小林麻央 祈りの効果で回復を!がん研有明病院 星野惠津夫先生も推奨



小林麻央さんは、かつてブログの中で、

千羽鶴をいただいて、

 

祈りの効果は科学的にも証明されているという

コメントをしていました。

 

本当なのかと疑問に思う人もいるかもしれませんけれども、

がん治療には祈りも治療法の1つであるといいます。

 

 

小林麻央さんは祈りに科学的効果があると紹介

小林麻央さんは、ブログで、千羽鶴をいただいたり、

最近では、娘さんからもらった手紙に、

 

「まま はやく なおってね。
まってるね。」

出典:姉弟

と書いてあったことも紹介しています。

 

小林麻央さんのブログの読者も

早く良くなってくれないかなと

知らず知らずのうちに、

祈るような気持ちになっているのではないでしょうか?

 

ただし、祈ったところでどうなるものでもないと

覚めためでみてしまいがちですけれども、

祈りには一定の効果はあうるようなのです。

 

がん研有明病院の星野惠津夫先生も祈りの効果を本で紹介

実は、小林麻央さんが都合のいいように解釈しているのではなく、

日本でもっもガン手術の症例数に実績がある

がん研有明病院の漢方サポート科の医師

星野惠津夫先生は祈ることの効果を本などでも

紹介しています。

 

本人も周囲の人も、回復を祈ることで、

皆の気持ちが一つになり、

それが力になる

出典:漢方薬でがん治療はもっと楽になる (健康ライブラリーイラスト版)

 

がん研有明病院の星野惠津夫先生は東大医学部を卒業している

超エリートですよ。

 

合理的な判断が最も得意である東大医学部を経て、

がんの最先端治療を行うがん研有明病院に勤務する医師が、

祈りに効果がある

というのですから、驚きだとおもいませんか?

 

祈ることは星野先生に言われなくても、

精神的に落ち込んだ時、

不安や恐怖にさいなまれたときに

信じるもの、信仰するものがあるのは

非常に心強いものです。

 

星野先生は、日々の治療をしっかりと受けながら、

神社でもご先祖様でもよいし、宗教は特に関係なく、

祈ることによって心の平穏を取り戻すことで、

自然治癒力が高まると主張しています。

 

参考記事⇒田中雅博僧侶は元医師で本「命の苦しみは消える」で末期がん患者に宗教の必要性説く!

 

がん研有明病院漢方サポート科診療内容に祈りが!

がん研有明病院の漢方サポート科のHPをみても、

診療内容には、

 

鍼灸、栄養、運動、温熱、心、ヨーガ、カイジ顆粒、呼吸

血管内治療、免疫療法、ラジオ波、宗教的な祈り、など

という内容が公にされています。

 

参考までに、カイジ顆粒とは槐(えんじゅ)という老木に生える

キノコの1種を菌糸培養したもので、

 

日本では健康食品として

購入できるサプリです。

中国ではがんへの有効性が確認された

医薬品です。

 

祈りの効果を活用し免疫力を高めながら、

カイジ顆粒などの健康食品も活用して、

 

麻央さんや乳がんで闘病中の方が一日も早く、当たり前の生活を

取り戻してくれることを祈ります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ