寒がりの原因は筋肉量低下にあった!対策の「インターバル速歩」による運動不足解消と体力向上法とは?



 

毎年11月に入ると寒さが厳しくなって

12月になるとより厳しさが増してきます。

 

江戸時代から11月にはこたつ開きといって

こたつに火を入れる習慣がありました。

 

ところが、同じ時期でも寒いと感じる人と

寒くないと感じる人がいて、

 

寒さについては寒がりな人と

むしろ寒いことには強い暑がりの人がいます。

 

秋から春にかけての極端な寒がりは

冬の季節が辛いですから、

 

少しでも寒がりを改善しできる対策

寒がりの原因になる筋肉量について考えてみます。

 

 

 

寒がりの原因には運動不足による筋肉量減少がある!

 

子供の頃は活発に運動をして、

大人になるまで筋肉が増強されて

 

エネルギーが活発に消費される傾向にあります。

 

子供は風の子というのは、

寒がらない躍動感を示した言葉かもしれません。

 

大人になって成長も止まり、

会社勤めなどが習慣化すると、

 

肉体をつかう労働の仕方をする人以外は

極端な場合は事務職の様に

デスクワークで

 

終日ほぼ体が動かず

運動不足によって筋肉の量が落ちていきます。

 

男性にしても女性にしても、

筋肉量が落ちていくことは

 

代謝が悪くなるので、

エネルギーの消費量が少なって、

太りやすくなるだけではなく、

 

気温が低い季節になると

寒がりになる傾向が強くなります。

 

暖かい室内から外に出て歩くだけでも

筋肉を使ってエネルギーを消費するように

なるので体が温まります。

 

勿論、筋肉だけでなく、血行がよくなるので

血流の循環がよくなることでも

寒さを感じなくなります。

 

人の体が運動をしていなくても

 

極度の寒がりから抜け出すには代謝をよくして、

エネルギーを燃焼しやすい筋肉量を増やすこと

 

がポイントです。

 

室内で筋肉量を増やして寒がりを少しでも改善する対策とは?

 

筋肉量を増やすと言っても、

寒がりの人は運動不足が根底にありますから、

 

体を動かす努力をすることが寒がりを

克服する対策となります。

 

簡単な方法としては、

 

室内にいるときは、掃除や洗濯など

面倒なことを積極的にするようにしましょう。

 

筋肉はストレッチすることで

血流もよくなります。

 

掃除などはあちらこちらに手を伸ばして

ストレッチをする効果も期待できます。

 

また、「片足立ち」も有効です。

 

「片足立ち」とは、

右足だけで1分間立ち続けます。

次に左足だけで1分間立ち続けます。

 

この1セットの片足立ちで

 

10分間の歩行に匹敵するだけの

運動量になると言われています。

 

室内にいるときに歩き回るわけにはいかない時は

有効です。

 

外に出てより筋肉量を積極的に増やすには歩行すること!インターバル速歩が有効!

 

室内だけの運動ではやはり限度がありますから、

日々、散歩をする時間を作りましょう。

 

会社通勤で日々歩いている方は

歩き方を工夫することで

 

筋肉量をアップする方法があります。

 

その方法は

信州大学教授の能勢博さんが提唱する

インターバル速歩」とよばれる

歩き方です。

 

インターバル速歩とは、

 

速歩きで3分間歩き

3分間ゆっくり歩く、

 

このセット5回(30分)以上繰り返す運動法です。

 

時間的にも30分で完結するやり方なので、

週に4日以上が目標とされていますから

 

高いハードルではありません。

 

筋肉もついて、寒さにも体が強くなります。

 

暖房なしで寒い冬を過ごす方についてはこちら!

 

健康維持にもいい方法ですし、

体力が10歳分ほど若返ることが

 

科学的に証明されていますので、

やりがいもあります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析