徳永英明「もやもや病」で禁煙していた!脳内血流を良くする水分補給法とは?




ミュージシャンの徳永英明さんがもやもや病の手術が成功したという

報道がありました。

 

もやもや病は脳の血管が細くなって血流が悪くなる脳血管障害です。

脳内の血流を良くするための水分補給の生活の仕方を考えてみます。

 

 

もやもや病とは?

日本人が命名したために日本語特有の表現になっています。

脳内血管が「もやもや」と見えるからという理由で命名されました。

 

もやもや病(もやもやびょう、英: Moyamoya disease)は、脳底部に異常血管網がみられる脳血管障害。

脳血管造影の画像において、異常血管網が煙草の煙のようにモヤモヤして見えることからこの病名となっている。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%82%84%E3%82%82%E3%82%84%E7%97%85

日本で命名された病気であることから日本人に最も多い病気であることが

知られています。

 

ある程度は遺伝性の病気ともいえる「もやもや病」は日本、韓国、中国などの

アジア圏での発症が多いのが特徴です。

 

ですから徳永英明さんの発症は日本人なら他人事ではありません。

 

徳永英明はもやもや病を発症してからタバコをやめていた!

2001年にもやもや病で倒れる前は徳永英明さんもタバコをすっていたのですが、

病気がきっかけで禁煙をしています。

 

タバコは呼吸器系に悪いだけではなく、

血流の流れも悪くします。

 

タバコによる動脈硬化はよく知られていて、

脳梗塞の確率を高めてしまいます。

 

もやもや病であればタバコを辞めるようにして、

受動喫煙も防ぐように心がけた徳永英明さんの

対応は正しかったと思います。

 

⇒松方弘樹の脳腫瘍の原因はタバコだけではなかった!予防法とは?

 

ただし、タバコを辞めるだけではなく、

水分補給の仕方にも気をくばる必要があります。

 

もやもや病は血流が悪いことで体調不良なる!脳内の血流を良くすることが大切!

もやもや病の原因というのは明確にはなっていません。

遺伝性もあるものの何らかの環境因子も原因になっている可能性はあります。

 

大切なことは脳内の血流、血液循環を良くしておくことは

私たちの健康にとって大切であることが理解できます。

 

血管がもやもやっと見えるほど細くなっていては

血液循環が悪くなるのは当然です。

 

脳の血液循環を良くするために必要なこととは?

血液循環を良くする方法は日々の生活習慣の中に

あるといえるでしょう。

 

規則正しい生活を基準にして食生活に

気を付けることは大切です。

 

脳の血液循環に影響する水分の取りすぎに注意!

夏になると水分不足が訴えられます。熱中症予防には

水分を多くとる必要があると。

 

ただし水分を多くとることには注意が必要です。

水分の取りすぎは害にもなります。

 

あくまでも適度の水分に抑えることが大切です。

 

なぜなら、水分を多くとりすぎると血液が消化器系に

集中します。

 

その為に脳内に必要な血液が不足することにもなりかねません。

 

 

冷たい飲み物の取りすぎには注意!

特に体は常に一定の体温を維持するようにしています。

 

冷たい飲み物が体に入ると体が冷えるだけではなく、

腸内に冷たい水分を体温と同じ温度にしよとして

 

腸に血液があつまりますから、

脳の血液若干不足します。

 

水分を多くとることは腸に血液を送るために

血圧が高めに働く点も体にはよくありません。

 

腸の血管に負担がかかるだけではなく

血液循環のポンプ役である心臓にも負荷がかかりますから、

体全身の疲労につながりかねません。

 

脳内の血流を一定に保って良い血液循環を

維持するには過度な水分を控えることは大切です。

 

ただし喉の渇きを覚えたら水分は必ず補給しましょう。

 

そしてできるだけ体に負荷をかけないようにするためには

冷たく冷えた飲み物は控えるほうが良いでしょう。

 

お酒、アルコールの取り方は?

アルコールはもちろん、水分ですから、

アルコールがダメという以前に取りすぎには注意すべきで

適量ならむしろいい場合もあるでしょう。

 

清涼飲料水と同様に、冷たいビールには

注意をしましょう。

 

できるだけアルコールも常温で飲めるような

物の方が血液循環に悪影響を及ぼしません。

 

白ワインが原料のブランデーには

血管を拡張して血液循環を良くする作用がありますから、

 

適量であれば問題はないでしょう。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析