小林麻央 乳がんステージは深刻か?母親や父が癌家系なら毎年検診で早期発見を!



小林麻央さんの乳がんの病状が大変心配です。

2016/6/9時点では、

かつて出演していた日本テレビ「NEWS ZERO」(月~金、後11・00)に

「私はとっても前向きです」

とコメントもよせてくれました。

 

まだ若くして夫の海老蔵さんはブログでは

命にかかわる

とマスコミに対して、麻央さんへの写真撮影などを自粛するように

お願いをしています。

 

乳がんのステージはかなり深刻な状況と推測されます。

 

麻央さんは若年性の乳がんですので、

乳がんが多い癌家系の遺伝子を持っていたのかもしれません。

 

乳がんになってしまった原因はさておき、

もしも、遺伝性のものであれば

 

あらかじめ定期検査を1年ごとに実施するなどの

対策をとることができます。

 

親方、父親方のいずれかに癌家系である場合は特に

気を付けるべきです。

 

 

小林麻央は二人姉妹で妹!遺伝的には母型に似ている可能性が高い

小林麻央さんは小林麻耶さんを姉にもつフリーアナウンサーとして

知られています。

 

つまり、麻央さんは二人兄弟の妹側にあたります。

 

この場合では

 

小林麻耶さんはお父さんに性格や体質などの遺伝的な要素が

強く出る傾向があります。

 

そして、麻央さんはお母さんに性格や体質が遺伝的に似てくるということが

漢方の世界では経験的に知られています。

 

あなたがもし、小林麻耶・麻央姉妹のように二人姉妹である場合、

  • お姉さんは父親に似ている
  • 妹側は母親に似ている

 

はずです。

 

もしも、反対だという場合には

なくなってしまったご兄弟がいらっしゃる可能性があって

順番が変わっていると推測できます。

 

麻央さんが告白した母が乳がんだった!

私が結婚をした頃に、
母が、乳癌を患っていたため、
治療に関する知識はある程度あった。

出典:告知日

2016/9/20の麻央さんのブログです。

私が以前に漢方の経験から予見した

 

麻央さんは母親似の体質では?という推測は

単なる憶測ではなく、

 

東洋医学的な法則であることが

わかります。

 

とはいっても経験則であって、

理論的な根拠はないのが現状ではあります。

 

小林麻央 早期発見できずステージは進行している!遺伝性のがんを予防するには?

小林麻央さんの病状を聞いた乳腺専門医は

ステージ3と推測する医師もいれば、

ステージ4と推測する医師もいました。

 

乳がんを発見して通常であれば治療方法として

手術をして癌を摘出してから抗がん剤治療に移行するのが

通常であるからです。

 

これまで抗がん剤治療を継続してきてこれから手術をするという段階ですから

ある程度進行してしまったと専門医は推測しているのです。

 

一方で麻央さんはこれから手術を受けるわけですから、

末期のステージ4までは進行していないのでは

あくまでも推測ですが専門医も推測しているわけです。

 

いずれにしても、早期発見できていたら、

もっとよかったのにと残念でなりません。

 

遺伝性だとしたら、初期ステージで早期発見する方法は?

小林麻央さんが遺伝が原因で乳がんを発症したかはわかりませんが、

母親の遺伝的な要素を父親より強く

受け継いでいると推測されることは先ほど説明した通りです。

 

麻央さんの母親の家系が癌家系であるなら、

乳がんに限らないことですが、

 

癌を発症する可能性が高いわけですから、

毎年乳がん検診を受診することで初期ステージで

早期発見が可能になります。

 

初期ステージで発見できなかったために

海老蔵さんが発表しているように

深刻な状況になってしまった点は残念です。

 

⇒小林麻央 乳がんは進行がんで末期ではない!名医がいる病院探しはどうする?

 

癌家系といわれる乳がんを発症しやすい遺伝子とは?

ブレストセンターがある聖路加国際病院の山内英子先生の解説によると、

いわゆる、癌家系といわれる乳がんや卵巣がんになりやすい人たちの

遺伝子には特徴があることがわかっているというのです。

 

遺伝子のBRCA1とBRCA2という遺伝情報に変異があることが

わかっていると説明をしています。

 

 

遺伝子診断は聖路加国際病院などの病院でできるので、

癌家系なのか心配という方は、相談してもよいでしょう。

 

⇒小林麻央 HBOCが原因?若年性乳がん対策は聖路加国際病院で遺伝子検査が可能!

の記事をご参照ください。

 

癌の遺伝性で特に注意するべきは両親のうち母親似か父親似か?

家族が癌の家系である場合には、漠然とがんにならないように

気を付けて検査を受診するかと思います。

 

性格とか体質とか、子供は母親か父親のどちらかに似ているものです。

 

自分自身を振り返ってみて、両親のうち母親に似ているのか、

父親に似ているのか簡単にわかると思います。

 

母親に似ていると思った人は、母親方の身内ががんでなくなった人が

多くないかを確認し見てください。

 

父親に似ていると思う人も同じです。

 

母親に似ているから父親の遺伝子は受け継いでないかといえば

受け継いでいます。

 

母親に似ていて母方はがん家系ではなければ

安心できるというものではありません。

 

あくまでも、癌を早期発見するために

意識を高める意味で、

1つの考え方として参考にしていただければと思います。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析