ケンダタイヤは東京タイヤ流通センター社員も高評価!口コミを紹介



タイヤ交換を激安価格でするためには、

国産の一流メーカーのタイヤを安く販売している店を探すことが

最初に浮かびます。

 

ところが、ブリヂストンやYOKOHAMA、トーヨータイヤなどの

超一流ブランドでタイヤ交換をする場合は、

タイヤの値段がそこそこするので、

 

お店の工賃が安いところで購入しても、

安さには限度があります。

 

一方で、海外メーカーのタイヤについては、

国産メーカーとの比較では

 

乗り心地や音がうるさいといった噂があるものの、

タイヤの値段が激安である点が魅力です。

 

海外メーカーのタイヤの中でも、

アメリカのグッドイヤーであれば

好印象であるのですが、

 

韓国、中国、台湾製のアジアンタイヤについては、

耐久性、雨の日のウエット製なども

命にかかわることなので気になるところです。

 

激安タイヤを探していると東京タイヤ流通センターで取り扱っている

ケンダタイヤが目に付きました。

 

ケンダタイヤは台湾ブランドなのですが、

意外にも、高評価の口コミを確認することができました。

 

 

アジアンタイヤが心配なのは台湾、韓国の実力を理解していないからか?

日本は島国なので、海外の情報について疎くなりがちです。

 

日本は移民を受け入れる体制も今一つで

閉鎖的なところがあるので、

なおさら、台湾、韓国の経済成長につていは

理解が乏しいとも言えます。

 

アジアで最初に先進国入りした日本は製造業が強いので、

日本製の製品を世界へ輸出することで外貨を稼いで

豊かになってきました。

 

そしてこれまでは新興国と言われてきた韓国は、

ほぼ、先進国入りのきっぷを手にしていると言われていますし、

台湾についても経済発展が進んでいるとの評価がされてきています。

 

韓国と台湾が経済発展している理由は製造業が強いことです。

 

つまり、韓国と台湾は、日本と同じ製造業で

技術力を上げて、

工業製品を輸出することで、

経済的に豊かな国になりつつあるということなのです。

 

製造業は先端分野の半導体や家電製品

だけではありません。

 

タイヤの製造についても韓国や台湾には

技術力が高いメーカーが存在しているのです。

 

新興国といっても、アフリカにある南アフリカ共和国や

ナイジェリアもありますし、

南米にはチリやペルーなどもあります。

 

韓国、台湾、あるいは中国製品のタイヤメーカーが

日本に多く流通しているのは、

 

日本の消費者にも受けいられる技術力がある

とも言えそうです。

 

台湾といえば、シャープを傘下に入れた鴻海(ほんはい)は、

台湾が製造業に強いことを象徴している一企業と

いえるのでしょう。

 

台湾のタイヤメーカーでは、ケンダ、ナンカン

といったタイヤブランドは日本にも流通しています。

 

東京タイヤ流通センターでは台湾製ケンダを格安タイヤとして販売

 

激安タイヤを探していると、東京タイヤ流通センターのHPに

だどり付きました。

 

そして、東京タイヤでは、

格安なタイヤ購入プラントして

ケンダ(KENDAを販売しています。

 

 

ケンダ(KENDA)は台湾のタイヤメーカーです。

 

台湾製と聞くと、台湾だと信頼できないと思っている人がまだ多いかもしれませんけれども、

先ほど説明したように

台湾は製造業立国です。

 

ですので、台湾製だからこそ、

技術力が高まっていて、

信頼ができると考えることができるのです。

 

東京タイヤ流通センター ケンダは社員も利用てると評判!口コミを紹介

一般的に海外タイヤについては、

値段が魅力ではあるものの、

 

実際には、タイヤを販売する人たちの意見を聞くと、

  • 乗り心地が悪い
  • 音がうるさい

と言ったネガティブな意見を聞くことがあります。

 

日本製のブリジストンなどのタイヤを販売するためかもしれません。

 

東京タイヤ流通センターのもより店舗へ電話をして、

実際にケンダタイヤはどうなのかを聞いてみました。

 

すると、ケンダタイヤについては、

電話に出た社員さんも実際に利用している

ということです。

 

しかも、ケンダタイヤは耐久性が高くて、

減りが遅いということなのです。

 

気になる乗り心地や静粛性、

雨の日のウエット製

高速道路を走行するときの性能などについて確認すると、

 

いずれも、ほぼ問題がないレベルであることを

利用者の意見として教えてもらえました。

 

日本製のタイヤブランドであるブリジストン、YOKOHAMA、東洋タイヤは

高性能タイヤの頂点にあるハイブランドで、

高い安全性があるだけではなく、

エコタイヤといって燃費性能まで配慮された

高品質タイヤです。

 

もちろん、ケンダタイヤがBSやYOKOHAMAなどとの比較で

品質面で同等だとはいえないのは前提としても、

 

価格を考えると、

コストパフォマンスの点では、

日本製タイヤを上回っているとは言えそうです。

 

東京タイヤ流通センター 最寄りの店舗へ電話し、ケンダタイヤの見積もり!クレジットも利用可

タイヤはコンパクトカーに利用するもので、

165/70R14というサイズのタイヤを4本交換する目的で、

 

東京タイヤ流通センターに加盟する

最寄り店舗へ問い合わせてみました。

 

ゴールドプランのケンダタイヤを選んだ場合では、

タイヤ4本セットは

14990円(税別)で、

工事代金と廃タイヤ代で

6000円(税別)の合計で購入することができてしまいます。

 

 

タイヤの価格や工賃はネットでもわかりますけれども、

アルミも合わせて購入しようとするときには、

 

お店によっては格安な中古アルミホイールの在庫が

ある場合もあります。

 

支払いはクレジットカードも利用ができるということでした。

 

ケンダタイヤ安くない?

アジアンタイヤで激安特価なものを探している人の目線では、

なんだ、ケンダタイヤはそんなに安くないじゃないかと

思うかもしれません。

 

実際に、ブリジストン ネクストリー165/70R14という商品は、タイヤ代金だけなら、

ケンダダイヤより少しだけ高いだけです。

 

やはり、ケンダ(KENDA)は低価格とは言え、

相応の評価が得られているタイヤメーカーであると

言える証拠でもあります。

 

もっと激安タイヤでいいという方なら、

輸入タイヤ直販店 AUTOWAY で、

 

中国、韓国、台湾の激安タイヤを

探してみてはいかがでしょうか?

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ