宮崎謙介元議員の妻 金子恵美は離婚して慰謝料を請求するのか不倫癖をあきらめるか?




宮崎謙介元衆議院議員はグラビアアイドルとの不倫

文春に暴露されて、議員辞職を表明しました。

 

宮崎謙介元衆議院議員の妻 金子恵美衆議院議員とも離婚する可能性が出ていますが、

今後どのように対処するべきでしょうか?

 

金子恵美衆議院議員の選択肢は

  1. 離婚して不倫した夫と不倫相手を提訴する
  2. また不倫されることを覚悟で離婚はしない

という大きな分かれ道に立っています。

 

 

宮崎謙介元衆議院議員は不倫遺伝子を持っている!

育児休業を取ると言っていい父親ぶりをアピールしたかと思いきや

妻が出産前の入院中にタレントと不倫をしていると言った点が

クローズアップされました。

しかも宮崎元国会議員は過去にも離婚経験があって、

これで2回目の失敗は許されない結婚だったはずなのですが、

やはり不倫癖は治らないという特徴を持っています。

 

脳科学者の中野信子氏によると、

宮崎謙介元国会議員の様に不倫をする人というのは

不倫をする遺伝子を保有しているのだと言います。

 

男性が不倫をした結果としてどうなるか?

妻との離婚になります。ですから、不倫する遺伝子を

離婚遺伝子とも中野信子氏は呼んでいます。

 

金子恵美衆議院議員は夫宮崎謙介と離婚をするか、不倫癖のある遺伝子を持った人と諦めるかの選択の時

金子恵美衆議院議員は夫の裏切りに頭に来ているでしょし、

普通なら離婚してもおかしくはないのですが、

 

子供も生まれたばかりですし、

夫が不倫遺伝子を持った人であることを受け入れて

 

不倫をするような人だと諦めて、

夫婦を続けることもできます。

 

金子恵美衆議院議員が離婚をせずに、夫の不倫癖をあきらめる考え方とは?

夫の宮崎謙介元国会議員は不倫遺伝子を保有している可能性が高いのですが、

不倫遺伝子を持つ人の特徴は脳科学的には

 

アルギニンバソプレッシンという受容体が脳に少ないと

配偶者である妻とか夫への不満度が高くなる傾向があって

不倫をしやすくなってしまうようです。

 

そして男性が離婚遺伝子を持っている人ほど

会社では出世しやすいという利点もあるので、

 

立身出世を望む妻なら、不倫癖がある夫は

悪いことばかりではありません。

 

金子恵美衆議院議員が夫は離婚遺伝子を保有している人で、

不倫をしやすいデメリットがあるけれども、

 

仕事の上では出世をしていけるメリットも兼ね備えているので、

夫を脳科学的に冷めた目でとらえられれば

あきらめもつくのではないでしょうか?

 

 

つまり、不倫してもいいから稼いできてねという割きりですね。

出世する男性 が好きであれば不倫にも目をつむるという考え方です。

 

不倫が許せず離婚覚悟なら提訴も

金子恵美衆議院議員はどうしても許せないなら、不倫を理由に提訴することも

可能です。

夫と不倫相手に対して慰謝料の請求ができます。

 

⇒私が川谷絵音の妻だったら夫と不倫相手のベッキーに対して提訴します!

 

提訴するための証拠は週刊文春が揃えてくれましたから

勝ち目が十分なので腹の虫がおさまらないというなら

弁護士を通して慰謝料を請求するしかないですね。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析