田舎の不動産投資は儲っている口コミを紹介!



不動産投資といえば、都会で賃貸マンションや

賃貸アパートに投資をして

賃料収入を獲得する方法がうかびます。

 

不動産投資は家賃収入を得る側面の他に、

売却して値上がり益を獲得するという

2つの方法があります。

 

値上がり益を採れるのは都会での不動産だけ

かもしれませんけれども、

 

安く物件を仕入れることができれば、

転売した時の売却益は田舎でも得ることはできます。

 

田舎での不動産投資はリスクが高いとか、

儲からないという既成概念があるようですけれども、

 

実は、ひっそりと田舎の不動産で大儲けしている人達が

少数ではありますが存在します。

 

 

埼玉県でも群馬に隣接する田舎、羽生市でも不動産投資で成功

「専業主婦が年収1億のカリスマ大家さんに変わる方法」や

「ボロ物件をお宝に変える不動産投資術 カリスマ大家・鈴木ゆり子が実践する」

 

などの著書でも知られる鈴木ゆり子さんは、

テレビへの出演したこともあるので

知っている方もいるかもしれません。

 

埼玉県でも群馬に隣接する羽生市という

田舎の不動産会社(スズヨシ)を経営しています。

 

埼玉でも群馬よりの田舎にある収益物件を

安く仕入れて高利回りのアパート経営をする

不動産投資をしています。

 

羽生市や行田市などは埼玉県ではあるものの、

全国の地方の市町村とそんなに変わり映えしません。

 

埼玉県で賃貸についてのニーズが強いと言えば、

県庁所在地もあるさいたま市緑区の浦和駅周辺や

 

新幹線の停車駅でもある大宮駅周辺などが

一番に浮かびます。

 

資産価値が高くて好立地な物件は

仕入れをするには競争が激しいので

有利に仕入れをするのが難しいです。

 

その点、羽生あたりで不動産会社も少ないような場所で、

どうしても住みたい場所ではないかもしれませんけれども、

 

確実に地元に住む人達のニーズがある場所では、

競争がない分だけ、仕入れが思い通りに近いレベルで

できたりします。

 

競売になった時のオークション価格も

無理して高値で落札する必要がありません。

 

田舎の不人気地域に、ニーズを見つけることが

田舎で成功する秘訣になるのです。

 

スズヨシは大成功しているとはいいませんけれども、

田舎でひっそりと稼ぐという視点は見習うべきところがあります。

 

駅が近くにない埼玉県の秩父郡の田舎にある一棟物アパートが満室で利回り20%

羽生市は田舎と言っても、JR線は走っていないものの、

羽生駅があって、東武伊勢崎線が走っています。

 

東武伊勢崎線で北千住を経由して

都内にも通勤できなくはない場所と考えると

 

ど田舎とまでは言えないかもしれません。

 

ただ、埼玉でも、秩父郡となるとどうでしょうか?

 

冬は雪も降ったりします。

 

駅もありますけれども、駅を積極的に利用する人は

いない場所です。

 

秩父市はそこそこ町ではあるものの、

秩父市に隣接する

 

秩父郡は

東秩父村、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町

で構成されています。

 

長瀞の川下りは知っているかもしれませんけれども、

一応人も住んでいます!

 

こういった秩父郡でもアパートなどがあったりもします。

 

私の知り合いの不動産屋から、

 

顧客に秩父郡の収益物件を中古で買ってもらい、

満室運営をして、利回り20%を実現している投資家がいることを

教えてもらいました。

 

しかもボロアパートではなく、築15年くらいの状態の良い物件を

取得して利回り20%とは驚きです。

 

駅が近くになくても、秩父郡のように山奥の中にあっても、

住む人がいます。

 

人も多くはありませんし、人口も減っているような地域ではあるものの、

賃貸物件も少ないのが現状です。

 

需要と供給の面では埼玉の激戦区より

ニーズが強いとも言えるかもしれないのです。

 

高利回りで買えるのは、土地の値段が安いことや、

買手が少ないので、

ミスプライスが起きてしまったという側面もあります。

 

埼玉の田舎にある不動産を買取、飲食店で5年で資金回収

不動産投資といえば、居住用の物件だけではありません。

 

飲食店用の店舗物件として運用して、

投資した金額を回収する方法もあります。

 

埼玉県の北部は群馬県の影響が強いので、

食文化が群馬と似ていて、

 

埼玉県民は、うどんをよく食べます。

 

そんなところに着眼をして、田舎のうどん屋さんなどを

経営して生み出した利益で不動産へ投資した資金を回収する

方法を実践する人達もいます。

 

店舗物件として田舎の比較的交通量のある

ロードサイドにある物件を購入して、

 

5年で元金を回収するようなスタイルです。

 

田舎の物件だからこそ少ない投資資金で

広い土地と大きな建物がついている物件を

土地値よりも安く購入できるようなチャンスがあります。

 

埼玉の場合はうどん屋に応用しますけれども、

地域によっては焼きそばでもいいですし、

 

田舎ならではのライフスタイルとニーズに合った

店舗展開で収益が狙えます。

 

参考記事⇒桐生うどんを幅10㎝にした「ひもかわうどん」って?食べ歩き好きの篠原涼子は群馬県民の特徴?

 

そして、これは単なるアイデアではなく、

実際に不動産投資を実践している人の

一例であって、実際の成功例です。

 

参考記事⇒仕事が少ない田舎でスナックや飲食店を利用して金融業ができるほど儲かる不動産投資方法とは?

 

 

長野県で競売物件が利回り30%超!

収益物件を購入する人の中には、競売物件を全国規模で、

手がける個人投資家がいます。

 

アパートなどの手頃な収益物件は簡単に競売になったりしません。

 

数が少ないので、関東だけではなく、甲信越地域にある

長野県でもいい物件があれば、落札していきます。

 

そんな中で、過去に、ハウスメーカー施行の築浅の

賃貸アパートが競売になったことがありました。

 

山奥の物件だったために誰も落札されずに、

特売になりました。

 

特売になった段階で最安値で落札をしたそうです。

 

実際に、山奥の物件とは言いながらも、

ハウスメーカー施行のしっかりした物件で、

家賃を下げて満室にできたそうです。

 

間取りは1Kタイプの単身向けで、

仕入れた価格は、一部屋100万円程度とのことです。

 

つまり、1Kタイプの部屋で家賃を3万円ていどに設定すれば、

年間で、36万円。

 

一部屋あたり100万円で買っているので、

3年で元がとれてしまいます。

 

夢のような仕入れです。

 

もしも、東京や千葉、神奈川、埼玉の大都市圏で購入したいとなれば、

利回りは10%回りません。

 

山奥の田舎には時々、正常な価格から離れすぎた値段で

仕入れられるようなチャンスが眠っていることの証明です。

 

 

カチタスは北海道から沖縄まで、田舎で稼いで東証1部に上場

中古住宅を買取して再販をするビジネスを手がける

カチタスは誰でも知っている企業です。

 

北海道から沖縄まで全都道府県に支店があるので、

田舎での不動産売買を積極的にしている珍しい会社です。

 

というのも、日本を代表する不動産大手である

住友不動産、三菱地所、三井不動産などは

田舎ではビジネスをしていません。

 

大都市圏で儲けるのが不動産会社であることを

地で行く企業です。

 

大手がやらないというだけではなく、

田舎の不動産会社もうれるかわからないような

物件を買取したりしないのが普通です。

 

ただ、言えることは、どんな山奥でも、田んぼの中でも、

激安で買取していけば、

なんとかなってしまうということではないでしょうか?

 

田舎の不動産を買取して、リフォームをしてお化粧をして

転売をするビジネスはカチタスが先駆けではなく、

 

地方にいる競売に参加してきた不動産会社が築いてきた

不動産投資法です。

 

カチタスの場合には、創業者が埼玉県の嵐山町という

田舎にある競売物件を仕入れている

某不動産会社でスキルを身に着けたのがスタートです。

 

競売に参加する業者はへそ曲がりが多いです。

 

よく、あんな田舎にある売れもしない物件を

買取るものだと仲介専門の不動産屋も呆れるほどです。

 

あまりに田舎にある物件を買取するので、

「カチタスは、馬鹿じゃねえの?」

と思われているい程でしょう。

 

馬鹿なことを継続して東証1部に上場するのですから、

田舎での競売物件の買取再販ビジネスは美味しすぎます。

 

北関東で50万円で買取した物件が300万円で売却後、投資家が利回り20%の物件に

さすがのカチタスも買わない物件として、

土地が借地の物件があります。

 

北関東の田舎にある借地の物件(一戸建て)を建物代として、50万円で買取した人が、

ある不動産投資家に300万円で何も手を加えず

転売して儲けたことがあります。

 

あっという間に200万円ほどの利益です。

 

300万円で借地権付きの戸建を買取した不動産投資家は、

200万円程度のリフォームを加えて、

家賃7万円で運営しています。

 

リフォーム代金を含めて、総額500万円かけて取得した

借地の物件は、

表面利回り16.8%となっています。

 

ずーっと持っているそうです。

 

ちなみに、およそ60坪の敷地の地代は、家賃1月分程度ということで、

田舎ならではの激安な地代です。

 

田舎の不動産には投資機会が多い!競売に強くなること!

田舎の不動産投資で成功する秘訣の1つに競売や

任意売却に強くなることがあることに

気がついたでしょうか?

競売はBITから提供される競売の三点セットを

しっかりと読み込んで、

 

物件のリサーチをしっかりとやれば、

誰もがリスクコントロールできる市場です。

 

落札後の明け渡しについても

慣れれば難しいことはありません。

 

競売の場合には強制執行という法的措置によって、

占有者は退去せざるを得ない仕組みも構築されているので

リスクは低いとも言えます。

 

競売物件についての本を読ん後は、

実際に競売に参加してみて実践で

学んでいくのが億万長者への道です。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ