千葉県館山市相浜のウツボは直売所で購入可!青空レストランで通販も!



うつぼ

うつぼ

海のギャングと呼ばれるウツボは太平洋側の漁師町では

田舎料理の食材として食べられているのですが、

 

一般のスーパーで購入はなかなかできないものです。

 

満天☆青空レストラン」では、千葉県館山市相浜にある

漁師町で水揚げされたウツボや「うつぼ料理」が紹介されます。

 

スーパーではあまり販売されることはないですが、

相浜にある直売所がありますので紹介します。

 

 

千葉県館山市産 うつぼ料理が青空レストランで紹介!

 

日テレ系「青空レストラン」では、うつぼ料理が紹介されています。

 

ゲストの生駒里奈さん、小峠英二さんを迎えて、

宮川大輔さんのいつもの「うあ、うまい!」が

炸裂しています。

 

紹介されたうつぼ料理は

うつぼの骨せんべい(骨のある部分を油であげたもの)

うつぼの天ぷら

ウツボ丼

うつぼの一夜干し

などです。

 

ウツボそのものの食材が千葉県館山市相浜付近の漁師町で消費されて

出回っていない!」と漁師が語っています。

 

ましてや、ウツボ丼などなかなか食べられません。

 

生駒里奈さんも「ご飯にあう!うまい!」と

宮川大輔さんのモノマネですが、

本気で絶賛していました。

 

実際にウツボを食べてみたいのですが、

直売所があれば、買いに行けます。

 

館山市相浜の極上食材うつぼが「うまい!」理由は?

 

房総半島付近の海には500種類もの魚類が生息しているといいます。

うつぼは、食物連鎖の頂点にいるので、

 

多くの海洋生物を食べる食欲旺盛で生命力が強い

うなぎの仲間です。

 

そのために、身が引き締まっていて、

コラーゲンが豊富に含まれているために

味が引き立ちます。

 

高知ではうつぼのたたき、

和歌山ではうつぼを照り焼きにして食べる習慣があります。

 

 

ウツボはスーパーでは買えない!館山市相浜では直売所で購入できる!

 

春は房総半島にドライブするには最高のシーズンです。

房総半島に行くついでがあれば、

館山市相浜の漁師町にある直売所で

ウツボを購入する機会に恵まれるかもしれません。

 

地図を確認しましょう。

池袋付近から車でアクセスすると

距離にして119キロメートルもあります。

 

しかし、市内からは料理のプロも海の食材を仕入れに来る

場所でもあります。

 

千葉県館山市直売所は?

 

相浜にある直売所は「館山市相浜漁業協同組合直営 ふれあい相浜

です。

 

住 所 : 館山市船形 297-88(ふれあい市場内)

定 休 日 : 木曜日

営業時 間 : 9:00~17:00

T E L ・ F A X : 0470-27-3546

 

新鮮な海産物を仕入れたりすることができるだけではなく、

食事コーナーもあるので、

 

館山市ならではのグルメが堪能できる場所でもありますね。

 

ちなみに、千葉県館山市では、ウツボのことを

ナマダというふうに言います。

 

地元でも非常に珍しい食材です。

 

うつぼ料理の通販やお取り寄せは?

 

房総半島へ行く機会があれば是非、本場で採れたての

うつぼを直売所で購入したいところですが、

 

青空レストランのお取り寄せコーナーでは

ウツボの一夜干しを取り扱っていますし、

 

アマゾンではウツボのたたきなどが

購入できます。

 

一度、試してみてはいかがでしょうか?

うなぎ同様、うつぼの生命力は栄養も豊富なはずです。

 







関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ