大腸がんにオプジーボが効いた!NHKスペシャル「精密医療」で放送!



今、新薬の開発が望まれる分野はがん治療薬です。

 

1年間にがんを発症するひとが100万人を超える時代になり、

発がんする可能性が日本国内で欧米並みに高まっているからです。

 

NHKスペシャルでは

「“がん治療革命”が始まった ~プレシジョン・メディシンの衝撃~」

と題して、先端医療開発センターでの

 

プレシジョン・メディシン(=精密医療)の取り組みが

報道されます。

 

具体的には、手術不能の末期的な大腸がん患者に

オプジーボを投与して効いたという

事例が紹介されています。

 

 

「“がん治療革命”が始まった ~プレシジョン・メディシンの衝撃~」NHKスペシャルで

NHKスペシャルではがん細胞の遺伝子解析によって

効果が上がる薬を選択していく手法として、

 

先端医療開発センターで行われている

プレシジョン・メディシンのプロジェクトが紹介されています。

 

先端医療開発センターでは、

「SCRUM-Japan(スクラム・ジャパン)」を結成して、

遺伝子異常にあった薬や診断薬を開発するプロジェクトです。

 

参加している企業は大手製薬会社です。

アステラス製薬株式会社
アストラゼネカ株式会社
Amgen Inc.
エーザイ株式会社
MSD株式会社
小野薬品工業株式会社
協和発酵キリン株式会社
第一三共株式会社
大鵬薬品工業株式会社
武田薬品工業株式会社
中外製薬株式会社
日本イーライリリー株式会社
ノバルティス ファーマ株式会社
ファイザー株式会社
メルクセローノ株式会社

出典:スクラムジャパンについて

 

先端医療開発センター(プレシジョン・メディシンのプロジェクト)問い合わせ先

住所:〒277-8577 千葉県柏市柏の葉6-5-1

電話:04-7133-1111(代表)

URL:http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/access.html

 

大腸がんの腫瘍が縮小!オプジーボが効いた!

NHKスペシャルでは、具体的な事例として、

進行した大腸がんを患う48歳の男性の例を取り上げています。

 

4度もの再発を繰り返して、手術が不能になっていました。

この患者さんに対して、皮膚がんの一種であるメラノーマに

使う抗がん剤を投与したところ、腫瘍が43%も縮小して、

職場復帰をしたという事例です。

 

メラノーマに使う抗がん剤とは小野薬品が開発した、

オプジーボです。

 

つまり、大腸がんの患者さんに対してオプジーボが

効いたという事例なのです。

 

ただし、オプジーボは2016年現在、

大腸がんに対しては

 

保険適用として承認はされていません。

 

医師の判断での自由診療の範囲では

投与されることは可能です。

 

オプジーボについては、

⇒抗がん剤=オプジーボ治療ができる病院は?大橋巨泉 11年闘病生活で夢の新薬を期待!
をご参照ください。

 

オプジーボの大腸がんの臨床試験状況は?

ところで、オプジーボはどんなガンに効果があるのでしょうか?

 

オプジーボの創薬アイディアを持っていた

本庶佑先生はすべてのがんに効くはずである

という考えを持っています。

 

参考記事⇒ノーベル賞候補 本庶佑京大名誉教授はオプジーボ開発で慶応医学賞受賞!

 

オプジーボが国に保険適用として効果のある薬として

承認されているのは、

 

  • 悪性黒色腫
  • 非小細胞肺癌
  • 腎細胞癌

です。

 

つまり、大腸がんを含むその他の

がんについては、まだ効果が認められたわけではなく、

承認を受けていません。

 

しかし、小野薬品は効果が認められる可能性が高いガンから

順番に臨床試験を実施して、

ブリストル・マイヤーズと共同で臨床試験を実施中です。

 

大腸がんについては、まだ、

フェーズⅠ/Ⅱ の段階です。

 

今後には期待ができるかもしれません。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析