熊本県山鹿市特産「七夕ふじむらさき山芋」が青空レストランに!直売所で購入可能!



熊本県山鹿市の特産品に紫色をした

七夕ふじむらさき山芋」があります。

 

普通の山芋との違いは、中身が白色ではなく、

皮も中身をきっても、紫色をした山芋です。

 

山芋は漢方生薬にも使われている食材で、

健康にも非常によい食べ物です。

 

日テレ系「青空レストラン」でも紹介されます。

 

熊本県山鹿市特産「七夕ふじむらさき山芋」が青空レストランで紹介!

青空レストランでは、熊本県山鹿市の特産品「七夕ふじむらさき山芋」

が紹介され、

 

眼病予防やメタボ予防にもなる食材として

紹介されます。

 

青空レストランで紹介された場所は?

地図:

山鹿市鹿央町で栽培された

紫色をした山芋が紹介されています。

 

 

むらさき山芋の直売所は?

青空レストランが収録された、場所が、

山鹿市鹿央町ですから、

 

この地域の産地直売所には、

確率高く七夕ふじむらさき山芋が

購入できる可能性がありますね。

 

山鹿市鹿央町の直売所を紹介!むらさき山芋が購入可能か?

JA鹿本ふれあい市

 所在地 : 山鹿市鹿央町持松159-2

電話番号: 0968-36-2294

営業 時間:8時30分~18時(毎日)

定休日 :なし

 交通アクセス : 国道3号線沿い。

 

JA鹿本ふれあい市という直売所は、

地元でとれた野菜の直売所ですから、

むらさき山芋も販売している可能性は

大きいです。

 

熊本県や近県の人は車でアクセスも

できるのではないでしょうか?

 

漢方生薬にもなる山芋はヘルシー食材!

ヤマイモは、漢方では八味地黄丸などの漢方薬の

生薬としても利用されているヘルシー食材です。

 

土の中からとれる植物の根の部分は、

人間の下半身を丈夫にしてくれます。

 

つまり、老化することで下半身が弱くなるのですけれども、

山芋は老化予防になる優れた食材なのです。

 

老化現象の1つに白内障や緑内障がありますけれども、

むらさき山芋が眼病予防にもなるという理由は、

 

優れた栄養成分にあるのです。

 

年配の人に限らず、ヤマイモはどんどん食べて

健康寿命を延ばしていきたいものです。

 

医学博士のイシハラクリニック医院長の著書「病は脚から」

やその他の著書でも、ヤマイモを徹底して強気で

進めています。

 

健康増進のためには石原結實先生の本も

お薦めできます。

 

むらさき山芋は紫色!体を温める食材!

老化からくる体の冷え、老化現象ではなくても、

体が冷える冷え性の人が増えています。

 

黒色、赤色、橙色など、白色ではない食材は、

体を温める傾向があります。

 

山芋は紫色をしていなくても体を温めるものですけれども、

むらさき山芋なら、

色合いからも体を温める食材と言えるでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析