がんに効果がある免疫力を高めるハチミツとは?小林麻央 巣蜜で回復?



小林麻央さんがブログで「巣みつ」という

スペシャルなハチミツを紹介しています。

 

小林麻央さんが元気そうなのは

巣蜜巣みつ)の効果もあるのでしょうか?

 

また、一般的にハチミツはがん効果があるとは

いいきれませんけれども、

 

特定のハチミツには免疫力を高める働きが

確認されているのであわせて紹介します。

 

小林麻央さんがブログで紹介した巣蜜はどこで買える?

 

小林麻央さんは「みつばち工房 花の道」

の巣みつをブログで紹介しています。

 

巣みつとは?

巣みつはミツバチが巣に貯蔵した自然のままのハチミツのことをいいます。

要するに、巣ごと食べてしまう蜂蜜ということになります。

 

添加物などが一切入らない天然物といことになります。

 

巣蜜の通販に興味のある方は、

>国産純粋 巣みつ(巣蜜・コムハニー)

価格:3,240円
(2017/2/24 00:17時点)
感想(158件)

をご参照ください。

 

ハチミツはがんに効果があるのか?

 

小林麻央さんはブログでプロポリスが入っていて

栄養たっぷりとコメントしています。

 

ただし、プロポリスはスーパーや薬局などでも販売されている

健康食品ですけれども、

 

がんへの効果があるといえるほどではない気がします。

 

効果が顕著ではないから薬ではなく健康食品という位置づけですが、

水溶性のプロポリスを併用して末期がんから生還したという

体験談も時々みかけます。

 

一般的には錠剤のプロポリスが店頭で販売されています。

液体のものは液体プロポリス Amazonをご参照ください。

 

そして、ハチミツも日本全国いろいろなところで

採取されたものが多くあるのですが、

 

あくまでも健康食品であって基本的には

がんやその他の病気への効果はうたうことはできません。

 

免疫力を高めがんに効果が期待できるハチミツがある?

 

しかし、ハチミツの中でも、

身体の免疫力を高めるハチミツがあることが

知られています。

 

その名は、ジャングルハニー」と呼ばれる

アフリカのナイジェリアでとれるハチミツです。

 

画像を見て分かる通り、日本のハチミツとは違い、

黒っぽい色をしています。

 

味も美味しいとは言えません。

 

京都産業大学竹内実教授の研究によると、

「ジャングルハニー」によって、

 

白血球の一つである殺菌作用のある好中玉と、

 

肺細胞マクロファージを活性化する効能があることが

マウスの実験によって確認されています。

 

つまり、ジャングルハニーには

がんを抑制する作用のある免疫力を高める働きがある

と考えられているのです。

 

実際にナイジェリアでは、怪我の傷口に塗ったり、病気のときに食べたりして

治療に利用されているというのです。

 

Amazon通販での購入に興味のある方は、

天然ハチミツ ジャングルハニー 250g

をご参照ください。

 

ジャングルハニーのほかには、ニュージーランド産の

マヌカハニーがあります。

 

がん予防の効能についてはまだ研究中では有りますけれども、

免疫力を高めるのではないかという期待があります。

 

 

 

日本のハチミツは効果があるのか?

みつばち

小林麻央さんが紹介した巣蜜については

がんへの効果があるかどうかはわかりません。

 

しかし、日本のハチミツでもナイジェリアの

ジャングルハニーと似た免疫力を高める

抗腫瘍効果が認められそうなハチミツがありそうだと

竹内実京都産業大学教授は述べています。

 

ハチミツの品質は

  • 産地
  • どの花から蜜をとってくるか(ハチミツの源)
  • みつばちの種類

などで変わってきます。

 

ですから、国産のハチミツの場合は、

いろいろなものを

試験的に試してみて、

 

自分なりに効果を実感できたら

その商品を継続的に利用するというのが

今のところ現実的なやり方です。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ