若年性白内障の原因はコンタクトレンズか?医師は言わない予防法は?



白内障は年を重ねれば、誰でもかかる

目の老化現象です。

 

 

白内障は年配者に多いのですが、

40代でも発症してしまう若年性白内障もあります。

 

若年性白内障の一因にはコンタクトレンズの使用が

影響していることが知人の体験からわかってきました。

 

 

コンタクトレンズを購入後1年で眼科で検査を受診した結果は若年性白内障?

知り合いがコンタクトレンズを購入して1年経過後に、飛蚊症(ひぶんしょう)といって

黒い虫が飛んでいるように見える症状を発症しました。

 

コンタクトレンズや眼鏡の度があっているかも気になったということで、

コンタクトレンズの処方箋を作ってくれた

 

コンタクトレンズ販売店と

提携している眼科を受診しました。

 

飛蚊症の原因が網膜剥離など重篤な症状であると困るので

目の検査を依頼しました。

視力検査 眼科 (1)

視力検査 眼科 (1)

 

結果的には網膜剥離や視神経などは大変綺麗な状況で、

飛蚊症の原因は水晶体の一部が濁っているだけということでした。

 

⇒飛蚊症 眼科で治療法ない、漢方治療についてはこちら!

 

ところが、私の知人はまだ年齢的には40歳くらいであるにも関わらず、

右目だけに白内障が進行していることが発覚しました。

 

原因はいろいろあるのでしょうけれども、

生活習慣やライフスタイルなど医師が知るはずもありません。

 

コンタクトレンズにも傷がついていたわけでもありせんでした。

 

また、コンタクトレンズをしていても問題ないと

眼科医から言われています。

 

コンタクトレンズ販売会社提携眼科 医師は若年性白内障の原因をコンタクトレンズとは言えないか?

コンタクトレンズ販売会社の提携眼科では

通常の瞳の大きさを検査用の薬を付けることによって

 

瞳を通常よりも大きくすることで瞳にある異常を

発見する検査を行ったということです。

 

結果として若年性白内障が進行し始めたことが

わかったのですが、

 

コンタクトレンズを販売するお手伝いをする

眼科はコンタクトレンズが若年性白内障の原因になるとは

言えなかったのではないかと推測します。

 

白内障の原因となったことを感じているのはコンタクトレンズを装着している

本人です。

 

というのも、右目と左目の症状を確認すると

次の様になりました。

 

1 白内障を発症したのは右目だけ。

 

2 左目の方が視力が圧倒的に悪くて

右目の方がまだ視力はいいほう。

 

3 左目だけが時々コンタクトや眼鏡をすると

目の痛みを感じるので調子が悪いのは左目。

 

右目の方はどれだけ長い時間コンタクトをしても

眼鏡をしていても痛みを感じたりしたことはないといいます。

 

では、なぜ右目だけに白内障が進行し始めたのか?

 

知り合いの話を聞くと余計に謎が深まります。

 

左目は目の調子が悪くなったり、痛みを感じたり、

するけれども左目だけコンタクトを外して

 

裸眼にして休養させることが多いということ。

 

逆に、右目だけはコンタクトをして右目だけで

物を見ていることがあるといいます。

 

つまり、右目の方が左目よりも調子がよく、

視力もいいのですがコンタクトレンズを装着している

時間が左目よりも長いということが分かってきました。

 

若年性白内障の原因はコンタクトレンズか?

医師はコンタクトが原因とは言いませんでしたが、

知り合いから聞いた話の内容では

 

本来調子がいいはずの右目だけに若年性白内障を

発症した原因はコンタクトレンズの装用が

 

関連している可能性は高いと推測します。

 

眼科の先生が曰くは、白内障は近眼が強いとなりやすい

傾向があると説明していたそうです。

 

つまり眼科医の常識からすれば近眼が強い左目の方が

右目よりも白内障になりやすいという解釈ができます。

 

実際には白内障が進行し始めたのは

右目でした。

 

視力が影響したのではないとしたら、

コンタクトレンズの装用時間が影響していると

 

推測もできる気がしています。

 

大桃美代子 若年性白内障 コンタクトレンズ使用もあり

大桃美代子さんは若年性白内障と緑内障を発症しています。

⇒大桃美代子は緑内障と白内障の原因はスマホだけではない!予防法は鮭?

 

大桃美代子さんの緑内障と白内障同時発症はストレスも一因ではないかと

思われるのですが、大桃さんはコンタクトレンズも装着します。

 

ですから、コンタクトレンズと白内障との因果関係も

大桃美代子さんにとってもあり得る話です。

 

コンタクトレンズは裸眼で見るような視界の広さを感じられて

眼鏡よりも見え方が自然なので疲れません。

 

一方ではコンタクトレンズは目が空気中の酸素を取り込むのを

妨害してしまいますし、

 

涙の量が十分な人にはあまり苦にならないのですが、

目とコンタクトレンズの間にある涙の量が少ないと

 

目にとってはゴロゴロしたりしてコンタクトレンズは

物理的なストレスにもなりかねません。

 

眼科医もコンタクトレンズを販売する側の人間ですから、

本当のことを言ってくれないというポジションにあります。

 

メニコンのコンタクトレンズを継続的に販売したいとか

月間の販売売り上げをいくらにしたいとかの

欲望があるでしょう。

 

欲望にとらわれずにコンタクトを辞めましょうと言ってくれる

眼科医であればいいのですが。

 

今後はコンタクトレンズのメーカーや

製薬メーカー、眼科医などがコンタクトレンズの装着と

 

若年性白内障の因果関係についても

情報開示してくれることを待ちたいと思います。

 

若年性白内障 予防法のまとめ:コンタクトレンズ関連

  • コンタクトレンズの使用は時々休む
  • コンタクトレンズの使用を中止する
  • コンタクトレンズ販売に積極的な眼科医師のいうことをうのみにしない

 

などが若年性白内障予防についてのコンタクトレンズ関連に

ついてのまとめになります。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析