お住まいの地域でも、少数派ながら、

仲介手数料を無料で仲介する業者が存在するので、

ネットやツイッターなどで探してみても良いでしょう。

 

仲介手数料が無料になる取引について、

値引き交渉や住宅ローンの斡旋についての心配など、

いろいろとあるかもしれません。

 

詳細は、関連記事⇒新築 仲介手数料無料の不動産屋を使うデメリットってある?

をご参照ください。

 

仲介手数料無料で仲介する不動産会社は、

アーネストワンだけではなく、

 

飯田グループHDの一建設、東栄住宅、飯田産業、アイディホーム、タクトホーム

や、アイダ設計などの建売についても

対応してくれます。

 

不動産屋へ支払う100万円は会社で苦労して、汗水たらして働いた

手取りのお金の結晶であることを

忘れてはなりません。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ