「てまひま工房 山専」店主がメープルシロップを採取するイタヤカエデの樹液とは?




新潟県村上市は日本海に面した町で、

鮭がとれることで有名です。

 

村上市でも内陸の山間部で「てまひま工房 山専」では

イタヤカエデの樹液からメープルシロップを製造して

います。

 

雪国の山の恵み「イタヤカエデの樹液」についてみていきます。

 

 

メープルシロップを製造販売する「てまひま工房 山専」は村上市のどこにある?

メープルシロップを製造している「てまひま工房 山専」の住所所在地は

新潟県村上市大毎627

となります。

地図で確認してみましょう。

 グーグルアースで見てわかる通り、大毎という地域だけ

盆地になっていて集落が形成されています。

 

周りは山で囲まれている冬は雪深い地域ですね。

 

東京から関越自動車道を経由して約420kmかかりますが、

時間的には5時間程度でアクセス可能です。

 

「てまひま工房 山専(やません)」の連絡先は

電話:0254-75-2132

です。

 

 

 

「てまひま工房 山専」のメープルシロップは純度100%でイタヤカエデの樹液から採取

「てまひま工房 山専」ではメープルシロップを

イタヤカエデの樹液から採取しています。

 

冬が終わって雪解けの春になる頃にだけ採取が可能な

貴重な樹液です。

 

屋号の由来は樹液の採取とメープルシロップ製造には

てまひまを惜しまないという意味合いが含まれています。

 

販売できるのは通常は3月下旬からで数量が限られているので

買えるかどうかは保証がありません。

 

というのも、村上市の名物ではなく

店主が独自に採取から製造方法を開発しているものだから。

 

どうしても売り切れになった時は

山形県金山町でメープルシロップが特産品です。

 

「てまひま工房 山専」という名の通り、樹液採取には時間がかかる

「てまひま工房 山専」の店主に採取方法や製造方法を教えて

もらうわけにはいきません。

 

参考までに金山町のメープルシロップの採取方法をみてみましょう。

日本でも古くから「楓糖(ふうとう)」と呼ばれ、山の民にひそかに親しまれてきた楓の樹液。

金山町杉沢地区では、雪解け前にイタヤカエデに傷をつけると、

涙のように樹液を垂らすことから「2月泣きイタヤ」の言葉が伝えられています。

樹液の涙はわずか1秒間に1滴。その貴重な原液を約40倍にも煮詰めたのが、

金山産のメープルシロップ「楓の雫」。透き通るような甘さは、カナダ産とは全くの別物。

出典:http://www.town.kaneyama.yamagata.jp/daizukan/

 

 

「てまひま工房 山専」の店主も1秒間に1滴しか流れない樹液を

手間暇かけて採取していることが分かります。

 

山の樹液には農薬などは一切使われない天然成分であることにも、

「てまひま工房 山専」店主のこだわりがあります。

 

「人生の楽園」でご夫婦の生き様が紹介されます。

 

村上市は「イチから住」で尾上寛之が移住生活したことで知られています。

番組では特に鮭のことがPRされていましたが、

 

特産品の鮭だけではなく今までは特産品ではなかった

メープルシロップなどにも

山形県金山町のような取組をした方がいいかもしれません。

 

個人でメープルシロップを採取するには?

「てまひま工房 山専」の店主に倣って、メープルシロップを作るには

まずイタヤカエデの大木を何本か確保することが必要です。

 

イタヤカエデを植えて大きくするには時間がかかりすぎるので、

イタヤカエデが生い茂っている山を買う方法が手っ取り早いです。

 

またはイタヤカエデがある山を保有している人に

許可を得て、樹液を採取させてもらうことですね。

 

イタヤカエデから樹液を採取するには木に穴をあけるのですが、

木の中心部はもはや成長が止まっている心材とよばれます。

 

樹液が採取できるのは心材の周りにある辺材とよばれる

木の外回りからです。

 

ですから穴をあけるのは3センチくらいの深さで十分です。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析