小林麻央 末期乳がんなら治療法は?鳥越俊太郎氏のように漢方や免疫療法で回復を!



最近の医学の進歩は目覚ましく、

抗がん剤治療薬についても

 

がんを攻撃するタイプではなく、

免疫療法による新薬が開発されています。

 

小林麻央さんは末期乳がんではないかという

心配もあるのですが、

 

鳥越俊太郎さんのように末期がんから生還した人もいます。

 

鳥越俊太郎さんの場合は最新の技術で病院で手術をうけながら、

合わせて漢方薬による治療を自らの考えて組み立てていました。

 

末期がんと言われても打つ手はあるはずです。

 

 

小林麻央さんが末期の乳がんではないかと噂されるのはフライデーの記事

麻央さんが末期乳がんではないかと推測されているのは、

フライデーの次のような記事があるからです。

会見の2日ほど前から、市川家と近い関係者の間で、ある情報が流れました。

それは、市川海老蔵さん(38)の妻である小林麻央さん(33)が

乳がんを患っているというもの。

さらに『「夏までもたない」と医者から告げられ、病院から自宅に戻ったようだ』

というショッキングな情報だったため、

それをキャッチした一部の芸能記者がウラ取りに走ったんです」(芸能関係者)

出典:フライデー 小林麻央「海老蔵緊急会見」で伏せられた「本当の病状」

かなりショッキングな記事です。

 

さらには、乳がんが発見されたころの2014年7月に、フライデーの記者が

小林麻央さんが腰の痛みを訴えている状況を目撃しています。

 

乳がんが進行して、転移した可能性を示す 腰の痛みの症状は、

当時から深刻な状況であることも示唆しています。

 

フライデーに記載がある余命宣告を受けたように思われる

記述はただの噂であってほしいです。

 

鳥越俊太郎氏は末期がんを漢方による免疫療法の併用して克服した

 

ただし現代の西洋医学の発想では手術や完治が無理だと思われる病状でも

治療方法を変えることで末期がんから回復してしまう場合があります。

 

鳥越俊太郎さんは虎の門病院で最先端の手術を受けながらも

日比谷の総合病院で漢方療法で免疫力を高める治療方法を

虎の門病院の先生に内緒で行っていました。

 

⇒鳥越俊太郎 がんを克服できた虎の門病院と免疫力アップ法とは?

をご参照ください。

 

「がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと」

の著者ケリー・ターナー氏は、

 

末期がんから奇跡的に生還した人たちの特徴を9つ

挙げているのですが、

 

その1つが、

治療法は自分で決める

というものです。

 

鳥越俊太郎さんもまさに、漢方の先生の言うことだけではなく、

また、虎の門病院の名医のいうことだけではなく、

 

両者のいいところをミックスする形で、

治療方法を自ら決めたといえるのです。

 

参考までに末期がんから生還した人たちに奇跡を起こした

可能性があるケリー・ターナー氏仮説とは、

  1. 抜本的に食事を変える
  2. 治療法は自分で決める
  3. 直感に従う
  4. ハーブとサプリメントの力を借りる
  5. 抑圧された感情を解き放つ
  6. より前向きに生きる
  7. 周囲の人の支えを受け入れる
  8. 自分の魂と深くつながる
  9. 「どうしても生きたい理由」を持つ

というものです。

 

小野薬品の治療薬「オプジーボ」による免疫療法は末期がん患者の生存率を高めている!

これまでの抗がん剤はがん細胞を攻撃して死滅させる

働きの薬でした。

 

小野薬品が開発した新薬「オプジーボ」は免疫の力を使って

がん細胞を死滅させるという点で画期的な薬です。

 

小野薬品の株価は夢の抗がん剤治療薬「オプジーボ」のおかげで

うなぎ上りです。

 

「オプジーボ」は価格面では難点がありますが、末期のステージ4の患者さんの生存率が

これまでの抗がん剤治療薬よりも大幅に上がっています。

 

これからのガンは免疫療法で治療する時代に

なってきたことがわかります。

 

従来の考え方や従来の治療法の範疇ではもしかすると、

小林麻央さんは末期がんで余命宣告を受けるような

 

移行してしまった可能性があるものの、

免疫療法などを代表に末期がんを克服する手段はあり得ます。

 

そしてフライデーの記事を笑い飛ばすような勢いで、

元気になってくれることを祈ります。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析