都会のストレス原因はつらい貧乏に!田舎暮らしで解消する理由とは?



よく都会で暮らす人はストレスを抱えているということが

言われることが多いです。

 

都会ぐらしは刺激がある反面で、

精神的なストレスをためこみやすいことは

想像しやすいです。

 

ストレスと言えば人間関係のストレスなどが思い浮かびますけれども、

人間関係のストレスは都会でなくても

田舎でもあることです。

 

都会ならではの大きなストレスと言えば、

お金が十分に稼げない貧乏であることは、

非常につらいことです。

 

貧乏であることは田舎より都会のほうが

より大きな精神的は負荷になっていることに

気がついていない人が多い気がします。

 

貧乏な人はどうにかして貧乏から這い上がろうとするのですが、

簡単ではありませんし、

 

都会暮らしというコストがかかる場所でのサバイバルゲームですから

なおさらつらい思いをすることになります。

 

都会の代表である東京や大阪だけではなく、

東京周辺であれば神奈川、埼玉、千葉あたりも、

 

地価が高いので、

日本全体の中では都会と言ってもいいのかもしれません。

 

実際に、都会暮らしをやめて田舎へ引っ越しをしてみた経験を踏まえて、

貧乏人が田舎で暮らすことで精神的ストレスから解消される理由を

紹介していきましょう。

 

 

都会暮らしでは貧乏であることがストレスに

都会で暮らすことで貧乏であることはどうして

ストレスになるのかを確認してみます。

 

収入はあるけれども、支出に対して十分な収入ではない状態が

都会では起こりやすいです。

 

都会は家賃が高い

例えば、毎月、バイトで10万円を稼げる人が仮に東京で一人暮らしをするための

安アパートを借りて住んで暮らしていけるかといえば、

本当にギリギリのラインであると思われます。

 

都内で普通のアパートを賃貸するのに6万円は必要かもしれませんけれども、

収入が少ないという理由で、4~5万円の部屋を借りられたとしても

そもそもの収入が10万円程度かそれ以下では

貧乏生活を強いられることになります。

 

駐車場代も高い

車を所有している人が貧乏人といえるかどうかは

ちょっと疑問かもしれませんが、

首都圏で車がないと暮らせないような場所もあります。

 

神奈川にも埼玉にも千葉にも郊外と呼ばれる場所はあって

車がないと不便なので車を所有する低所得者もありえるということです。

 

埼玉の郊外で車がないと暮らせないというような場所であったとしても、

地価は地方のど田舎のような激安価格ではないので、

そこそこ駐車場代もかかります。

 

地方の田舎とはやはり違う点です。

 

都会で暮らすことで仕事を見つけるチャンスは豊富であるにもかかわらず、

現状の低収入に甘んじるために、

貧乏からどうしても抜けられないとうい現実もあります。

(人それぞれに、稼げない事情があります)

 

貧乏というストレスを解消するために田舎へ引っ越しをする

経営コンサルタントとして知られる大前研一さんは著書の中で、

人生を変えるには、

 

  • 付き合う人を変える
  • 住む場所を変える

といった方法を提案しています。

 

貧乏から開放されたいと思ったとき、

もしも、都会暮らしをしているようであれば、

 

稼げる仕事を都会で見つける

という選択肢の他に、

 

都会から田舎へ引っ越してしまうという

選択肢もあってもいいはずです。

 

住む場所を都会から田舎へシフトしつつ、

田舎でできそうな仕事を探すことで

新たな道が拓けるかもしれません。

 

もしも、都会で毎月10万円以下しか収入がない仕事しかしていなかったとしたら、

田舎での仕事でも十分に稼げる仕事が見つかるはずです。

 

自営業であるために貧乏をしているという人は、

それこそ、フリーランスなので、

都会ではなくても田舎でもできる仕事なのかもしれません。

 

都会から田舎へ引っ越しをすることで、家賃が劇的に

下がることが期待できます。

 

都会では3万円以下の物件は簡単に見つからなかったとしても、

ど田舎へ行けば、

十分に見つかる可能性だってあります。

 

家賃が安いので、稼げないというストレスが緩和される

 

東京で家賃を5万円毎月支払っていたものを

田舎で毎月家賃を半分にできれば、

 

節約できた2.5万円を食費などに回して、

少しでも切り詰めた生活にゆとりをもたせることができます。

 

貧乏がつらいなーと感じるストレスが

大幅に緩和されること間違いなしです。

 

田舎の山々や田畑などの緑に癒やされることがストレス解消へ

都会から田舎へ移住をするメリットは

家賃や駐車場料金が安いだけではありません。

 

都会と呼ばれるような場所は見渡す限りの平野が続いていて、

どこを見ても、ビル、マンション、住宅、商店などの建物しか

視野に入ってこないような状態です。

 

本来人間は自然とともに暮らしてきた長い歴史があります。

 

周囲に緑が少ない場所での暮らしにストレスを感じないほうが

おかしいです。

 

森や山々がある田舎へ引っ越してみて気がついたのですが、

特別きれいな景色ではなくても

森の緑が見えるだけで

どれだけ精神的に癒やされるか計り知れません。

 

森林浴はストレス解消に良いと言われますけれども、

周りがビルやマンション、住宅だけの場所は異常であることに気が付きます。

 

木や花に癒やされることで、

貧乏であることのストレスも解消されるのです。

 

鳥のさえずりもストレスを解消する

田舎で暮らすことの楽しさは、

朝起きたときに小鳥が鳴くさえずりが聞こえることです。

 

春になるとうぐいすが「ホーホケキョ」と

鳴き始めますし、

年間を通じて何らかの鳥のさえずりが聞こえます。

 

鳥が住むのは森があるからです。

 

都会では鳥が住めるだけの森が十分ではないので、

鳥のさえずりは聞こえる場所が非常に少ないです。

 

また、虫の鳴き声も田舎のほうがいい音色を聞くことができます。

 

森があることで多くの虫が生育しますし、

虫を餌にする動物も住むようになる循環ができています。

 

都会では、真夏の暑さのために、夜中の12時になっても

蝉の鳴き声が聞こえたりしますが、

真夜中に蝉の声がするのは異常です。

 

涼しい夜は鈴虫などの鳴き声がするのが

正常です。

 

田舎では水の流れや音にストレスが解消される

 

都会での水が流れる音といえば、

マンションの近くの歩道を歩いているときに聞こえる

下水管を流れる排水の音です。

 

夜の10時ごろに住民の多くが風呂に入ったり、

食事をしたり、トイレに入ったりして、

 

排水を一斉に流すので、

道路の下にある下水管を勢いよく

排水が流れる音が聞こえます。

 

さぞかし、汚い水が流れているのだろうと想像されるので

水音に癒やされるようなことはありません。

 

その点では、田舎では川の流れが身近にあったりします。

 

水の流れる音にもストレスが解消されるので、

貧乏であることの辛さが緩和します。

 

貧乏な人は都会ぐらしをやめて田舎暮らしをすると健康状態が改善する

 

NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる―最新科学でわかった創造性と幸福感の高め方

という本では、

 

都会で貧乏な暮らしをしている人が

緑豊かな田舎暮らしをすることで、

健康状態が改善する傾向が高いことが

紹介されています。

 

健康状態というのは、脈拍であったり、

血圧であったり、

自律神経の状態の測定によって

数値化されて科学的に示されています。

 

貧乏であることのストレスを軽減するのは

緑が豊かな環境であるというわけです。

 

森の美しさに癒やされ、

鳥や虫の鳴き声に癒やされる環境は

都会ではなく、

田舎にあるというわけです。

 

田舎では仕事探しが心配だという方なら、

リゾートバイトならアルファリゾート!

を活用すれば、

 

全国各地の温泉地などの観光地で仕事をしながら、

住む場所も確保できます。

 

人生を変えたいと思う人は、

住む場所を思い切って変えてみるというところから

スタートしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ