尾上寛之が移住生活をする村上市はお薦めなのか?




「イチから住~前略、移住しました~」では、俳優の尾上寛之さんの、

新潟県村上市移住生活が放送されました。

 

村上市が移住希望者にとって本当にお薦めなのか

みていきます。

 

 

新潟県は移住希望者の人気があるが村上市はどうなのか?

新潟県は移住人気が全国5位ということですが、

東京や埼玉からの移住者は現実に多い県です。

 

上越新幹線がありますし、関越自動車道が走っていますから、

観光地としても土日で言って帰ってこれる場所である点で

馴染みの場所といえるでしょう。

 

ただし、首都圏の人たちから土日のセカンドハウスを所有する場所として

新潟県が人気があるのは、都心からあまり遠くない場所です。

 

例えば、湯沢町、南魚沼市は非常に近い場所です。

 

南魚沼市の先にある十日町市なども

豪雪地帯ではあるものの都心からの時間的なアクセスがいいので、

人気があります。

 

ところが、新潟県でも山形県よりの地域である

新発田市や村上市は週末だけ行く近場という

場所ではないだけに、新潟県の中では

比較的人気がありません。

 

つまり、セカンドハウスとしてのニーズは

殆どない場所といえます。

 

あるとするなら移住することならあるでしょう。

 

村上市の場所を地図で確認しておきましょう。

 

村上市の特徴である山形県と接しているという点で

いわゆる新潟弁ではなく言葉は東北弁です。

 

海に面している日本海側の雪国ですから、

海が好きな人には面白い場所かもしれません。

 

テレビ「イチから住」で尾上寛之が選んだ物件はおひとりさま移住には現実離れしてる!

 

村上市で尾上寛之さんが選んだ物件は築100年以上経過している

一戸建てで家賃7万円。

 

確かに味がある住宅ですが、一人で移住してきて

賃貸する住宅ではないですね。

 

冬場は寒すぎる住宅です。

冬場の村上市は暮らすのも楽ではないので、

確かに、雪や寒さというデメリット以外の楽しみがないと移住する妙味が少ないでしょうね。

 

村上市の仕事でチャンスをつかんだ人とは?

国会議員の黒岩宇洋議員は出身は南魚沼市ですけれども、

奥様が村上市出身であるために、事務所を

新発田市と村上市に設置して活動しています。

 

同じ新潟県でも仕事上、職業上、

強みを発揮できる場所は生まれた場所とは

限らないということですね。

 

新発田市や村上市などの地域が職業によっては

穴場になるというケースです。

 

 

 

その意味では、移住して自分のやりたいことを実現できるのは

村上市である場合も人によってはあり得ます。

 

激戦区で戦うよりもライバルが少ない地域で優位に戦う方が

どんなビジネスでも勝算があるものです。

 

村上市に移住している尾上寛之が選んだ仕事とは?

新潟県村上市に移住している尾上寛之。この日は世話好きで有名なユウコ姉にご近所を案内してもらうことに。

とても安い価格の青果店や150年を超す貴重な家蔵のある酒屋を訪れ、村上市の歴史に触れる。

また、村上ならではの仕事探しに。町屋つくりのお店で仕事内容を見せてもらうと、

鮭が所狭しと並んでいる。郷土料理にもつながるこの仕事をやらせてもらうことに決定!本格的な移住生活が始まる。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/

 

村上市ならではの食文化に関連する仕事を職業にするというのは

いい着眼です。

 

⇒一人暮らしで実家に帰りたい人がUターン移住を実現するには?

 

村上市ではよく知られている鮭や酒などは

県外では知られていませんから

 

ビジネスチャンスが多くある気がします。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析