耳鳴りや頭痛は低周波音が原因のストレスや不安感による健康被害かも!対策は東京都から脱出!



東京都練馬区に住む51歳の男性が

隣の家に設置された家庭用燃料電池

 

「エネファーム」から出る

低周波音の為に、

 

耳鳴り頭痛などの不定愁訴、体調不良を起こして、

使用差し止めや損害賠償の裁判を

起こしました。

 

練馬区の男性による提訴は

自身を救済するだけではなく、

 

社会的な問題として

低周波音の健康被害への認識を

 

広める意味で

意義がある行為です。

 

耳鳴りや頭痛、不安感などのストレス原因が低周波音の発生源にある

可能性や対策としてどのような住環境を選ぶべきかを考えてみます。

 

 

低周波音を聞くと嫌な感じがして、ストレスや不安感を感じることが知られている!

 

低周波音は、人の耳では聞き取りにくい100ヘルツ以下の低い音で、

低周波が音としてよく聞こえないとしても、

 

低周波音の音源が発する波は空気を媒体にして、

体に伝わってきます。

 

低周波音を聞いてもらった実験が研究機関で

おこなわれていますが、

 

低周波音を聞いた人の感想は

7割の人が

「嫌な感じがする」

というものでした。

 

この嫌な感じというのが、普段聞きなれない

音域であるために、

 

不安感が出たり、ストレスに感じてしまいます。

 

練馬区の男性が使用差し止めを

訴えたのは隣の家のエネファームですが、

 

低周波の発生源はエネファームに限ったことではありません。

 

練馬区の男性の様に、ある日突然、

耳鳴りや頭痛が出るようになった場合は、

 

周辺環境の変化が影響をしている

可能性があります。

 

東京都練馬区は家と家の間隔が狭いために低周波音で溢れている!発生源は隣の家のエネファームだけではない!

 

住む場所を考えるときに、

東京都練馬区は

 

住もうとする人が多い場所です。

 

2015/9/1現在のデータで

1㎢あたりに住む人の数は

15,110人もいます。

 

1辺の長さが1kmの四角形の中に

15,110人もの人がいれば、

 

マンションや団地が多いでしょうし、

 

戸建てだとしても、

家と家の間隔が狭くなるのは当然です。

 

隣の家との間隔が小さいので、

隣の家からの低周波音まで

 

影響をうけることになります。

 

また、発生源もエネファームだけではなくて、

  • エコキュート
  • エアコンの室外機の音
  • 室内ものでは冷蔵庫の音

 

なども低周波音を出す音源になっています。

 

100世帯のマンションであれば、

時間帯によっては、多くの世帯で

 

同時にエアコンが作動して、

低周波音が多く発生している

住環境になります。

 

マンションを購入して引っ越してから、

耳鳴りがするようになったとか、

 

頭痛がするようになって

医者に通うようになった

という人は、

 

引っ越したマンション内でのどこかの部屋から

出てくる低周波音による

 

ストレスが耳鳴りや頭痛になっている

可能性があります。

 

低周波音による耳鳴り、頭痛などの健康被害避けるには、ストレスが少ない過疎地や限界集落での田舎暮らしがお薦め!

 

低周波音を避けるには、東京都に住むよりは

田舎の限界集落での暮らしの方が

 

ゆったりとした敷地で、

隣の家も離れていて

 

ストレスからは解放されます。

 

過疎地や限界集落と呼ばれる地方の田舎でも、

低周波音の発生源はあるでしょうが、

 

家と家の間隔が大きい、

一軒の住宅の敷地が大きいので、

 

周辺の家からの影響がほぼないでしょう。

 

田舎暮らしでは、不便さもあるのですが、

便利なところに住んで、

 

健康被害に苦しむよりは

快適な暮らしになります。

 

頭痛持ちの人が、山奥の別荘地に行くと、

 

頭痛が止まったと言っていたのを

聞いたことがあります。

 

田舎暮らしで長野県安曇野市へ地方移住して独立して自力で仕事を作った主婦の記事はこちら!

 

ストレスは低周波音が原因になって

頭痛や耳鳴りという

 

不定愁訴になっている

可能性があることを

 

練馬区の男性の訴訟は

教えてくれているように感じます。

 

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析