松方弘樹の脳腫瘍の原因はタバコだけではなかった!予防法とは?



俳優の松方弘樹さんが脳腫瘍の疑いがあることで

芸能活動を休止することが発表されました。

 

脳腫瘍というのはあまり聞きなれないことばですが、

タバコを吸う芸能人としても有名だった松方弘樹さんが

 

脳腫瘍になった原因を反面教師にして

脳腫瘍の予防法を考えていきます。

 

 

脳腫瘍の原因とは?

脳腫瘍になる原因というのは明確にこれだというものが

わかってはいません。

 

脳にできる腫瘍は良性と悪性があるように脳にできる

ガンと考えればよいでしょう。

 

そして脳腫瘍の発生ルートは脳に直接腫瘍ができる場合と、

脳以外の体の部分にできた腫瘍、ガンが転移して脳腫瘍になる場合の

2通りがあります。

 

いずれにしても、脳腫瘍になる原因というのは

ガンの1種であると考えれば、脳腫瘍の原因も見えてきます。

 

ただし、人それぞれ住んでいる環境や遺伝的な要素もありますから、

これが原因だとは言えない部分もありますが、

 

あくまでも松方弘樹さんの趣味趣向などから、

脳腫瘍になってしまった原因を探っていきたいと思います。

 

松方弘樹の脳腫瘍の原因から予防法を探る!

松方弘樹さんは2016年2月時点で73歳ですから、

老化現象として脳腫瘍ができたのは否めない事実です。

 

年をとっても脳腫瘍などの癌などに悩まされたくないものです。

 

たばこが一因か?

松方弘樹さん脳腫瘍の一因になったものの中では

タバコの吸いすぎがあるかと思われます。

 

松方弘樹さんは喫煙者であることが

知られています。

 

松方弘樹さんの元妻である仁科亜季子さんは松方弘樹さんと

結婚している1991年に子宮頸癌を発症し、その後

2011年には乳癌、2014年には大腸がんを発症しています。

 

仁科さんの癌発症の原因はもしかすると、

松方弘樹さんからの受動喫煙である可能性はないのでしょうか?

 

私の知人では全く本人がタバコを吸う習慣がないにも

関わらず、若くして顔面にガンを発症した女性がいます。

 

その方のご主人様はヘビースモーカーでした。

 

禁煙をすることが本人が脳腫瘍やガンになるのを防ぐだけではなく

妻などの家族もガンから守ることができる予防法になります。

 

東洋医学的に見ると血液の流れが悪かったのも原因の1つか?

松方弘樹さんはタバコ以外にはお酒を多く飲む人だったことも

知られています。

 

2000年には医師に「血液がどろっとしている」ことを

指摘されて禁酒したこたことが有名です。

 

恐らく、医師からこのままだと命に関わると脅されたのでしょう。

 

お酒の飲みすぎというのは血流や体内の水流の流れにも

大きく影響を及ぼします。

 

血液循環だけではなく、老廃物をスムーズに外部に出す

循環がうまく行かずに痔を患う人が大酒飲みには多いものです。

 

体内の血液の循環と老廃物の流れる循環が

アルコールの飲みすぎによって滞ると

 

体に痛みが発生するだけではなく、

腫瘍などもできやすくなってしまいかねません。

 

脳腫瘍やその他の癌を予防する意味ではアルコールも

適度に服用することが大切です。

 

また夜通し飲み明かすような不規則な生活も

慎んだ方が無難です。

 

 

好物の乳製品などの食生活が原因か?

松方弘樹さんの好物はマカロニグラタンやレーズンバターサンドです。

 

どちらもマーガリンやバターがたっぷりと

使われています。

 

乳製品とガンとの因果関係について明確な結論は

まだないと思われますが、

川島なお美さんの癌の原因と乳製品についての記事をご参照ください!

 

肉の食べ過ぎにも注意

松方弘樹さんはトンカツなどの肉料理が好きです。

肉も食べすぎるとガンの原因になると疑われています。

 

WHOは加工肉や赤肉についての発がんリスクについてコメントしています。

 

肉は脂分が多く、血管に脂質が付着すると

動脈硬化の原因になって血流が悪くなります。

 

ガンだけではなく万病のもとになってしまいます。

 

病気になってから悪習慣を断ち切るのではなく、

できる限り若いうちから松方弘樹さんの脳腫瘍になった原因を

反面教師にして健康ライフを送りたいものです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析