小林麻央が料理に利用する蜂蜜はがん予防と糖尿病予防効果がある!



小林麻央さんは自宅でつくるポテトサラダに、

海老蔵さんの母親にならって、

 

蜂蜜とレモンを入れていることを紹介しています。

 

また、海老蔵さんの母の著書もブログで紹介しています。

 

海老蔵さんの母親が使うとされる蜂蜜やレモンは、

実際には使う人が少なくて、

 

蜂蜜ではなく普通の白砂糖を利用するのが普通です。

 

蜂蜜にはがん予防効果や白砂糖と違い、

糖尿病にかかるリスクも減ることが知られています。

 

小林麻央 海老蔵の母にならい、蜂蜜とレモンを利用

海老蔵さんは健康に強い関心がありますけれども、

妻の小林麻央さんが闘病しているからというだけではなく、

母親が健康管理の意味で

食材にこだわりを持っていることも影響しているかもしれません。

 

麻央さんも、海老蔵さんの母親にならって

ポテサラに蜂蜜とレモンをいれていると

紹介しています。

 

そして、単に母親が著書「成田屋の食卓」を出版したから

PRを兼ねているだけではありません。

 

蜂蜜やレモンは健康を維持するには非常に優れた食材なので、

麻央さんも読者の為に紹介しているのではないでしょうか?

 

蜂蜜はがん予防、糖尿病にも予防効果!

蜂蜜(はちみつ)と白砂糖の違いは、白砂糖が99%が糖分である一方で、

蜂蜜は、80%が糖分、残りの20%は水分ですけれども、

わずかにビタミン(B1,B2)やミネラル(鉄、カリウム、亜鉛)を含みます。

 

蜂蜜にvitaminやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれるために、

糖質の燃焼も促進され為に、白砂糖に比較して、

糖尿病になるリスクを減らすことができます。

 

また、蜂蜜にはイソマルトオリゴ糖という天然成分が含まれていて、

ビフィズス菌を選択的に増やす整腸作用があります。

 

つまり、蜂蜜は腸内の免疫細胞を活性化させることで、

がんの予防効果があるともいえるのです。

 

はちみつを使うことでお料理の味が美味しくなるというだけではなく、

 

白砂糖よりも蜂蜜を利用することが

健康維持のために効果的であると言えるのです。

 

はちみつのその他の効果は?

はちみつは古来から、滋養強壮剤、解熱剤などに利用されてきました。

 

最近は、殺菌効果や睡眠に関与する物質であるセロトニン分泌を促進して、

入眠効果もあるとされています。

 

小林麻央さんの乳がんという病気にも、

海老蔵さんの母親のレシピは効果を表してくれるのでは

ないでしょうか?

 

レモンの効果については、

⇒小林麻央 人参ジュース&レモンの免疫力を高める食材でがん治療!

をご参照ください。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析